抱っこ紐ケープの付け方は簡単!?ユニクロのおすすめ商品を紹介!

子育て

赤ちゃんとのお出かけの際には温度調整が気になるポイントですよね。

厚着させたら室内で脱がすのが大変。でもブランケットなどを付けたらいつの間にか落としたり、引きずったりでドロドロ。

そんな経験ありませんか?そんな時に役立つのが抱っこ紐ケープです。

「抱っこ紐ケープの付け方がわからない」、「抱っこ紐にしか付けられないの?」といった疑問をお持ちのあなた!

抱っこ紐専用に作られているケープは、クリップやスナップボタンで留めるだけと付け方は簡単。また、抱っこ紐に付ける以外の使い方もありますよ。

抱っこ紐ケープは季節を問わず、赤ちゃんとのお出かけの際には使うのがおすすめです♪

ここでは抱っこ紐ケープの付け方やユニクロのおすすめ商品、様々な使い方をご紹介します。

抱っこ紐ケープの付け方はたったの2ステップ!

寒い時期、赤ちゃんに厚着させて出かけても室内は暖房が効いていてとても暑いことはありませんか?

そういうときは温度調整のために一度抱っこ紐から赤ちゃんを出す必要がありますよね。

でも、スペースがなかったり、寝ている赤ちゃんを起こしてしまったりする可能性もあります。

そういう時に便利なのが、抱っこ紐の上から装着できる抱っこ紐ケープです。

大体のケープはクリップ式やスナップボタン式で、着脱が簡単にできるようになっています。たったの2ステップでできますよ。

  1. 抱っこ紐の肩紐に、抱っこ紐ケープの紐を巻く
  2. クリップまたはスナップボタンを留める

付け方は以上です。簡単ですよね♪手先が不器用なパパママでも簡単に付けられます。

寝ている赤ちゃんを起こさずに、一人でもサッと着脱できるのはパパママも赤ちゃんにとってもストレスフリーで便利ですよね。

抱っこ紐ケープは取り付けが簡単に出来ないと意味がないですよね。1人でさっと着脱でき、温度調整がすぐに出来るものを選びましょう。

ほとんどのケープはクリップタイプかスナップボタンタイプです。付け方の手軽さ、簡単さではクリップタイプがおすすめですよ。

クリップタイプはベビーカーや洋服などにも留めやすいので、様々な用途に使えます。

スナップボタンタイプもしっかり付けられるので、外れて落としてしまう心配がないですね。

自分に合った付け方のものを選びましょう。

もしクリップが外れやすい場合は、クリップを留める位置を自分で調整して工夫すれば問題ありません。

抱っこ紐ケープはユニクロがカラーも豊富で人気♪

赤ちゃんから大人までお手頃価格で使いやすいユニクロ。赤ちゃんのお洋服なども豊富に取り扱っています。

そのユニクロに抱っこ紐ケープが販売されているのを知っていましたか?

ユニクロの抱っこ紐ケープは使い勝手が良く、カラーも豊富なため今大人気なんです。

抱っこ紐ケープをお手頃価格で試してみたいあなたにおすすめなのが、「ライトウォームパデット2WAYブランケット」です。

特徴は以下の通りです。

  • フードが取り外し可能
  • ポケット付き
  • 裏地フリース素材
  • 表面ナイロン素材のシンプルなスター柄
  • 中綿入りで軽量
  • 足元のスナップボタンで長さ調整可能
  • ベビーカーに装着可能
  • コンパクトにくるっと丸めて持ち運び簡単
  • ネット使用で洗濯可能

色はネイビー、グレー、オリーブなど、男性にも使いやすい色味でママパパどちらでも兼用可能です。

ユニクロといえばフリース素材の商品が人気ですよね。こちらの抱っこ紐ケープも裏地がフリース素材になっていて、ふわふわでとても気持ちよさそうです。

少し薄手に見えるので、冬の寒さが厳しい真冬などは厳しいかもしれませんが、春先まで長く使えるケープだと思います。

そして、ポケットが付いているのもポイント。

抱っこしたままカバンから鍵を探したりするのは大変ですよね。寝ている赤ちゃんが起きないか心配しながら、ゴソゴソ荷物を探るのは避けたいところです。

地味だけどこういうポケット機能はあった方が絶対良いと思います。

また、小さくクルッと丸められるのもとっても便利ですよね。

赤ちゃんは暑いのをとても嫌がります。暑がっていたらすぐに取り外して小さくコンパクトにまとめられたら、荷物の多いママにとっても大助かりですよね。

そして、なんといってもこれだけ使い勝手がいい抱っこ紐ケープのお値段が2990円(税抜)というところもうれしいポイント!

さすがユニクロ。機能面も考えられていて尚且つお財布にやさしいですね。人気なのも納得です。

抱っこ紐と同じメーカーでなくても対応している

とても便利な抱っこ紐ケープですが、やはり性能だけでなく、デザインなども気にしたいですよね。

抱っこ紐と同じメーカーだとピッタリ合うのはわかるけど、デザインは違うメーカーのものが気になるということもよくあることです。

大丈夫です、安心してください!ほとんどのケープは違うメーカーの抱っこ紐にも対応しています。

ユニクロのケープももちろん他メーカーの抱っこ紐やベビーカーにも取り付けることが出来ますよ。

ただし、なかには一部特定の抱っこ紐しか対応していない場合もあります。

抱っこ紐ケープを購入の前にはお手持ちの抱っこ紐に対応しているかしっかり確認しましょう。

また、ケープは赤ちゃんの足元までしっかりカバーされているかチェックしてくださいね。

サイズが小さいと効果が半減してしまいます。

赤ちゃんはすぐに大きくなってしまうので少しくらい大きめのサイズでも良いかもしれませんね。

ユニクロの抱っこ紐ケープは毎年すぐに売り切れになるそうなので、気になるあなたはぜひ早めにチェックしてくださいね♪

抱っこ紐ケープは防寒以外にも季節を問わず使える

防寒以外の機能がなければ抱っこ紐ケープを使える時期も限られるので、いらないと思いますよね?

実は最近の抱っこ紐ケープには防寒以外のさまざまな機能があるんです。

防寒以外に、以下のような機能を持った抱っこ紐ケープがありますよ。

  • UVカット
  • 冷感機能
  • 撥水
  • 虫除け
  • 抗菌

UVカット加工や冷感機能、雨よけの撥水加工、虫除け加工など、夏場も使える抱っこ紐ケースがあるんです。

コロナ禍になってからは抗菌加工されたものまで多岐にわたる高機能のケープが発売されています。

季節と用途に合わせて抱っこ紐ケープを使い分けるというのもアリですね。

抱っこ紐ケープは代用できる!おすすめの使い方とは

季節によってケープを使い分けるのも良いですが、それではお金がかかりますよね。

抱っこ紐専用のケープはいらないのですが、他の物で代用できますか?

結論からお伝えすると、抱っこ紐ケープはスカーフなど他のもので代用することが可能です。また、抱っこ紐ケープを別の用途に使うこともできますよ。

抱っこ紐ケープは大判のスカーフや毛布で代用できる

抱っこ紐ケープを大判のスカーフや毛布、バスタオル、ママコートなどで代用されている方も多いようです。

私自身、抱っこ紐ケープというものを知らず、ママコートを使っていました。知っていたら絶対抱っこ紐ケープを使っていたのに!

抱っこ紐ケープの代用品としては、主に次のようなアイテムがあります。

  • 大判のストール
  • バスタオル
  • ママコート
  • ウインドブレーカー

家にあるものですぐ代用できそうですね。

しかし、スカーフや毛布はズレたりいつの間にか落として失くしたり、引きずってしまったりしていることありませんか?

バスタオルもサイズがピッタリなものも中々見つけるのは至難のわざです。

ママコートも便利ですが、オシャレがしたいママはもっと色んな服を着たいですよね。そもそもデザインやサイズ的にパパは使えないものばかりです。

そうなると着脱のしやすさ、保温性、見た目、パパママどちらも使える専用ケープが一番利便性や快適性が高いと言えるのではないでしょうか。

小さくたためるサイズを選べば荷物の多い赤ちゃんとのお出かけに悩む必要もありません。

抱っこ紐ケープは万能アイテム

実は抱っこ紐ケープは様々な物に代用できます。ベビーカーに留めればブランケット代わりに、洋服につければ授乳時の目隠しケープに早変わり!

抱っこ紐で出かける機会が少ない方でも色々なシーンで重宝する万能アイテムが抱っこ紐ケープなのです。

赤ちゃんのお出かけに1枚あるだけで何かと便利な抱っこ紐ケープ。

先ほど紹介したユニクロをはじめ、ショッピングサイトでも2000円台から素敵な抱っこ紐ケープが売られています。

赤ちゃんとのお出かけに、ぜひ1枚用意してみてはいかがですか?

まとめ

  • 寒い季節の赤ちゃんの体温調整には抱っこ紐ケープが最適
  • 抱っこ紐ケープの付け方は、抱っこ紐に巻いてクリップやスナップボタンを留めるだけとたった2ステップで簡単
  • ユニクロの抱っこ紐ケープは使い勝手が良く、手軽な価格でカラーバリエーションも豊富なため大人気
  • ユニクロの抱っこ紐ケープを含め、大体の抱っこ紐ケープは抱っこ紐と違うメーカーの物でも同じ付け方で利用できる
  • 抱っこ紐ケープにはUVカット機能や撥水機能など高機能の物もあり、夏場に使える商品も多い
  • 抱っこ紐ケープは大判のスカーフなどで代用可能だが、利便性などでは抱っこ紐ケープが最適
  • 抱っこ紐ケープは抱っこ紐に付けるのと同じ付け方で、ベビーカーに付けたり、授乳ケープに代用することもできる
  • 抱っこ紐ケープは安いものなら2000円台で購入出来てコスパが良い

抱っこ紐ケープは赤ちゃんの体温調節だけでなくパパママの子育てを少しだけ楽にできるアイテムです。

季節や用途に合わせて、ぜひ一度使ってみてください!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました