赤いピーマンは食べれる!変色原因とビタミンたっぷりレシピを3つ紹介

食品

いつもの緑のピーマンを保存していたら赤いピーマンに変色してしまったのだけど、これって食べれるの?

変色の途中で鮮やかな赤いピーマンではない場合は、食べれるのか余計に不安になりますよね。

でも、赤いピーマンは緑のピーマンが熟してきているだけですので食べれるんです。

ただ、保存中に変色した場合は腐っていることも考えられますので注意してくださいね。

この記事では、緑のピーマンが赤いピーマンに変色する原因や腐敗しているのかを見分けるポイントなども説明します。

うれしいことに、赤いピーマンは緑のピーマンよりもビタミンが増加しているんですよ。

簡単で赤いピーマンのビタミンたっぷりレシピも3つご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

¥990 (2022/11/13 16:03時点 | Amazon調べ)

赤いピーマンは食べれる!追熟か腐敗か確認をしよう

腐っていないか注意する必要はありますが、緑から変色した赤いピーマンは食べれるんですよ。

保存していた緑のピーマンが赤いピーマンになっていたら、びっくりしますね。

また家庭菜園で、収穫を忘れたために緑のピーマンが赤いピーマンに変化していておどろいた場合もあるかもしれませんね。

ここでは、緑のピーマンが赤いピーマンに変色する原因やピーマンが腐っていないかの見分け方を説明します。

赤いピーマンが食べれるのは変色の原因が追熟だから

緑のピーマンが赤いピーマンになるのは熟してきているからなので、赤いピーマンは食べれるんです。

日頃食べている緑のピーマンは、未熟な状態のうちに収穫したものなんです。

赤いピーマンの存在を知らないと、これって食べれるのかなと不安になりますよね。

変色したことにおどろき、腐ったと勘違いして赤いピーマンを捨てるのはもったいないですよ。

緑から赤いピーマンになるには2パターンある

緑のピーマンは完熟すると赤いピーマンになります。

赤いピーマンには、完熟してから収穫するパターンと未熟のまま収穫しその後熟していくパターン(追熟)の2通りがあります。

「完熟」とは食べごろになるまで熟すこと
「追熟」とは収穫後におこる成熟現象

日頃ピーマンは完熟していない状態で食べていますが、緑のピーマンを収穫しないでそのままにしていると、成熟(完熟)して赤いピーマンになります。

また、冷蔵庫などで保存している間に赤いピーマンになっていた場合は、追熟という現象がおきているからなんです。

ピーマンは収穫後に追熟する野菜なので、緑のピーマンが赤いピーマンになっても食べれるんです。

腐って赤いピーマンになるわけではないことがわかると、安心しますね。

他に追熟する主な野菜の例をあげます。

追熟する野菜
  • サツマイモ
  • カボチャ
  • トマト

今スーパーで売られているトマトはすでに赤いので、なかなか追熟を実感できないかもしれません。

私が小さい頃の記憶では、緑色のトマトが売られていて赤色に変化したような気がします。

野菜も収穫後に熟していくものがあるのですね。

追熟といえば果物のバナナが有名なのではないでしょうか。

バナナの場合は緑色の状態で収穫され、店頭に並ぶ前に追熟させるので黄色い状態で売られています。

そして、バナナは家庭で保存している間にも徐々に追熟がすすみ、黒くなる直前のバナナはより一層甘くなりますね。

ピーマンは、追熟がすすむと緑色から赤色に変化します。

それは、緑色の色素であるクロロフィルが減り、赤色の色素であるカロテノイド(カプサンチン)が増えたことで変色するんです。

ピーマンは緑色の状態で収穫され緑色の状態で食べることが多いので、変化を感じにくいですが追熟しているんですね。

ピーマンがバナナのように追熟していたとはびっくりしました。

皮が茶色でワタや種が黒くなったら腐敗の可能性あり

ハリやツヤのある赤いピーマンであれば安心して食べれますが、場合によっては腐っていることもありますので注意してください。

緑のピーマンから赤くならずに茶色に変色して腐敗することもあります。

腐敗が始まっているピーマンは、以下のような状態に変化していきます。

  • 皮がしわしわ
  • 皮やヘタが茶色に変色
  • ワタや種が黒く変色
  • 汁がでる
  • カビがはえる
  • 腐敗臭がする

皮がしわしわしたら腐敗の始まりですが、まだ食べれることも多いです。

しかし、皮が茶色でワタや種が黒く変色し始めたらもう食べるのをおすすめしません。

汁がでていたり、カビがはえたり、腐敗臭がしたりする場合は食べるのはやめましょう。

腐敗の兆候がみられなければ追熟で赤いピーマンに変化しただけですので、おいしく食べましょう。

家庭菜園で収穫したピーマンが使いきれずに余っている、という場合には冷凍保存もできますよ!

ピーマンの冷凍がまずいのはなぜ?おいしく食べられるレシピを紹介!

赤いピーマンの成分はビタミンが豊富!レシピも紹介

緑のピーマンは追熟により赤い色に変化するのなら、栄養成分も変化があるのでしょうか?

なんと赤いピーマンは、緑のピーマンよりも2.2倍~5.4倍になるビタミンがあります。

ここでは、赤いピーマンは緑のピーマンと比較して栄養成分にどのくらい変化があるのか、また簡単にできる赤いピーマンレシピも3つご紹介します。

赤いピーマンになるとビタミンEは緑の5.4倍に

赤いピーマンは緑のピーマンよりもいくつかのビタミン類は多くなり、ビタミンEに関しては5.4倍になります。

赤いピーマンと緑のピーマンの主なビタミン含有量の違いは以下のとおりです。

赤いピーマンになると増える栄養素
  • ビタミンAは2.4倍
  • ビタミンCは2.2倍
  • ビタミンEは5.4倍

ビタミンA・C・Eはビタミンエースともいわれ免疫力を高める栄養成分であり、それぞれの働きは以下のとおりです。

ビタミンA:目や皮膚の粘膜を健康に保つ、抵抗力を強める
ビタミンC:抗酸化作用がある、コラーゲンの生成に必須
ビタミンE:抗酸化作用が非常に強い

赤いピーマンは、緑のピーマンよりビタミンA・C・Eすべてが増えているなんてうれしいですね。

ピーマン1個にはビタミンはどのくらい含まれているのでしょうか?

「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」のデータを参考に、ピーマン1個(およそ35g)に含まれているビタミンA・C・Eの量を表にまとめました。

ビタミンA(β-カロチン)ビタミンCビタミンE(α-トコフェロール)
緑のピーマン140μg26.6mg0.28mg
赤いピーマン329μg59.5mg1.51mg
1日の摂取量700~900μg100mg6~7mg

赤いピーマンを1個食べると、ビタミンCに関しては1日の摂取量の半分以上をとれるとはすごいことですね。

栄養成分がここまで違うとは知らなかったので、今後赤いピーマンを見かけたら積極的に購入しようと思いました。

加熱に弱いビタミンCですが、ピーマンに含まれているビタミンCは熱にも強いんですよ。

なぜなら、ピーマンにはビタミンPが一緒に含まれているため、ビタミンCを熱から守ってくれるのです。

また、赤いピーマンにも多く含まれているビタミンAは油と摂取すると吸収がよくなります。

ですので、オリーブオイルやごま油を使った料理もご紹介しますね。

ビタミンがたっぷりとれる赤いピーマンのレシピ3選

赤いピーマンは緑のピーマンよりビタミンA・C・Eが豊富に含まれています。

そしてピーマンのビタミンCは熱に強く、また一般的にビタミンAは油と摂取すると吸収がよくなるのでしたね。

そんな赤いピーマンのビタミンがたっぷりとれるおすすめのレシピを3つご紹介します。

どれも簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

  • 赤ピーマンのグリル
  • 赤ピーマンのマリネ
  • サケと赤ピーマンの香味蒸し

赤くなったピーマンは緑のピーマンと違って苦みが少なく、甘みがあるのが特徴です。

バナナが追熟で甘くなるのと同じですね。

ピーマンの苦みが好きではないあなたには、甘みのある赤いピーマンはうれしいですね。

赤ピーマンのグリル

まず1つ目は、やはり日本人だから味付けはしょうゆベースでしょというあなたにおすすめ。

我が家のガスコンロのグリルでは、6~7分程度で焼あがりました。

材料(2人分)

  • 赤いピーマン 2個
  • オイル(ピーマンに塗る) 適量
  • しょうゆ 好みの量
  • かつおぶし 好みの量
  1. ピーマンをタテに半分に切る(ワタや種は取らなくてもOK)
  2. ピーマンはガスコンロのグリルにつかないようにオイルを塗る
  3. 半分に切ったピーマンは、外側を上に向けてガスコンロのグリルに並べる
  4. ピーマンは焼目がつくまで強火でしっかり焼く(6~7分程度)
  5. 焼いたピーマンを皿に盛ってしょうゆとかつおぶしをかける

ほぼ焼くだけの超シンプル料理ですので、忙しいときの1品としても重宝します。

ピーマンのワタや種はあってもおいしいですよ。

赤ピーマンのマリネ

次は、オリーブオイルが大好きなあなたにはこれがおすすめ。

ピーマンを焼いている間(6~7分程度)にマリネ液をつくると時短に。

材料(2人分)

  • 赤いピーマン 2個
  • オイル(ピーマンに塗る) 適量
  • オリーブオイル 大さじ2~3
  • にんにく 1かけをつぶす
  • しお 少々
  • こしょう 少々
  1. ピーマンをタテに4等分に切る(バラバラになるので種は取る)
  2. ピーマンはガスコンロのグリルにつかないようにオイルを塗る
  3. 切ったピーマンは、外側を上に向けてガスコンロのグリルに並べる
  4. ピーマンは焼目がつくまで強火でしっかり焼く(6~7分程度)
  5. ピーマンを焼いている間に、オリーブオイル・にんにく・しお・こしょうを混ぜてマリネ液をつくる
  6. 焼いたピーマンをマリネ液に入れて漬ける

マリネ液に焼いたピーマンを漬けてすぐ食べても充分おいしいですが、時間があれば30分漬けましょう。

こちらも簡単で、オリーブオイルとにんにく好きにはクセになるおいしさです。

サケと赤ピーマンの香味蒸し

最後は、赤いピーマンの甘さとごま油がとてもマッチする料理です。

材料(2人分)

  • 生サケ 2切れ
  • しお 少々
  • こしょう 少々
  • えのきたけ 60g
  • 赤いピーマン 2個
  • 酒 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  1. サケの両面にしおとこしょうをふる
  2. えのきたけは根元をのぞき細かくほぐす
  3. 赤いピーマンはヘタや種をのぞき、タテにせん切りにする
  4. 酒、しょうゆ、ごま油を混ぜ合わせる
  5. 耐熱容器に1切れずつサケを盛り、えのきたけと赤いピーマンを等分にのせる
  6. 合わせた調味料(4)をそれぞれ等分にかけ、ラップし電子レンジ(500W)で5~6分ずつ加熱する

赤いピーマンはごま油とも相性がよく食がすすみます。

いつものサケ料理に飽きているのなら、気分転換にもぜひ試してみてください。

この3つの赤いピーマンレシピで、おいしくてビタミンもたっぷりとれるなんてうれしいですね。

¥990 (2022/11/13 16:03時点 | Amazon調べ)

ピーマンの赤と緑は同品種!パプリカとの違いは?

赤いピーマンと聞くとついパプリカを連想するかもしれません。

ですが、赤いピーマンと緑のピーマンは同品種でもパプリカとは品種が違うんです。

ここでは、同品種である緑と赤いピーマンの違いやパプリカとピーマンの違いを説明します。

緑と赤のピーマンで具体的な違いは5つ

緑のピーマンと赤いピーマンは同品種ですが、追熟による変化で違いがあります。

赤いピーマンは緑のピーマンとどのように違うのかは以下のとおりです。

赤いピーマンの特徴
  • 青くささが減る
  • 苦みが減り、甘みがでる
  • ビタミンA・C・Eの含有量が増える
  • 保存性が低くなる
  • シャキシャキ感がなくなる

赤いピーマンは完熟しているため、緑から赤への変色にともない青くささが減り甘さが増すわけですね。

そして、熟れているので腐りやすくなり(保存性の低下)シャキシャキ感がなくなってくるのです。

パプリカとピーマンは品種が違う

パプリカはピーマンと同じナス科トウガラシ属の植物ですが、品種が違います。

品種が異なるので、緑のピーマンが熟して赤くなってもパプリカにはなりません。

緑のピーマンと赤いピーマン、パプリカの特徴をそれぞれあげました。

  • 緑のピーマン:中型種。果肉が薄い。苦みがある。シャキシャキした歯応え。
  • 赤いピーマン:中型種。果肉が薄い。緑ピーマンより糖度が高い。シャキシャキ感はない。
  • パプリカ:大型種。果肉が厚い。苦みはない。糖度が高い。やわらかくてジューシー。

パプリカとピーマンは形こそ似ていますが味と食感が異なるため、私は全く違うものだと思っていました。

しかし、パプリカとピーマンはトウガラシ属までは同じなんですね。

カラーピーマン

カラーピーマンとして赤いピーマンを店頭で見かけますね。

私の家の近所で売られているカラーピーマンは、見た目や食感や味もパプリカに近いです。

我が家の近くのスーパーでは、カラーピーマンは1個168円(税抜き)、通常の緑のピーマンは5個入で128円(税抜き)くらいで販売されています。

カラーピーマンとして売られている赤いピーマンは、かなりパプリカに近く肉厚で甘くてジューシーです。

また、カラーピーマンは大きさも通常の緑のピーマンより大きくパプリカより少し小ぶりのものが多いです。

緑のピーマンの袋に一緒にひっそりと混入している赤いピーマンは、カラーピーマンのように肉厚でもジューシーでもありません。

ピーマンにジューシーさを求めない場合は、通常の緑のピーマンが赤くなったピーマンを買いましょう。

スーパーなどで地元の野菜が売られているコーナーに、通常の緑のピーマンから赤くなったピーマンが売られている場合がありますよ。

まとめ

  • 赤いピーマンは緑のピーマンが熟してきているだけなので食べれる
  • 赤いピーマンには、完熟してから収穫するパターンと未熟のまま収穫しその後熟していくパターン(追熟)の2通りある
  • 腐敗しているピーマンの特徴は、皮やヘタが茶色に・ワタや種が黒く変色する、汁がでる、カビがはえる、腐敗臭がするなどがある
  • 赤いピーマンは緑のピーマンより、ビタミンCは2.2倍、ビタミンAは2.4倍、ビタミンEは5.4倍になる
  • 赤いピーマン1個で、ビタミンCは1日の摂取量の半分以上がとれる
  • 赤いピーマンと緑のピーマンは同品種だが、パプリカとは品種が違う
  • 赤いピーマンは緑のピーマンより、青くささが減る、苦みが減り甘みがでる、ビタミン含有量が増える、保存性は低下する

保存中に赤くなったピーマンは食べれるので、腐っていると勘違いして捨てないでくださいね。

スーパーなどで地元の野菜が売られているコーナーには、緑のピーマンの袋に赤いピーマンが入っているときがありますね。

そういうときは、いつもの緑のピーマンから赤くなったピーマンが食べれるチャンスですのでレシピを試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました