はま寿司で持ち帰りパックが貰える!タッチパネルを使って注文しよう

食品

期間限定メニューなども豊富でいつ行っても飽きないはま寿司。あなたも行ったことがあるのではないでしょうか。

ついつい美味しそうで頼みすぎてしまうことや、残してしまうことありませんか?家族のお土産に持って帰りたい場合もあるかもしれません。

そんなはま寿司、食べきれなかった分はパック(持ち帰り容器)をお願いしたら自分で詰めて持ち帰りが出来るんです!

外国では食べきれない分をパックに詰めて持って帰ることは珍しくありませんが、日本では珍しいのではないでしょうか。

食品ロスが問題になる中、ご飯を残してしまうのは罪悪感もありますよね。

この記事でははま寿司で持ち帰りパックを貰う方法などあなたが知りたい疑問にお答えします。

これを知っていれば無駄な食品ロスを減らして、あなたの罪悪感も減らせて一石二鳥です♪

はま寿司の持ち帰りパックはタッチパネルで注文できる

はま寿司の店内で食事して、食べきれなかった時に注文用のタッチパネルから持ち帰り用パックをお願いすることが出来ます。

以前は机に持ち帰り用のパックが置いてあったのですが、最近は置かないように変更されたようです。

タッチパネルの操作方法
  1. 左下のボタン「店員に頼む」を押す
  2. 「取り皿などが欲しい」を選ぶ
  3. 「お持ち帰り用パック容器」を選ぶ
  4. 必要な個数を入力して
  5. 「依頼する」を押す

シンプルに店員さんにお願いして持ってきてもらってもOKですよ!その際は、店員さんに「お持ち帰り用のパックをください。」と伝えましょう。

必要な分の持ち帰りパックを持って来てくれるので、あとは自分で詰めるだけです。ちなみにパック1つでお寿司10貫が入るサイズとなっています。

人と話すのが苦手な場合でもタッチパネルから依頼できるのはとても良いですね。

タッチパネルからはこれ以外にもお子様用の取り皿やしょうゆ交換などもお願い出来ますよ。

はま寿司の持ち帰りパックはお寿司10貫のサイズ

では、はま寿司の持ち帰りパックとはどんな容器なのでしょうか。

持ち帰りパックをお願いした際、このようなプラスチックパックを頂きました。

横約22cm×縦約14cm×厚み約5cm】でお寿司約10貫入るサイズです。

しっかりカチッと閉まるようになっており、輪ゴムなどなくても蓋が閉まるようになっています。

そして気になる容器代ですが「無料」です!

無料なのはありがたいですね♪無料だからといっても無駄に何枚も注文しないようにしましょう。

こんな素晴らしいサービスはずっと続けて欲しいですね!

持ち帰りパックを使えば期間限定メニューも持ち帰れる

店内持ち帰りパックを使えば、普通のテイクアウトでは選べない期間限定のお寿司なども持って帰れますよ!

通常のテイクアウトでは期間限定のメニューなどは注文できません。家で待つ家族に食べさせたい場合などは店内での持ち帰りがオススメです。

また、ケーキのようなデザートも持ち帰りが出来ますので、今はお腹がいっぱいだけど後で食べたいなどの時に持ち帰れるのは最高ですね。

店内持ち帰りのメリット
  • 期間限定メニューを持って帰ることができる
  • 店内で食べたものと会計が一回でできる
  • 残った物を持って帰るので食品ロス出ない

また、このようなデメリットがあります。

店内で持ち帰りのデメリット
  • 自分で詰めるので少々面倒
  • 消費税が店内飲食の10%になる(通常のテイクアウトは8%)

注意が必要なのは消費税率です。通常のテイクアウトは軽減税率対象の消費税は8%です。しかし、店内で食事して残りを持ち帰る際は店内での食事と同じ消費税率10%になります。

座席に座っているのでイートインと同じ税率なのは納得ですね。

お寿司を詰める時は未使用の箸を使わないと危険

持ち帰り用パックを持ってきてもらい自分でお寿司を詰める際に注意が必要です。

一度でも利用した割り箸は菌が付いている可能性があり、そのままお寿司を詰めてしまうと菌が繁殖してしまい傷んでしまうかもしれません。

店内で食事していたらそのままその割りばしを使ってしまいそうになりますが、必ず未使用のキレイな割り箸を使ってお寿司を詰めてください。

持ち帰る距離が近くてもただでさえお寿司は生ものですので、食中毒などにも気をつけないといけません。

自分でパックに詰めるので、自分で自分の身を守るためにもこのルールは忘れないようにしましょう。

はま寿司のお寿司はお子さんも食べやすいように全皿わさび抜きです。

わさびやタレ、醤油などが欲しい人は座席にある小分けパックを必要分だけ持ち帰りましょう。私が行った際は机の真ん中に全て置いてありました。

はま寿司の持ち帰り方法は店頭と電話とWEBの3種類

はま寿司でのテイクアウトする方法はもう一つあります。通常の「テイクアウトメニュー」から注文して持ち帰る方法です。

はま寿司での持ち帰り注文方法は店頭・電話・WEBの3種類の方法があります。

店頭でのお持ち帰り方法は、店内が混み合っている際は待たされるかもしれませんので、電話かWEBでの注文が良いですよ。

持ち帰り注文方法
  1. 店頭・・・お持ち帰り伝票に数量などを記載して店員さんに渡す
  2. 電話・・・はま寿司のHPなどからメニューを確認して「何時に取りに行きます」と伝える
  3. WEB・・・会員登録してから、日時指定をして商品を選ぶ

WEBでのお持ち帰りは前日までに予約すると、全品5%オフになるので、予定などが決まっている方などは早めにWEBでの注文がオススメです。

お持ち帰りのラストオーダーは閉店15分前まで

テイクアウトメニューからの持ち帰りはラストオーダーが閉店15分前と決まっていますので、閉店ギリギリは避けましょう。

注意点
  • 持ち帰り商品は店頭にてお渡し
  • 土・日・祝日は混み合うので早めの予約が良い
  • ラストオーダーは閉店15分前(ドライブスルーのラストオーダーは閉店30分前)
  • ドライブスルーでは2人前以上の大皿セットメニューの注文は出来ない

先ほどの店内で詰めて持ち帰る方法よりも消費税率は8%になりますので、少しお得にお寿司を食べることが出来ますね。

はま寿司の特性だし醤油はアマゾンでも買えますので、はま寿司のテイクアウトをよくやる場合は家に常備するのもありですね♪

はま寿司の持ち帰り限定メニューは丼がオススメ

はま寿司では持ち帰り限定の丼メニューが7種類あり、全て1000円以内でオススメです。

ワンコインで食べられるメニューも多数あり、子供用のはまっこ海鮮丼はおもちゃのガチャボール付きです。

  • はまっこ海鮮丼 352円(税込380円)
  • まぐろ丼 463円(税込500円)
  • まぐろサーモン丼 463円(税込500円)
  • 特選!海鮮レアステーキ丼 463円(税込500円)
  • 山かけまぐろ丼 463円(税込500円)
  • 特上5種の海鮮丼 723円(税込780円)
  • 特上7種の海鮮丼 908円(税込980円)

シャリが見えないくらいにぎっしり詰まったお刺身は絶品ですよ。

子供用のはまっこ海鮮丼を除く全ての商品はプラス50円でシャリを大盛りに変更できます。

そして、もう一つのおすすめ持ち帰り限定メニューは、「おうちではま寿司セット」です。こちらは2種類あります。

  • おうちではま寿司セット 2,500円(税込2,700円)・・・まぐろ・サーモン・真いか・活〆まだい・うなぎ・赤えび・ほたて・まぐろたたき・いくら・えび・たまご・しゃり(30貫)
  • DXおうちではま寿司セット 3,500円(税込3,780円) ・・・中とろ・まぐろ・活〆まだい・活〆はまち・大とろサーモン・うなぎ・ほたて・赤えび・いくら・たまご・コーン・まぐろたたき・シーフードサラダ・軍艦用のり・オニオンスライス・レモンスライス・しゃり(30貫)

子供や大人が楽しんでお寿司を握れる2〜3人前のセットメニューとなります。追加でしゃり(12貫)180円(税込194円)も頼めますよ。

私もお持ち帰りしたら子供が張り切ってはま寿司ごっこをしていました♪

自宅にある好きな食材や調味料などでオリジナルのお寿司が楽しめる素敵なセットメニューです。

まとめ

  • はま寿司は、食べきれなかった時にタッチパネルから持ち帰りパックを注文できる
  • 持ち帰りパックのサイズはお寿司10貫分で、しっかり蓋が閉まるようになっている
  • はま寿司の持ち帰りパックは、無料でもらえて限定メニューも持ち帰りできる
  • 店内での持ち帰りは、イートインと同じ消費税率10%になる
  • 持ち帰りパックに詰める時は、お寿司が傷まないように未使用の箸を使って詰める
  • 通常の持ち帰り注文は、店頭・電話・WEBの3種類の方法がある
  • 持ち帰りのラストオーダーは、閉店15分前まで、店頭受け取りなので早めに入店する
  • 持ち帰り限定メニューは、丼とおうちではま寿司セットがオススメ

はま寿司でのお持ち帰りパックの注文方法や、持ち帰り限定メニューまでご紹介しました。

持ち帰りパックが貰えることはPOPや広告ではお知らせしていないようですが、店員さんに頼めばすぐに持ってきてくれましたよ。

食品ロスを無くすために堂々と店員さんに持ち帰りパックを頼んで下さいね!

リーズナブルで美味しいはま寿司、ぜひお持ち帰りしてお家で堪能して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました