布団クリーニングの安い店舗はどこ?コインランドリーと比較も解説!

生活

布団クリーニングは高いしお店に持って行くのも大変で面倒だと思っていませんか?

布団をクリーニングすることは、睡眠の質を上げたり布団を長持ちさせたりといったメリットがあります。

でも布団クリーニングの安い店ってどこを選んだらいいのか分からないのよね。

最近の布団クリーニングでは、宅配や長期保管をしてくれるといった店舗があります。

布団クリーニングを安いという料金だけで選ぶのではなく、サービス面も含めてお店を選ぶことが大切です。

そこでこの記事では布団クリーニングの安い店舗はどこなのか、あなたが選ぶために知っておいて欲しい内容についてまとめました。

コインランドリーとの比較もご紹介していますので、どういう時にクリーニングを利用するべきなのか上手く使い分けるポイントも詳しく知ることができますよ♪

布団クリーニングで安いお店を選ぶポイントは?

布団クリーニングの料金は、布団の種類やサイズ、クリーニングに出す枚数などによって金額が変わります。

布団クリーニングは、近所のクリーニング店だけでなくネット通販の会社などとても多くの店舗があります。

その中からあなたが「安い布団クリーニング」の店舗を選んでいただく際に知っておいていただきたいポイントをまとめてみました。

布団クリーニングは複数枚でまとめて出すと安い!

布団クリーニングを出すなら、単品より複数枚をまとめて出すとお得です。

布団クリーニングは1枚から申し込みできますが、枚数が多くなるほど1枚あたりが安くなる「パック制料金」を利用したほうがお得です。

大手のクリーニング店からネット通販まで調べてみたところ、1枚当たりのクリーニング料金の平均価格は以下の通りでした。

1枚当たりの料金
単品約9,000円
2枚パック約7,500円
3枚パック約6,500円

1枚で出すのと3枚パックで出すのとでは1枚あたりのクリーニングの料金がかなり違うのね。

掛布団や敷布団以外にも、こたつ布団や毛布など店舗によってパック料金に組み込むことができる布団の種類は違います。

布団クリーニングを安くするためには、シーズン終わりで布団を入れ替えする時など、できるだけ枚数をまとめていただくことをおすすめします。

布団のカウント枚数は種類やサイズで違う

布団のカウント枚数は、店舗によって布団の種類やサイズに応じて設定されています。

布団クリーニングの料金を「パック制」にしている店舗では、サイズ違いの布団や毛布も独自で枚数設定をしています。

具体的にベルメゾンの布団クリーニングの例をご紹介します。

0.5枚換算●毛布
●ベッドパッド
●肌布団(羽毛以外)
●枕
●ベビー布団
●座布団
1枚換算●羽毛掛
●羽毛敷
●羽毛肌布団
●羊毛掛
●羊毛敷ポリエステル綿掛
●ポリエステル綿敷
●こたつ掛
●こたつ敷
1.5枚換算●和掛布団
●和敷布団
引用

毛布やベビー布団、枕までもパック料金の中に組み込めるので、組み合わせのバリエーションが広がって便利ですね!

カウント枚数の設定は店舗によって違いますので、クリーニングの枚数を増やしたい場合、取り扱いできる布団の種類やそのカウント枚数を確認してみてください。

そしてクリーニングができるアイテムの組み合わせで安いパック料金の店舗を選んでいただくとお得です。

布団クリーニングは宅配より持ち込みした方が安い?

布団クリーニングは、宅配も持ち込みもそれほど料金は変わりません。

クリーニング大手の白洋舎に問い合わせたところ、持ち込みの方が宅配より1割程度安いということでした。

ただ実際、安いからと言ってクリーニング店に布団を持ち込むというのはかなりの労力です。

車がある方ならまだしも、マイカーをお持ちでない場合は複数枚の布団をクリーニングに出すなら宅配サービス一択しかないと思います。

宅配サービスを利用したことがないんだけど、どうやってお願いしたらいいの?

布団の宅配サービスは、あなたが思っている以上にとても簡単で便利です。

宅配サービスの利用の流れ
  • step1
    インターネットで申し込む(24時間受付可能)
  • step2
    数日後、送付キットが自宅に届く
  • step3
    送付キットに依頼品を詰め込み集荷してもらう
  • step4
    クリーニング&保管
  • step5
    指定日に布団を配送してもらう

保管サービスを有料で行っている店舗もありますが、無料保管期間が最長12ヶ月という店舗もありました。

保管サービスを利用することでご自宅の収納スペースに余裕ができますし、クリーニング店で保管してもらうので布団の品質管理も安心です。

布団クリーニングの保管サービスは賢く使おう

布団クリーニングの保管サービスは、上手く使うと布団が長持ちするので経済的です。

布団クリーニングの宅配サービスでよく見られるのが、布団の保管サービスです。

ご自宅に収納スペースが少ない場合、場所を取る布団を預かってくれるサービスは非常に便利です。

ですが実はそれだけではなく、温度や湿度といった布団にとって最適な環境で保管をしてくれることで、布団の寿命を延ばすこともできます。

あらかじめクリーニング料金に保管料を含めた料金設定をしている店舗もありますので、賢く使って住環境を整えることも大切ですよ!

布団クリーニングはどれくらいの頻度で行うの?

布団クリーニングは、1シーズンに1回を目安に行うのがおすすめです。

布団は使用時にカバーを付けて使用するので、一見すると布団の中は汚れていないように見えますが、実は布団の中は想像以上に汚れています。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われており、365日毎日積み重ねると年間でなんと72ℓもの量になります。

使っている布団がなんとなくしっとりしているなと感じる場合、その原因は布団の中身に寝ている間にかいた汗の塩分や尿素が付着し、水分が吸着するからです。

また布団についた皮脂や角質はダニの餌になり、ダニの糞や死骸などが付着してアレルギーの原因になることもあります。

布団を中まで丸洗いし、しっかり乾燥させることで十分なダニ対策になるとも言われているため、店舗によっては防ダニ加工を取り扱っていないところもあります。

赤ちゃんやアレルギー体質なら、こまめにクリーニングに出した方が良いのよね?

布団の洗いすぎも良くありません。

羽毛にはよくみると小さなトゲがたくさんついていて、そのトゲのお陰で羽自体が密着することを防いでいます。

羽毛同士が適度な距離を保つことで空気を多く含み、全体として温かくふんわりとした羽毛布団に仕上がっています。

クリーニングに出しすぎてしまうと、この羽毛のトゲがとれてしまって羽毛同士が密着し、結果的に羽毛布団のボリュームが減ることになります。

羽毛布団に関して言えば、布団クリーニングの頻度は3年〜5年に一度程度ということですので、お持ちの布団の種類や汚れ具合に応じて適度行うことも重要です。

布団クリーニングの宅配でおすすめの店舗5選

布団クリーニングで宅配サービスを行っている店舗は、近所の店舗からネット通販の会社まで幅広い会社があります。

その中から、是非おすすめしたい布団クリーニング5店舗をご紹介したいと思います。

ホワイト急便は羽毛布団が安く洗えて便利!

ホワイト急便には羽毛布団限定のクリーニングコースがあり、それ以外の布団に比べると料金が安いのでおすすめです。

おまけにホワイト急便は全国6,000店舗を展開する大手チェーン店です。

どこの街でも一度は見かけたことのあるクリーニング店なので、馴染みも深いし、大手なので安心よね!

料金<保管なし>
・羽毛布団限定1点コース 7,480円
・羽毛布団限定2点コース 11,800円(@5,900)
・布団なんでも1点コース 9,680円
・布団なんでも2点コース 13,800円(@6,900円)
・布団限定3点コース   14,300円(@4,766円)

<保管あり>
・羽毛布団限定1点コース 8,580円
・羽毛布団限定2点コース 13,640円(@6,820)
・布団なんでも1点コース 12,800円
・布団なんでも2点コース 15,640円(@7,820円)
・布団限定3点コース   16,500円(@5,500円)

納品期間布団が工場に到着して、通常は10営業日以内
洗える布団の種類羽毛布団、羊毛布団、こたつ布団、敷パッド、毛布
送料無料
オプション保管(最長9ヶ月)、簡易シミ抜き
※料金は税込価格

24時間インターネットから申し込みができ、5営業日以内に配送キットが届きますので、そちらに布団を詰めて集荷してもらいます。

防ダニ加工はありませんが、集荷や宅配は無料ですし、シワになりにくい梱包で届けてくれますのでクリーニング後すぐに使うこともできます。

ふとんリネットを利用するなら3枚以上が超お得!!

1枚あたりのクリーニング料金が安いので、ふとんリネットがコスト的にダントツでおすすめです。

創業10年で全国45万人が利用する人気の宅配クリーニング店です。

料金1枚 9,680円
2枚 12,980円(@6,490円)
3枚 14,080円(@4,694円)
4枚 16,280円(@4,070円)
納品期間布団の集荷から最短10日後
洗える布団の種類掛け布団、敷き布団、こたつ布団、肌掛け布団、寝袋
送料無料
ただし、合計料金が6,600円未満の場合は有料
(北海道・沖縄は4,400円、それ以外は3,300円)
オプション防ダニ加工
※料金は税込価格

公式サイトには料金シミュレーターがあるので、布団以外にもシーツや枕、座布団などの金額を確認して依頼することができるよ!

サイズの大きな布団は、クイーンサイズで+500円、キングサイズで+1000円の追加料金で申し込みが可能。

またクリーニング後は業務用の圧縮機でしっかり圧縮して配達してくれますので、ご自宅の収納スペースが少ない方にはとてもありがたいですね。

リナビスは布団の保管期間が最長12ヶ月無料!

兵庫県西脇市にある創業60年のリナビスは、熟練の職人さんによるお節介なほど親切なクリーニング店です。

そして何と言っても、保管期間が無料にも関わらず最長で12ヶ月間もある上に、期日指定で配達してくれるので布団の入れ替えが計画的にできておすすめです。

料金<掛布団のみ>
1枚 9,680円
2枚 12,980円(@6,490円)
3枚 14,190円(@4,730円)
4枚 16,280円(@4,070円)

<敷布団のみ>
1枚 10,230円
2枚 14,080円(@7,040円)
3枚 15,840円(@5,280円)
4枚 18,480円(@4,620円)

<掛・敷布団>
掛1枚・敷1枚 13,530円(@6,765円)
掛1枚・敷2枚 15,290円(@5,097円)
掛1枚・敷3枚 17,930円(@4,483円)

掛2枚・敷1枚 14,740円(@4,913円)
掛2枚・敷2枚 17,380円(@4,345円)

掛3枚・敷1枚 16,830円(@4,207円)

納品期間布団の集荷から最短10日後
洗える布団の種類羽毛布団・こたつ布団・羊毛布団・綿わた布団、敷布団、和布団
送料無料
ただし、北海道・一部離島2,090円、沖縄は6,050円
オプション防ダニ加工
※料金は税込価格

熟練の職人さんによる布団の打ち直しも取り扱っていますので、大切なお布団の日頃のお手入れから修繕まで安心してお任せできるお店です。

また「ふるさと納税」の返礼品としてクリーニングを利用することも可能ですので、まさに一石二鳥でお得ですよ!

しももとクリーニングは石鹸洗いで安心安全

しももとクリーニングは、環境に配慮しつつ赤ちゃんやお肌の弱い方にも安心安全な「石鹸」で洗ってくれるのでおすすめです。

肌に触れるものは極力刺激の少ないものにしたいので、こういうクリーニング店は嬉しいわね♪

塩素系漂白剤や抗菌・防ダニ加工も布団自体を傷め、残留薬剤が健康を害する恐れがあるため使用していません。

料金1枚 9,680円
2枚 12,980円(@6,490円)
3枚 16,280円(@5,427円)
納品期間布団が工場に到着して、4営業日以内に発送
洗える布団の種類布団(羽毛、綿、ポリエステル、化繊、羊毛、シルク、麻、ナイロン、アクリル)、こたつ布団、ペットのおしっこが付いた物
送料無料
(北海道・離島は有料、沖縄は取り扱い不可)
オプション2倍すすぎ
※料金は税込価格

またクリーニング店では珍しく、ペットの粗相で汚れた布団もクリーニングに出すことが出来ます。

「完全個別洗い」で1枚1枚丁寧に洗ってくれるので、お値段以上に満足な仕上がりになること間違いなしです!

カジタクは補償がしっかりしていて安心

カジタクは、大手イオングループが提供している家事の宅配サービスです。

布団クリーニングだけでなく、リフォームや長期保管など多岐にわたるサービスを高品質で提供してくれます。

料金<保管なし>
布団クリーニング2点パック 12,980円(@6,490円)
布団クリーニング3点パック 18,700円(@6,233円)
布団3点・圧縮お届け    15,400円(@5,133円)

<保管付き>
布団クリーニング2点パック 14,080円(@7,040円)
布団クリーニング3点パック 19,800円(@6,600円)
布団3点・圧縮お届け    16,500円(@5,500円)
納品期間回収後、最短で10日でお届け
洗える布団の種類掛布団、敷布団、こたつ布団、ベビー布団、ベッドパッド、肌掛け布団、毛布
送料無料
(沖縄県、一部離島はサービス対応不可)
オプション防ダニ加工、保管(最長9ヶ月)
※料金は税込価格

仕上がりに満足がいかない場合は、納品後14日以内であれば無料で再仕上げをしてくれます。

また補償についても1パックあたり最大で30万円まで対応してくれるところも大手ならではのサービスなのでおすすめですよ。

布団クリーニングよりコインランドリーはお値打ち?

コインランドリーは布団クリーニングよりお値打ちですが、仕上がりの差や何かあった時の補償を考えると利用する際は注意が必要です。

コインランドリーには布団や毛布も洗う専用の洗濯機があるので、わざわざ高いお金を払ってクリーニングに出さなくてもいいのではと思われていませんか?

布団クリーニングは安いといっても良いお値段だから、さすがに毎シーズン利用するのはちょっと難しいかも。

実際にコインランドリーで布団を洗う際の料金ですが、洗濯から乾燥まで行って羽毛布団1枚あたり約1,500円〜2,000円程度になります。

確かに料金は安いのですが、コインランドリーを利用する際に知っておいていただきたい注意すべきポイントをご紹介します。

コインランドリーで洗うと布団の洗いムラがある

コインランドリーの洗濯機に布団を入れる場合、布団用の洗濯ネットや布団をロール状に丸めて紐で縛る必要があります。

丸めて洗うと内側部分がしっかり洗えなかったり、すすぎが十分出来なかったり、洗剤の洗い残しなどが生じる場合があります。

また部分的な汚れがある場合、事前に予洗いをしておかない限りコインランドリーで洗うだけでは落ちない可能性が高いです。

布団クリーニングでは洗う前に部分汚れやシミ抜きなどを無料でしてくれるますので、布団の内部や表面の汚れ落ちを比べるとコインランドリーの方が劣ってしまいます。

布団のすすぎや脱水は思った以上に難しい

水を吸った布団は重く、すすぎや脱水をするのに上手く洗濯機が回らない可能性があります。

私も経験がありますが、自宅の洗濯機で毛布を洗って脱水をする際にゴトンゴトンと洗濯槽が上手く回らないことがありませんか?

水を吸った毛布が入った洗濯槽がうまく回るように中身のバランスを整えるなど、重いし手間もかかります。

キルティング加工されていない布団だと、中綿が片寄ってしまい、元の状態に戻すことが難しくなることもあります。

布団クリーニングの店舗であれば、それぞれの布団にあった洗い方のノウハウがありますので、安心してお任せすることが可能です。

乾燥が不十分だとカビの原因になる場合もある

布団は厚みがあるので中までしっかり乾燥させるのは難しく、仮に乾燥が不十分だとカビの原因になることもあります。

コインランドリーで布団を乾かす時間は、布団のサイズや脱水状態、乾燥機のパワーによって変ります。

コインランドリーの乾燥機は温度設定ができないため、乾燥機にかける時間は自分で判断するしかありません。

中が十分乾いているか分からないから、自宅で天日干しすることもあるのよね。

布団クリーニングであれば、専用の乾燥機を使うなど布団の種類に適した方法でしっかり中まで乾燥させ、ふわふわの状態にリセットしてくれます。

コインランドリーの仕上がりは全て自己責任

コインランドリーで布団が破れるなど破損した場合、全て自己責任になります。

布団に使用されている生地はデリケートなものもあるため、洗濯の途中で生地が破れてしまったり、乾燥機で布団が縮んでしまったりということがあります。

また、綺麗に汚れが取れていない場合、もう一度お金を払って洗うことになります。

一方、布団クリーニングであれば何かあった時のための賠償規約があるため、万一トラブルが起きても安心です。

安価な布団や高級な布団など、種類や材質・サイズによって、コインランドリーと布団クリーニングを賢く使い分けていただくと良いですね。

★日常生活に役立つこちらの記事もどうぞ↓

ステンレスが汚れで茶色くなったら!?家にあるものでできる簡単掃除!

まとめ

  • 布団クリーニングは複数枚で出すと安いが、布団としてカウントされる種類は店舗によって違うので組み合わせを工夫すると更にお得
  • 布団クリーニングは宅配も持ち込みもそれほど料金は変わらないため、宅配や保管サービスを賢く使うと便利で経済的
  • 布団クリーニングの頻度は基本的に1シーズンに1回ですが、種類や汚れ具合によって洗う頻度を工夫するのがベター
  • コインランドリーでの布団洗濯は、洗いムラや脱水・乾燥不足でカビや中綿の片寄りが生じる可能性が高く、事故補償がないので注意が必要
  • 布団クリーニングでおすすめなのは、料金や保管サービスなどお店によって特徴があるので、自分に合った店舗を選ぶのがおすすめ

布団クリーニングが安い店舗は、あなたのご自宅にある布団の種類やサイズなどに応じて選んでいただくのがベストです。

一日のうちの三分の一を過ごす大切な場所ですので、しっかり体が休められるよう布団のお手入れ方法を見直してみませんか?

目覚めの良い生活がきっとあなたの生活をより良くしてくれるはずですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました