dヘルスケア有料版のメリット5つ!dポイントで金額の元は取りにくい⁉

美容・健康・ダイエット

ドコモのdヘルスケアは有料版にしたほうがおトクなのかしら、メリットはなにかしらと思ったあなた。

dヘルスケアの有料版には「抽選で必ずdポイントがもらえる」「無料版よりもらえるdポイントが増える」など、無料版にはないメリットが5つあります。

意外かもしれませんがそのなかで一番のメリットは、医師や管理栄養士に24時間チャット相談ができる「first call」というサービスです。

この記事では、「first call」を含む有料版のメリット5つについてと、実際のdポイントの月間獲得数から元が取れるのかを解説します。

dヘルスケアの有料版には31日間無料期間がありますので、まずは試してメリットを確かめてから有料版にするか無料版にするか考えてみるのがおすすめです。

dヘルスケア有料版のメリット5つ!チャット相談も有益

ドコモのdヘルスケアは、自分の歩数・体重・体温などの健康情報をまとめて管理しながらミッションをクリアすることでdポイントがもらえるアプリです。

dヘルスケアは無料で利用することもできますが、月額330円(税込)の有料プランもあります。

dヘルスケアの有料版には無料版にはないメリットが5つあるんですよ。 

有料版では
  • 医師や管理栄養士に24時間チャット相談ができる(first call)
  • 抽選で必ずdポイントがもらえる(ハズレなし)
  • チャレンジできるミッションが無料版より多くなるのでその分もらえるdポイントも増える
  • 広告表示がなくなる
  • 月初に先月の合計歩数や距離などのレポートで振り返りができる(ふりかえりレポート)

有料版は挑戦できるミッションが増えてポイントアップ

dヘルスケアの無料版でも充分楽しめますが、有料版にした場合のメリットをもう少し具体的にみていきましょう。

有料版のメリットは、抽選に必ず当たることや挑戦できるミッションが増えることにより、無料版よりもdポイントが多く貯められることです。

表からも明らかですね。無料版と有料版の違いを表にまとめたのでご覧ください。

無料版有料版
歩数・体重・体温・血圧の記録
歩数・体重・体温・血圧のグラフ
健康コラム
歩数ミッション
体重ミッション*
dポイント抽選が必ずあたる×
血圧ミッション*×
体温ミッション*×
体重・血圧・体温ミッション選択機能×
お悩み別ミッション×
イベントミッション×
ごほうびミッション×
ミッションのお気に入り登録×
目標歩数・体重の設定×
ふりかえりレポート配信×
カレンダー機能当月・先月のみ過去すべて
グループ機能 参加グループ数1つまで3つ
グループ機能 プレミアムスタンプ×
専門家へのチャット相談(first call)×
常設バナー広告ありなし

*体重・血圧・体温ミッションはいずれかひとつの配信になります。

また有料版のメリットの1つに「常設バナー広告なし」があります。

少しでも時間をムダにしたくない場合は広告の非表示は必須なので、うれしいですね。

たしかに、広告を非表示にするためにどのサービスも有料版を利用するという声も聞きますね。

「ふりかえりレポート」では、合計歩数・前月との体重差・ミッションクリア回数などがわかりモチベーションアップにつながります。

1か月でどのくらい歩いたのか、また先月より体重が増えているなど簡単に振り返ることができると、次はこうしようとヤル気につながりますよね。

何事も続かなければ意味がないので、モチベーションをアップしてくれる仕組みは大切です。

有料版最大メリットは医師に24時間相談可のfirst call

有料版の最大のメリットは、実は医師や管理栄養士に24時間制限なしにチャット相談ができる「first call」なんですよね。

実は月額料金(税込330円)以上のdポイントを獲得することの難易度が高めで、ポイントだけで月額料金の元を取れない人は多いです。

ですがdヘルスケアの有料版では、本来なら550円の月額料金がかかる別のサービスである「first call」の一部機能が使えるんですよ。

では医師にチャット相談ができる「first call」とは、いったいどんなサービスなのでしょうか。

「first call」とは、実名の医師や管理栄養士に、自分のことだけではなく家族の体調に関することでも24時間チャット相談ができるサービスです。

こまかい説明をすると、ひとつのチャット相談では医師への相談(医師からの回答)は3回までです。

また、チャット相談の入力文字数には制限があり、1度に300文字までになります。

しかし、なんとチャット相談の回数には制限がないんです。

そして、医師からの返答が来た際には登録のメールアドレスに通知が届きます。

気になる医師からの返答にかかる時間ですが、チャットで相談をすると医師からは平均的には数分~2、3時間以内(最長でも24時間以内)です。

「first call」は医師による健康に関する相談サービスです。

診察・診断・処方は行っていませんので注意しましょう。

dヘルスケアの有料版では「first call」の一部を利用できるため医師にチャット相談ができるんですが、とっても心強いサービスですよね。

チャット相談できる科目は、以下の12科目です。

耳鼻科・小児科・産婦人科・外科・整形外科・泌尿器科・内科・がん診療科・眼科・その他・皮膚科・精神科・食事栄養相談

dヘルスケアの有料版には、本来の「first call」にある医師と15分間のテレビ電話相談サービスはありません。

なので、dヘルスケアの有料版では「first call」の一部を利用できるという表現になります。

その代わりdヘルスケアの有料版では、歩数・体重記録・ミッション達成等でdポイントがもらえます。

本来の「first call」とdヘルスケアの有料版での「first call」に関する違いを表にまとめました。

first call 月額550円(税込)・相談科目は全12科目
・24時間医師・管理栄養士に気軽にチャットで相談ができる
・より詳しく相談したい場合は15分間医師とテレビ電話ができる
dヘルスケア 月額330円(税込) ・相談科目は全12科目
・24時間医師・管理栄養士に気軽にチャットで相談ができる
(歩数・体重記録・ミッション達成等でdポイントがもらえる)

dヘルスケアの有料版の医師へのチャット相談サービスは、「first call」という別の有料会員サービスの一部を利用するかたちなんです。

なので、「first call」の初回利用時のみfirst callの登録手続きが必要になります。

別のサービスに登録をするともしかして月額料金がさらにかかるのでは、と不安になりますよね。

しかしチャット相談機能だけを使うのであれば、本来の「first call」の月額料金(550円)が別途かかるわけではありませんので安心してください。

医師にチャット相談できる「first call」は、ネットで調べても不安なときなどに気軽に利用できるので便利ですよね。

日頃から健康不安がある場合はとくに有意義なサービスになります。

有料版のミッションでさらに健康知識が身につく

無料版と有料版に共通する「健康コラム」は、「ブロッコリーが筋トレ民に人気な理由」がわかったりして面白いです。

無料版でも楽しく健康知識が身につきますが、有料版には「お悩み別クイズミッション」がありさらに楽しく健康知識が増えます。

この「お悩み別クイズミッション」は勉強になるとの声があるくらいです。

私もこういう雑学を知るの好きなんですよね。

使い始める際に、「肌ケア」「冷え・むくみ」「目の疲れ」など12種類の健康に関する悩みの中から気になる悩みを1~3個選択します。

すると「お悩み別クイズミッション」として、あなたが設定した悩みに関する2択のクイズミッションが毎日配信されるんです。

「お悩み別クイズミッション」は正解すればミッションクリアとなり抽選でdポイントがもらえ、ハズレても健康に関する知識が自然と身につくのでおトク。

この「悩み」設定は後でも変更できますので、まずは気楽に選択してください。

12種類の健康に関する「悩み」はこちらです。

  • 肩こり・腰痛
  • 疲れ・だるさ
  • 目の疲れ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • ダイエット・メタボ
  • 冷え・むくみ
  • 運動不足
  • 肌ケア
  • 高血圧
  • 便秘
  • 特になし(健康維持)

私は「運動不足」「肌ケア」「目の疲れ」あたりが悩みですね。あなたの「悩み」はなんでしょう。

dヘルスケアの有料版の機能は順次追加されていますので、今後のアップデートも楽しみです。

dヘルスケア有料版は元が取れるとは言い難い

ドコモのdヘルスケアの有料版のメリットは、医師や管理栄養士とのチャット相談ということでしたね。

たしかにチャット相談はメリットだとは思うけど毎月毎月相談することがあるかわからないし、できればdポイントで元が取れるのかが気になります。

残念ですが、やはりdヘルスケアのポイント還元だけで元が取れるかというと難しい印象です。

では、dポイントの1か月の獲得数は実際どのくらいなのか、またなぜdポイントは貯まりにくいのかについて説明します。

有料版ユーザーの実際の月間ポイント獲得数は330未満

dヘルスケアで実際毎月どのくらいdポイントが貯まるのか気になるところです。

dヘルスケアでの有料版は、無料版よりも多くdポイントを獲得できるのでしたね。

有料版では抽選にハズレることはなくなり、また無料版よりもチャレンジできるミッションも多いのでdポイントがもらえるチャンスが増えるからでした。

しかし、dヘルスケアの有料版ユーザーである3人の実際のデータをみると、月々のdポイントの獲得数はほぼ330未満であることがわかります。

なので3人のデータを見るかぎりですが、dヘルスケアの有料版はdポイントを無料版より貯めやすくなるとはいえ、元が取れるとは言い難いですね。

ここではdヘルスケアの有料版の月額料金が330円(税込)であるため、1か月のdポイントの獲得数が330以上であれば元が取れるということとします。

口コミでは、「がんばっても200~250ポイントかな」や「全ミッションをクリアしても毎月200〜230ポイントしか貯まりません」という声も見かけます。

では、dヘルスケアの有料版ユーザーである3人の実際のデータを、理解しやすいように簡単にまとめました。

データをとった期間(時期)と330ポイント超えた月の回数は以下のとおりです。

<Aさん>

  • 4年(48か月)間のデータ(2018年9月~2022年8月)
  • 330ポイントを超えた月は2回

<Bさん> 

  • 2年2か月(26か月)間のデータ(2020年7月~2022年8月)
  • 330ポイントを超えた月は1回

<Cさん>

  • 6か月間のデータ(2020年9月~2021年2月)
  • 330ポイントを超えた月は0回

では、どうして有料版なのにdポイントは貯まりにくいのかをみていきましょう。

歩数によるポイントではなく抽選のため元が取りにくい

dヘルスケアのポイント還元だけで元を取るのが難しい理由は、歩いた歩数に応じてポイントが貯まるわけではないからです。

dポイントは、ミッションを達成することで抽選をする権利を得て、その抽選で当たったdポイント数を獲得できます。

歩数の他にも、そのほか体重や悩み別ミッションなどをクリアして抽選で当たったdポイントを貯めていくタイプなんです。

運も影響してくるんですね。

ガンガン歩くことでdポイントが自然とドンドン貯まるわけではないんです。

ポイント獲得にはアプリ起動が必要で、ルーレットを回して抽選で当てないとdポイントはもらえません(有料版はハズレなし)。

そのため、ポイント還元で元を取るのが難しくなるのではないでしょうか。

アプリの起動を忘れないためには、歯磨きをしたら必ずアプリ起動など自分なりの工夫が必要になりますね。

有料版は無料期間が31日間あるからまずは試してみよう

dヘルスケアの有料版ってよさそうだから、有料版を無料で試せないのかしらと思いましたか?

dヘルスケアの有料版は、初回であれば申込み日を含む31日間無料でサービスを利用できます。

32日目になると自動継続となり1か月分の月額料金330円(税込)が発生しますので、そこは注意してください。

まずは、有料版を31日間無料で試してみてdポイントがどのくらい貯まるのか。

また、医師にチャット相談ができる「first call」をどのくらい活用するのか、様子をみてから決めるのでよいのではないでしょうか。

dヘルスケアの有料版で申し込みをする場合はクレジットカードが必要になりますが、無料期間中に解約すればお金を払う必要はありません。

また、有料版を解約した場合でも無料版としてそのまま利用できます。

解約前のデータは、有料版利用時と同じdアカウントで利用するのであれば引き継ぐことができます。

なので無料期間中に獲得したdポイントも、同じdアカウントで利用するなら継続できるということです。

まずはdヘルスケアの有料版は、31日間の無料サービスを利用してメリットを確かめてから、有料版か無料版か判断するのがおすすめです。

dヘルスケアで貯まるdポイントの有効期限は90日間

dヘルスケアのdポイントには、有効期限など注意点があります。

dポイントには、通常のdポイント(有効期限は48か月)と期間・用途限定ポイントの2種類あります。

dヘルスケアで貯まるdポイント(無料版でも有料版でも)は、期間・用途制限ありで有効期限は進呈された日から90日間なんです。

通常ポイントと期間・用途限定ポイントは併用可能で、失効までの期間が短いdポイントから優先して使用されますので安心です。

ですが期限は90日間ですので、dポイントは貯めておかずにどんどん使いましょう。

dヘルスケアで貯まるdポイントの種類は「期間・用途限定」のポイントであるため、ドコモの利用料金やデータ量の購入に利用することはできません。

dヘルスケア有料版の解約は簡単!方法は3つ

dヘルスケアの有料版を利用していたけど、メリットを感じられないので解約したい場合はどうすればいいのかしら。

また有料版の31日間の無料サービスを利用しようと思ったけど、解約方法がわかりづらいのではと不安になり申し込みをためらっていませんか。

dヘルスケアの有料版の解約は、簡単にできますので心配は無用です。解約方法は3つあり、なんと電話での解約もできるんです。

解約がとてもわかりづらいサービスもあると聞きますから、その点dヘルスケアは安心ですね。

dヘルスケアの有料版の解約方法は以下の3つです。

  1. 「dヘルスケア」アプリ→「メニュー」→「有料サービス解約」より解約
  2. dヘルスケアのサイトから解約
  3. インフォメーションセンターへ電話をして解約
インフォメーションセンター

受付時間:9:00~20:00(年中無休)

  • ドコモの携帯電話:151
  • 一般電話など:0120-800-000

私は解約方法がとっても気になるタイプです。

わかりやすい解約方法は、それだけでそのサービスを信頼できてうれしいですよね。

まとめ

  • dヘルスケア有料版には、dポイントが貯まりやすい・「first call」が利用できる・広告の非表示など無料版にはないメリットが5つある
  • dヘルスケア有料版の一番のメリットは、医師や管理栄養士に自分や家族の体調に関して24時間チャット相談ができる「first call」
  • dヘルスケア有料版には、本来の「first call」にある医師と15分間のテレビ電話相談サービスは含まれていない
  • dヘルスケア有料版ユーザーのdポイントの月間獲得数が330以上は4年間に2回なので、ポイント還元だけで元を取るのは難しい印象
  • dヘルスケア有料版がポイント還元で元を取るのが難しい理由は、dポイントの獲得が運の要素がある抽選だから
  • dヘルスケア有料版は、初回であれば申込み日を含む31日間無料でサービスを利用できる
  • dヘルスケアで貯まるdポイント(無料版でも有料版でも)は、期間・用途制限ありで有効期限は進呈された日から90日間
  • dヘルスケア有料版の解約は簡単で、方法は3つあり電話での解約もできる

dポイントでは元が取れないと聞いてショックかもしれませんが、有料会員用「first call」の一部を追加料金なしで使えるメリットがあるんですよ。

ネットで調べてもわからないことを医師にチャット相談ができるのであればメリットを感じられるのではないでしょうか?

まずはdヘルスケアの有料版を31日間無料で試して「first call」を利用してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました