ベビーカーはレンタルが安い!おすすめショップや選び方のコツも紹介

子育て

ここ近年ベビーカーのレンタルの需要が増えてきています。利用例としては、購入前のお試しや旅行中や帰省中だけの利用などに便利です。

ベビーカーのレンタルを上手く活用すると、購入するより安いのです。

ベビーカーを使用する期間や日数を選べて数日の短期利用から数ヶ月の長期利用も対応しています。

後に購入を考えている場合、お子さんが乗るのを嫌がったり使用感が合わなかったりする可能性もあります。高い買い物なので一度試したいですよね。

乗せてみないとわからないのよね

もし『不要だった』となっても返却すれば良いので、レンタルの方が安い買い物になります。

この記事ではベビーカーのレンタルをお得に利用する方法や、レンタル料が安いおすすめのレンタルショップをご紹介します!

ベビーカーレンタルは何故安い!?重要な4つのポイント

ベビーカーレンタルはなぜ経済的なのでしょう?

レンタル料金は以下の4つの料金をうまくチョイスする事で安く使用する事ができるのです。

基本料金+利用日数+配送料+割引

あなたの使いたいシーンや予算に合わせてこの4つのポイントを確認しレンタルショップを選ぶと良いでしょう!

基本料金レンタルショップのHPには○○円〜と一番安い設定になっていて、どのメーカーのどの商品を選ぶかによって値段が変わる
利用日数レンタルショップによって借りられる最低日数が異なり、使用する期間や日数が選べる。レンタル契約後の延長も可能
配送料地域や商品サイズによって異なる。全国各地に店舗がある場合は直接店舗に行く事で無料になる場合もあり
割引レンタルショップによって様々な割引あり。長期割引サービスは長く借りるほど安い

配送料を抑える為のコツとは?

先程も軽く触れましたが、『基本料金』とは別に『往復の送料』が必要になってきます。

基本料金が安いからといって判断してしまうと大変です

お住まいの地域によっては送料が高くつくことも。

送料を抑えるコツとしては、最寄りのレンタルショップに直接受け取りにいく方法です。

自社配送サービスといって送料が無料になるレンタルショップがあり、直接店舗で受け取り&返却ができるシステムです。

『受け取りは来店し、返却は宅配』など都合に合わせて利用する事も可能です。

注意点:レンタルショプによっては送料の設定や配送サービスを利用できる地域が限られていたりするので、ご利用前にホームページを必ずチェックしましょう!

保証サービスの充実も安く使うポイント

赤ちゃんにとってミルクや離乳食をこぼしたりは日常茶飯事の事ですよね。なのでベビーカーの破損や汚損は予測ができません。

実はレンタルショップによっては修理費として実費負担が発生する事があります。

急なハプニングは高額な弁償代を払うのではないか?と心配だわ

そんな時は安心保証のサービスが無料でつくショップを選べば、『ミルクを吐き戻して汚れた』や『泥がついてしまった』という場合でもそのまま返却しても大丈夫なんです。

弁償代を払う事になったら元も子もないですもんね。保証サービスの有無は必ず確認しましょう!

注意:自然にできた常識の範囲内の汚れや傷の場合に限ります。

マジックで落書きしたり部品が紛失してしまった場合などは対象にならないので利用規約を確認しましょう。

レンタルを使ってみた先輩ママの体験談

『安く便利に利用したい』というママさん達の体験談をまとめてみました。

良かった点
  • チャイルドシートやベットなどベビー用品を全て購入しているとすごい高額になるので、ベビーカーをレンタル利用して経済的負担が軽減されてよかった
  • ショップを選ぶ際、送料をかけたくなかったので実店舗が近くにあるという事を優先して決めた。安く済ませる事ができてよかった
  • 出産後すぐはあまり外出できないのでスマホで手軽に借りれてよかった

私が出産した当時は赤ちゃん用品のレンタルやサブスクが注目されてなかったので全て購入していました。

今だったら購入前のお試しだったり、旅行中だけレンタルするなど上手く活用してみたかったなと思います。

残念な点
  • 一度レンタルしたら途中で必要なくなっても解約できず契約した日数分お金を位払わなければいけなかった
  • 欲しい商品がレンタルできるかどうかは空き状況次第なので、必ずしも希望の商品が借りれるわけではなく残念だった

青枠の失敗談の口コミを見ると、利用規約をよく読む事の大切さがわかりますね。

その特定の商品をどうしても使用したい場合余裕を持って少し前から予約しておくか、その商品の空き状況を優先して選べば回避できるのではないでしょうか。

レンタルショップの公式ページにそれぞれお客様からのよせられた口コミ欄があるので、そこでメリットデメリットを確認してから利用しましょう。

ベビーカーレンタルのおすすめ3社!各社の特徴を紹介

おすすめしたいのは『ナイスベビー』『ベビレンタ』『かしてネッと』の3社です。利用規約に違いはありますが出かけた先で便利でお得に利用できるという特徴が共通しています。

それでは詳しく見ていきましょう!

1.ナイスベビー

レンタル最低日数2週間〜(6ヶ月前から予約可能)
送料ナイスベビー便(東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城の一部地域のみ)…8801円以上なら送料無料、8800円以下は送料700円
ナイスベビー便の対象エリア以外にお住まいの場合…サイズと地域によって往復送料が異なる
保証・サービス安心サポートあり…レンタル期間中の破損や汚損は弁償代を請求しない
無料の相談サービス
商品発送後の交換は1100円で対応
支払いクレジット、代金引換、銀行振込(先払い)、電子マネーはNG

関東地域にお住まいだと送料がお得なようですね!

サービスの特徴とおすすめポイント

  • 『借りて+買って』プラン(レンタルと購入のセット)例えば短い期間しか使わないA型ベビーカーを借りて、長く使うB型ベビーカーをお得な価格で購入できる
  • 『空港ベビーカーレンタルサービス』(インターネットで事前予約必要)成田空港と羽田空港のJAL、ABCカウンターにてベビーカーの受け取り&返却ができる旅行者に便利なサービス
  • 無料カタログを取り寄せると5%offのクーポンがついてくる

使ったものを買い取るプランではなく購入するものは購入対象の中から選ぶので、2種類のベビーカーを使えてお得ですよね!

ナイスベビーさんが行っている空港でのサービスはインターネットで事前予約必要で、ここでは1日〜レンタルが可能です。

飛行機での旅行はベビーカーを機内に持ち込めません。

荷物をできるだけ最小限にしたいので、着いたら借りて帰る時返してができるなんて子連れの旅行にはとてもおすすめです♪

2.ベビレンタ

レンタル最低日数 1週間〜(予約はできないが発送希望日を20日先まで指定可能)
送料サイズと地域によって往復送料がかかる(HPで地域別料金表掲載)1500円〜4200円
保証・サービス安心保証オプションあり(有料)…1週間680円〜6ヶ月3480円までありオプションを購入することで万が一の事故や故障により使えなくなっても負担金額は5000円のみになる
3日間全額返金保証…商品が届いてから3日以内に返品申出をするとレンタル代金返金(返金条件あり)
支払いクレジット、代金引換、銀行振込、スコア後払い、AmazonPAY

1週間からレンタル可能なので短期利用にいいですね!

サービスの特徴とおすすめポイント

  • レンタル業界最安値を掲げている
  • 商品数が多く在庫状況がすぐ反映されるので確認しやすい
  • 注文確定メールが送られる前ならキャンセル料無料(注文後2営業日以内に確認メールが届く)
  • 割引クーポンあり(10,000円以上の商品をレンタルされた方)購入金額から15%割引

安値を保証しているので、長期間のレンタルを検討している場合使いやすいショップですね。

有名ブランドのラインナップが豊富で色違いも取り揃えているので、おしゃれママさんやこだわりママさんにおすすめです♪

3.かしてネッと(ダスキンレントオール)

レンタル最低日数9泊10日までの短期レンタル、それ以上は1ヶ月〜(1年前から予約可能)
送料宅配の場合…サイズと地域によって往復送料がかかる
直接店舗で受け取り&返却の場合…無料
保証・サービス安心サービスは無し…通常の使用においての破損や汚損は弁償代を請求しない
支払い来店にて決済…現金またはクレジット
代金引換、銀行振込、Webクレジット決済

全国に57店舗もあるので利用しやすそうですね!

サービスの特徴とおすすめポイント

  • 『ベビー用品割引制度』長く使えば使うほど基本料金が割引され9泊10日までなら10%off、6ヶ月で最大40%offになる(延長契約を合算した場合は適用されず)
  • 『来店か宅配が選べる』全国各地に店舗があるので最寄りの店舗に足を運べばお得にレンタルする事ができる
  • 発送前であればキャンセル無料
  • JAF会員様特典で15%off (対象内容を確認)

帰省や旅行の時やちょっと試してみたい方でも割引されるので、短期でも長期でも両方お得なのが嬉しいですね。

他のショップと比べてブランドメーカーの取り扱いが少ないですが、ほとんどが国内製造の商品なので安心して利用できます。

お住まいの地域に店舗がある場合は、レンタルショップ選びの際はかしてネッとを有力候補に入れるといいと思います♪

レンタルショップを利用しなくても貸してくれる所

先ほど旅行や観光での使用に触れましたが、東京やディズニーリゾートに行く際に便利なレンタルサービスはないか?という疑問に一部のサービスをご紹介します!

ディズニーリゾート

料金1000円(1日)
対象生後7ヶ月以上、身長100 cm以下、体重15kg以下、1人座りが出来るお子様

フード付きB型タイプベビーカーをパーク内に限りレンタルする事が出来ます。

レンタルできる場所は『ディズニーランド/ワールドバザール』『ディズニーシー/メディテレー二アンハーバー』

入口付近にあるので簡単に受け取りと返却ができて便利ですね!

ベビカル

JRが令和3年4月から始めたサービス!駅や駅周辺でベビーカーがレンタルできる登録制のサービスです。

料金最初の1時間250円、以降30分ごと100円、12時間最大料金1500円
対象生後1ヶ月〜4歳まで(combi施設用ベビーカーSC51)
  1. 公園やショッピング持ち出し場所に制限がない
  2. 会員登録後WEBサイトから予約できる
  3. 駅構内に貸し出し場所がありベビカル対象駅なら駅を移動して返却してもOK

係員の方が定期的に清掃、点検されているようで安心して利用できます。

会員登録時に『最初の1時間250円off』のクーポンが貰えるので東京観光の時など試してみたくなりますね。

ベビーカーとレンタルショップの選び方のコツとは?

ベビーカーのレンタルショップは沢山ありすぎて選べません。

安くベビーカーを利用したいという目的の他に選び方のポイントとしては『送料、保証、品質』です。

あなたはどこを重視しますか?送料や保証については触れてきましが、品質も重要ですよね。

商品の使用後のメンテナンスをしっかりしているかや、中古が苦手な方は新品商品を対応しているかなどを見て検討してみると良いです。

短期利用なのか長期利用なのかでショップを選ぶ

レンタルショップの選び方がわからない場合は、まず短期利用なのか長期利用なのかの基準で考えてみましょう。

1ヶ月以内の利用であれば短期利用と言えます。レンタルできる最低日数が様々なので、そこを基準に選ぶと絞りやすいです。

長期利用むけの割引サービスをしている所もあります!

しかし長期利用の割引サービスを打ち出してる所が少ないので、レンタルショップによっては長く使うと高くついてしまう可能性もあります。

購入した場合とレンタルの場合の料金を見比べてみて判断するといいですね!

短期利用の例で旅行時のみ使用したい場合、ショップによっては現地のホテルで受け取りと返却が可能なサービスもあります。

『移動は抱っこ紐がいいけど、観光はベビーカーがいい』なんていう時便利ですよね!

短期利用の方が旅行や帰省などレンタルを上手く活用できるシーンが多そうですね!

ベビーカーのタイプの選び方

お子さんの月齢や身体の成長具合によって大きく3種類のタイプに分かれています。間違った選び方をしないようにそれぞれの特徴を確認しましょう。

A型ベビーカー 生後1ヶ月から利用可能で寝かせた状態でも使える。しっかりと安定しているが重量感がある
B型ベビーカー腰が座った時期(7ヶ月頃)から利用可能。コンパクトで軽量なので持ち運び安い
バギーAB兼用ベビーカーで簡易タイプでスタイリッシュ。セカンドベビーカーにおすすめ

A型とB型の最も大きな違いはリクライニングの違いです。A型はリクライニング150°以上、B型が必須ではなく倒さず使用。よって使い始める月齢が違います。

私はA型のバギーを使用してました。たまたま子供2人共ベビーカー好きだったので、それぞれが3歳になるまで合計6年使用しラッキーなケースでした。

しかしそんなケースはあまりないようで『乗ってくれた時期が短かった』『買うタイプを間違えた』とママ友から失敗談を聞きます。

レンタルなら子供に合わなかった場合交換も返品もできていいわね!

ナイスベビーさんの調査で『A型とB型どちらのベビーカーを使った?』というアンケートで、実に7割以上が『両方使った』という結果になりました。

ベビーカータイプの選び方と、レンタルか購入の見極めも大事ですね。

メーカーにもよりますがA型はしっかりした作りな分、価格が高めな商品が多いです。

B型のベビーカーの方が価格が安いという事もあり、首が座らない最初はA型をレンタルして、後にB型を購入する。という使い方も賢いですよね。

まとめ

  • ベビーカーのレンタルは上手く活用すれば購入するより安い
  • お得に利用したい場合は配送料と配送サービスをチェックする
  • 保証や安心サービスはもしもの時の為にチェックする
  • レンタルショップによって借りられる最低日数が違うので短期利用か長期利用かで選ぶ
  • ベビーカーにはA型、B型、バギーの3種類がありお子さんに合った商品を選ぶ

レンタルは本当に安いのかという疑問は解決できましたね。基本料が安いからといって即決せず、そのほかにかかる費用やサービスも必ずチェックしましょう!

ベビーカーのレンタルというシステムは上手く活用すれば費用が節約できますし、サステナブルですよね!もっとレンタルサービスが浸透して選択肢が増えるといいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました