一人暮らしで犬を飼うのに年収はいくら必要?おすすめの犬種も紹介!

生活

一人暮らしで寂しい時、自宅に愛犬がいるととても癒されます。

自宅で過ごす時間が多くなり、癒しを求めてペットを飼う人が多くなる一方、年収が下がって手放す人も多くなったようです。

一人暮らしで犬を飼う場合、犬の年間飼育費として約32万円の費用がかかりますので、ご自身の年収で余裕があるかを見極める必要があります。

犬を飼うことで精神的に癒され幸せな気持ちにもなりますが、病気や加齢に伴って介護をする場合もあります。

犬を飼うには金銭面だけでなく、犬の一生の面倒を見る覚悟も必要です。

この記事では一人暮らしで犬を飼うために必要な年収や、後で後悔しないために予め知っておいて欲しいポイントをご紹介しています。

一人暮らしで飼うのにおすすめの犬種などもご紹介していますので参考にしてみてくださいね♪

一人暮らしで犬を飼うために年収はいくら必要?

一人暮らしで犬を飼うために必要な年収は、手取りで約213万円が必要です。

ある調査によると、1ヶ月あたりに愛犬に掛かる費用は平均で【月27,000円】という情報がありました。

もちろん体の大きさや健康状態によって掛かる費用は変わりますが、年間で【約32.2万円】の支出が見込まれます。

まずは犬を飼う際に年間どれくらいの費用が掛かるのか詳細をまとめてみました。

<小型犬の場合>

年間(円)月額(円)
ケガや病気の治療費65,0005,400
フード・おやつ43,0003,600
サプリメント11,000900
しつけ・トレーニング料7,000580
シャンプー・カット・トリミング料48,0004,000
ペット保険48,0004,000
ワクチン・健康診断33,0002,750
ペットホテル・ペットシッター4,000300
日用品14,0001,200
洋服12,0001,000
ドッグランなどレジャー関連3,000250
首輪・リード6,000500
その他14,0001,200
光熱費14,0001,200
合計322,00026,880
引用:家庭どうぶつ白書

一人暮らしの生活費の全国平均は約15万円と言われています。

一人暮らしで犬を飼うのに必要な年収は【月収15万円×12ヶ月+32万円=約212万円】となります。

これはあくまでも全国平均の年収や飼育費用についてのデータを元に算出した結果になりますし、犬にお金を掛けることが良いという訳でもありません。

大切なのは愛犬を最期まで責任を持って育ててあげることです!

必要なところには手厚くお金を掛け、洋服など節約できるところは節約すれば、もう少し費用を抑えることも可能です。

一人暮らしで犬を飼う際の費用について知っておいて欲しいポイントをご紹介します!

ペットが飼える住宅への引越しは必須条件!!

一人暮らしで犬を飼うなら「ペット可」の住宅へ引っ越す必要があります。

ペット可の住宅は、ある程度犬が吠えても大丈夫なように防音対策がされています。

また「ペット共生型住宅」といって、玄関横にリードフックがあったり、散歩後に足が洗えるような洗い場があったり、ペット専用の設備が充実しています。

犬を飼うことで部屋に臭いがついたり、壁紙や床が傷ついたりすることもあるため家賃や敷金が割高になる傾向があります。

ですが内緒でペットを飼うと後で家主さんにバレた時、強制退去をすることになったり、愛犬を手放す選択を迫られたりすることになります。

最後まで責任を持って安心して愛犬を飼うためにも、ペット可の住宅への引越しは必須であると思ってください。

☆犬を飼うのは少し難しいかも…と思ったらこちらの記事も↓

フードは愛犬の体質や成長に合わせて選ぶ

愛犬の健康のために、体質や年齢によって餌の種類やグレードを選ぶことが大切です。

トイプードルやチワワのような小型犬の場合、1日に食べる餌の量はおよそ70グラムで、月に約2キロの餌が必要になります。

犬の餌にはスタンダードとプレミアムの2つのランクがあり、プレミアムフードの価格はスタンダードフードの約2〜3倍になります。

1ヶ月の餌代はスタンダードフードだと月1,000円代、プレミアムフードで月3,000円ぐらいになります。

プレミアムフードは安全性や原材料にこだわったもので、犬の健康面をサポートするよう栄養バランスが考えられています。

犬の好みやアレルギーなどの体質によってフードが合う合わないもありますし、年齢によっても餌を変えていく必要があります。

犬も人間と同様に糖尿病などに罹(かか)ることがあります。

餌代は気になるかもしれませんが、犬の成長や健康状態に合わせてフードを選ぶと犬も喜びますし飼い主さんも犬が元気だと嬉しいですよね?

たまに与えるおやつも犬は喜びますので、フードとおやつを上手く使って犬の健康維持に役立ててください。

狂犬病ワクチンの接種は義務付けられている

狂犬病のワクチン接種は年1回の接種が義務付けられており、違反すると20万円以下の罰金が課されます。

犬のワクチンには「義務」「コアワクチン」「ノンコアワクチン」の3つの分類があります。

その中でも「狂犬病ワクチン」は厚生労働省が定める狂犬病予防法によって、生後3ヶ月を過ぎた全ての犬に年1回の接種が義務付けられています。

狂犬病ワクチンは、各自治体で4月〜6月にかけて集団接種を実施しており、費用は3,0004,000程度になります

狂犬病という病気は本当に恐ろしい病気で、発症した場合はほぼ100%の確率で死に至ります。

また発症した犬に噛まれれば人間も感染し発症することがあります。

そのためワクチンを接種していないと、20万円以下の罰金を課される場合がありますので忘れず必ず接種してください。

また「コアワクチン」や「ノンコアワクチン」も犬の健康を守るために必要なワクチンです。

ドッグランやペットホテルなど、複数の犬が出入りするような施設では3種以上の混合ワクチンの接種証明書が必要な場合もあります。

混合ワクチンも2種〜8種まで種類がありますので、あなたの愛犬の状況によって適切なワクチンを接種してください。

<混合ワクチンの種類と費用>

2種3種4種5種6種7種8種
<コアワクチン>
犬ジステンバー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス2型
犬パルボウイルス
<ノンコアワクチン>
犬パラインフルエンザ
犬コロナウイルス
犬レプストピラ
(イクテモヘモラジー)
犬レプストピラ
(カニクーラ)
引用:Honda Dog公式HP

・2種、3種・・・3,000円〜5,000円
・4種・・・5,000円〜6,000円
・5種・・・5,000円〜7,000円
・6種・・・5,000円〜8,000円
・7種・・・6,000円〜9,000円
・8種・・・7,000円〜10,000円
※動物病院により、値段やワクチンの内容が変わる場合有り。

子犬の場合、1回目のワクチンはペットショップなどで既に済ませている場合があります。

また一度に多くの種類のワクチンを接種すると副作用が心配されますので、子犬の場合は獣医さんに相談してくださいね!

室内で犬を飼うなら夏場のエアコンつけっぱなしは必須

一人暮らしで室内で犬を飼う場合、夏場はエアコンをつけっぱなしで使う必要があります。

全身を毛に覆われた犬は、人間のように汗をかいて体温を下げることができないため、暑さにとても弱いです。

犬が快適に過ごせる気温は22℃、湿度60%と言われていますが、さすがにそこまで厳密にしなくても大丈夫です。

エアコンの設定温度を25℃〜28℃程度になるよう、夏場はエアコンをつけっぱなしにしてください。

エアコンは動き始めが一番電気を使うため、こまめにつけたり消したりすると逆に電気代がかかってしまいます。

電気代は部屋の広さやエアコンの性能によって変動しますが、つけっぱなしの場合は通常時の2〜3倍高くなります。

電気代が気になる方は、節約する方法をご紹介しますので試してみてください。

エアコンの電気代を節約する方法
  • 自動運転機能を利用する
  • フィルターを定期的に掃除する
  • 扇風機やサーキュレーターなどを併用する
  • 室外機に直接陽が当たらないようにする
  • 室外機の周りには物を置かない

それ以外にも、犬用の冷却シートを使用したり、遮光カーテンで直射日光が室内に入らないようにしたりするのもおすすめです。

また湿度が高いと熱中症のリスクもありますので、冷房だけでなく除湿機能も適時使ってください。

一人暮らしで犬を飼って後悔しないための注意点

一人暮らしで犬を飼って後悔しないためには、一人暮らしで犬を飼うことのリスクをあらかじめ知っておく必要があります。

私は実家で犬を飼っていましたが、犬を飼って毎日癒されましたし、特に私に懐いてくれたこともあって本当に愛すべき存在でした。

一方で犬を飼うと金銭面だけでなく、散歩をしたり体調が悪ければ病院に連れて行ったり世話が大変なこともあります。

家族みんなで世話をしている時とは違って、一人暮らしだと全てを一人でこなさなければならないため、よく考えて飼わなければ後悔してしまいます。

それほど生き物を飼うことには責任が伴います。そこで犬を飼うことで後悔しないために、どんなリスクがあるのかまとめてみました。

  • 子犬のうちはよく吠える
  • トイレの場所を覚えるまではあちこちで粗相をする
  • 気軽に家を留守にできない
  • 毎日散歩をする必要がある

子犬は不安を感じて夜泣きをすることがある

子犬は環境に敏感で、不安を感じて眠れないと夜泣きをすることがあります。

人間と同じように静かで落ち着ける場所にケージを設置しないと、不安を感じて夜泣きをする場合があります。

またケージが広過ぎても落ち着かず、狭過ぎてもストレスに感じることがあります。

一人暮らしで犬を飼う場合は、ケージを設置するスペースを考慮して部屋をレイアウトする必要があります。

トイレのしつけは飼い始めたら真っ先にする

トイレのしつけは、犬を家に迎えた日からすぐに始めるのがおすすめです

子犬のうちはケージ内にトイレシートを準備し、そこで排泄したらとにかく褒めてあげてください。

子犬の場合は排泄を我慢できる時間が短いので、食後や運動後など決まったタイミングで排泄するようトイレシートに誘導するのも一つの手です。

粗相をしても強く叱ることはしないでください。

おしっこの臭いが残るとまたそこで粗相をすることがありますので、失敗したらすぐに掃除してください。

とにかく上手にできたらたくさん褒めて、トイレを覚えるまで根気強く繰り返してくださいね。

もしものことがあった際の預け先を探しておく

あなたにもしものことがあった時のために、愛犬の預け先をいくつか探しておく必要があります。

急な出張や旅行に備えて、ペットホテルなど愛犬の預け先を探しておくことが必要です。

あなたが怪我や事故などで長期で留守にする場合は、ペットホテルに預けることもできますが小型犬で1ヶ月約4万〜14万程度かかります。

費用面の負担を軽くするためにも、しばらくの間面倒を見てくれるような知人に頼んでおくことも必要です。

いずれにしてもペットを飼うことで自由に家を空けることはできなくなります。

愛犬の散歩はストレスによる無駄吠えを防ぐ

愛犬の散歩を怠ってしまうと、運動不足による肥満やストレスによる無駄吠え、社会性が育たず問題行動を起こすようになります。

小型犬の場合、1日2回、15分/回程度の散歩か、1日1回、30分/回の散歩が理想とされています。

犬の平均寿命は約14年と言われていますので、その間毎日散歩に連れて行く覚悟が必要です。

散歩を怠ってしまうと運動不足による肥満やストレスから、咬(か)んだり吠えたりといった問題行動を起こします。

毎日散歩に連れて行くことで、犬の健康やストレス解消にもなるので、家の中で無駄に吠えることも無くなります。

またあなた自身も犬との散歩が気分転換になり、散歩が習慣化されるメリットがありますので義務と思わず楽しよう心掛けてください。

一人暮らしで犬を飼うのにおすすめの犬種5選

一人暮らしで犬を飼うのにおすすめの犬種は、小型犬で性格が穏やかな犬種がおすすめです。

一人暮らしで賃貸住宅で犬を飼う場合、部屋の広さやご近所へ迷惑にならないよう性格が穏やかな犬種がおすすめです。

そこでここからは一人暮らしでおすすめの犬種についてご紹介したいと思います!

<トイプードル>

平均体高26〜28㎝
平均体重3〜4Kg

・お利口でしつけがしやすい
・元気で明るく甘えん坊な性格
・太りにくい体質
・毛が落ちにくいが、こまめにブラッシングをしないと毛玉ができる

とにかく容姿がぬいぐるみみたいで可愛いと評判のトイプードルは、いろんなカットスタイルが楽しめます。

また全犬種の中でもトップクラスの賢さで、しつけもし易いのでビギナーの方にはおすすめの犬種です。

人気の犬種なので飼っている人も多いですが、そんなことは気にならないくらい愛おしい存在です!

トイプードルと言えばテディベアカットが有名ですが、カットの仕方によって犬の可愛らしさが違うので色々試してお気に入りを見つけるのも楽しいですよ♪

<チワワ>

平均体高12〜23㎝
平均体重1.5〜3Kg

・縄張り意識が強いので番犬になる
・好奇心旺盛で無邪気な性格
・長毛と短毛の2種類いますが、換毛期はどちらも毛が抜ける
・体重が軽くて小さいので、いろんな所に連れて行きやすい

飼い主への愛情が深いと有名なチワワは、環境が変わってもすぐに適応することができます。

小さいながらに勇敢な面があるので、よその犬に吠えることがあります。

社会性を身につけるトレーニングをすれば、いろんな所に連れ出すことも可能です!

お散歩の時は私とアイコンタクトをしながらお散歩できますし、他のワンちゃんとすれ違って吠えられても全然動じませんよ!

ちょっと目が離れて垂れ目なところが可愛いですよね♪多頭飼に向いている犬種なので、興味のある方にはおすすめです。

<シーズー>

平均体高20〜28㎝
平均体重4.5〜7.3Kg

・温厚で表情が豊か
・無駄吠えが少ない
・毛は抜けにくいが、耳が垂れているので耳の中が汚れがち

温厚で人懐こいシーズーは、利口でひとり遊びも上手なので留守番も得意です。

また飼い易いので、ビギナーの方にもおすすめの犬種と言えます。

ほとんど吠えることもないので、マンションでもご近所の迷惑になりにくく安心して飼えます。

ロングコートにしたらお手入れが大変かなと思いますが、気品があってゴージャスな感じになるのがシーズーの魅力ですね。

<パグ>

平均体高20〜25㎝
平均体重6.3〜8.1Kg

・穏やかでのんびり屋
・攻撃性が少なく手が掛からないので初心者におすすめ
・換毛期中はかなりの量の抜け毛がある

ブサカワで顔に特徴のあるパグは、あまり吠えず穏やかな性格が特徴です。

私も実家で飼っていましたが、体毛が短いのでトリミングやブラッシングの頻度が少なくても大丈夫です。

人懐っこい性格で、帰宅するとその物音に反応して玄関まで出迎えに来ます。愛嬌もあって飼えば飼うほど可愛いです!

シワの入り方で顔の違いがはっきりしているので、どの子を迎えるか顔も色々見てみると良いですよ!

<ポメラニアン>

平均体高18〜20㎝
平均体重1.8〜2.3Kg

・自立心が強いので留守番をさせても寂しがらない
・お利口でしつけがしやすい
・吠えやすいところがある

活発で好奇心旺盛なポメラニアンは、短時間の散歩や室内遊びでも満足してくれます。

人懐こい反面、寂しがり屋なところもあるので、留守番をさせるにはトレーニングが必要です。

遊ぶのが大好きで、かまわれると家中走り回るほどはしゃいでしまいます。愛嬌を振りまくので可愛いですよ♪

ポメラニアンと言えばCMにもよく起用される犬種ですね。大きな目でウルウルするのは反則技ですね!

まとめ

  • 一人暮らしで犬を飼うためには、自分の生活費と犬の飼育代を合わせて手取りで約213万円の年収が必要
  • 後々のトラブルに繋がらないよう、犬を飼うならペット可の住宅に引っ越す必要がある
  • フードは犬の体質や成長に合わせて選ぶことで健康維持に繋がる
  • 狂犬病ワクチンは大切な愛犬を守るための飼い主の義務で、怠ると20万円以下の罰則がある
  • 犬を飼うなら夏場はエアコンをつけっぱなしにする必要がある
  • 一人暮らしで犬を飼って後悔しないためには、躾(しつけ)を根気よく行い、最期まで世話をする覚悟が必要
  • 一人暮らしで犬を飼うなら、自分にもしもの事があった時の預け先を確保する
  • 一人暮らしで犬を飼うなら、トイプードルやチワワなど小型で性格が穏やかな犬種がおすすめ

一人暮らしで飼う犬は、あなたにとってペットというより家族に近い存在になるはずです。

お世話をするには自分の生活費だけでなく、犬の生活費までカバーできる年収が必要です。

様々な理由で年収が減ったからといって、そのしわ寄せをペットに課すのはあまりにも無責任です。

本当に最期まで面倒がみられるのかよく考えて覚悟を決めれば、きっと不安もなく愛犬との生活を楽しむことができるはずです。

あなたにとって最良の愛犬に出会えることを願っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました