一人暮らしでもエアコンは掃除が必要!簡単な掃除方法も紹介します

生活

一人暮らしのあなたは、エアコンを使ったことはありますか?

あると答える方が多いと思います。暑い夏や寒い冬はエアコンが欠かせませんよね。

ではもう一つ質問です。エアコン掃除をしたことはありますか?

ないと答える方も多いのではないでしょうか。

部屋掃除と一緒に家電や家具を簡単にきれいにすることはあっても、上にあるエアコンを掃除することはあまりないですよね。

しかし、エアコンは定期的に掃除が必要です。一人暮らしで使用頻度が少なくてもです。

エアコン掃除が必要と言われても、どうやったらいいか分からない…難しそう。

大丈夫です!簡単な掃除なら素人でもできます。そんなあなたのために、一人暮らしでもできる簡単な掃除方法をご紹介します。

素人の掃除では不安な場合は業者に頼むのもおすすめなので、あわせてお伝えします。

一人暮らしでもできるエアコン掃除のやり方

普段掃除しないエアコンですが、定期的に掃除が必要です。

掃除の順序は、外側の掃除、フィルター掃除、エアコン内部の掃除、乾燥です。

具体的な掃除方法をお伝えしていきます。一人暮らしで工具などがなくてもできるので、ぜひやってみてください。

掃除を始める前にしておくこと

<用意するもの>

  • 掃除機
  • ハンディモップ
  • 歯ブラシ
  • 使い古したタオルや雑巾 2枚
  • 台所用中性洗剤

<事前準備>

エアコン掃除を始める前にすることは2つです。

掃除をするとエアコンの下にホコリなどが落ちるので、下にある物を移動しておくか、カバーをして汚れないようにしておきましょう。

また、掃除中にエアコンが運転しないようにコンセントを抜いておきましょう。

万が一動いてしまうと危ないので、主電源を切るだけでなくコンセントを抜いてくださいね。

エアコン掃除の具体的な方法

<外側を掃除する>

いきなり内部ではなく、まずはエアコンの外側から掃除しましょう。

エアコン本体の上や前面の吹き出し口などにたまったホコリを取り除きます。掃除機で吸い取るか、ハンディモップで拭き取ります。

余裕があれば、硬く絞った濡れタオルで外側全体をきれいに拭きます。その後、乾拭きで水気を取ったら終了です。

あわせて排気ホースもきれいにしておきましょう。

<フィルターを掃除する>

外側の掃除が終わったら次はフィルターの掃除です。

エアコンの前面、側面には、よく見ると両側に指を引っ掛けられそうなツマミがあります。それを前に引っ張るとフロントパネルが開きます。

しばらく掃除してないエアコンだと、ホコリが溜まっているのではないでしょうか。1番ホコリが溜まるのがフィルターです。

エアコンのフロントパネルを開けた後は、掃除前のエアコン内部をスマホなどで写真に残しておきましょう。最終的に元の状態に戻すので、掃除前の状態を記録しておくと安心です。

フィルターを外したらまず、フィルターの表面と裏面をしっかり確認しておきましょう。

フィルターはもともと、裏から表面に向けて空気が通っていくよう作られています。それに合わせて、裏から表に向けて掃除をしないと目詰まりの原因になってしまいます。

せっかくの掃除効果が下がってしまったら残念ですよね…事前に確認しましょう。

フィルターを外せたら、まずは掃除機でホコリや汚れを吸い取ります。風の流れが「フィルターの裏から表」なので、フィルターの表側から掃除機をかけてくださいね。

吸い取りきれないホコリがあれば、表側を歯ブラシなどで擦って取りましょう。汚れがひどい場合、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に漬けながら擦るといいですよ。

その後、水洗いを行うとよりきれいになります。蛇口の水ではなくシャワーを使うことで、水圧によってホコリを落とすことができます。

この時は空気が通るのと同じ向きの「フィルターの裏から表」に向かってシャワーをあてて水を流しましょう。ホコリを水で押し出すようなイメージです。

水洗いが終わったら、十分に乾かしましょう。タオルで水気を拭き取った後、しばらく風通しのよい場所に置いて乾燥させましょう。

水分が残ったままの状態でエアコンに設置してしまうと、カビの発生に繋がるので注意しましょう!

<エアコン内部を掃除する>

フィルターを乾かしている間に、エアコン本体の内部も掃除しておきましょう。

ハンディモップなどでエアコン内部のほこりを取ります。

続いて、風の吹き出し口をきれいにします。触ると上下に動く部分で、エアコンの運転時に風向きを変える機能をする部分です。

濡らしたタオルで水拭きして、その後乾拭きをします。汚れが落ちにくい時は、タオルに中性洗剤を染み込ませて拭きましょう。

その後、洗剤を含まない濡れタオルで洗剤を拭き取りましょう。

<最後は送風で乾燥させる>

エアコン内の掃除が終わったら、フィルターをつけてフロントパネルを閉じて、元の状態に戻しましょう。

エアコン内部に水分が残っているといけないので、仕上げに送風運転をしましょう。

暖房や冷房は使わず、必ず送風にしてくださいね。

以上でエアコンの掃除は終了です。簡単ですよね!お疲れさまでした!

エアコン掃除の必要性は?

そもそも、エアコンは掃除をする必要があるのでしょうか?

エアコンも定期的な掃除が必要です。

他の家具や家電も、部屋の掃除と一緒に拭いたりホコリを払ったりしますよね。エアコンだと頻繁な掃除は難しいですが、他の家電同様にお手入れはした方がいいです。

全く掃除をしないとなると、故障や体調不良に繋がる場合もあります。

エアコンに掃除が必要な理由

<体に良くない影響を及ぼす可能性もある>

フィルターなどが汚いままエアコンを使用し続けると、部屋中にカビやホコリを蔓延させることになります。

これらを吸い込むことで、咳や鼻炎などのアレルギー症状を発症し、体調不良に繋がる可能性もあります。

結膜炎や、小さい子どもの場合、小児喘息に起因する可能性もあります。

知らないうちに良くない空気を吸っていると考えると怖いですよね。

<電気代が高くなる>

フィルターに汚れがついてると、エアコンの風量が弱まるなど、運転効率が悪くなります。

すると、部屋が設定温度になるまで時間がかかります。その分長時間稼働することになり、電力も消費してしまいます。

清潔なエアコンに比べると、汚れたエアコンの電気代は約1.5倍にもなると言われています。

掃除することで、電気代浪費を防ぐことができるんです。私はそれを聞いて、掃除したくなりました。

<故障の原因になる>

エアコン内にホコリなど汚れが溜まってしまうと、内部や部品に影響を与えて故障の原因となります。

故障すると修理費がかかるし、最悪の場合買い替えとなり高額な出費になってしまいます。

このような問題を防ぐため、エアコンは定期的に掃除するようにしましょう。

日中はあまり家にいなくて使用時間や頻度が少ない一人暮らしの場合も、定期的に掃除しましょう。

自動掃除機能つきエアコンの場合

エアコンには、自動お掃除機能が付いているものもあります。簡単にフィルター掃除をしてくれる機能です。

フィルターを見て掃除の必要がなさそうであればしなくても構いません。汚れが気になる場合は掃除するといいでしょう。

お掃除機能がついているからといって、エアコン自体掃除を全くしなくてよいということではありません。

フィルター以外の場所は、普通のエアコンと同じで汚れやホコリが付きますので、定期的に掃除をする必要があります。

またダストボックスがある場合、定期的にダストボックスに溜まったゴミを捨てることも必要です。

エアコン掃除をした方がいいタイミング

では、どんなタイミングや頻度でエアコン掃除をしたらいいのでしょうか。

フィルターに関しては、清潔さをキープするために毎月2回程度の掃除が必要と言われています。

特に使用頻度が高い夏や冬は、定期的に掃除する必要があるようです。

一人暮らしで忙しくしていると、時間がなかったり忘れてしまったりすることもありますよね。

少なくとも下記の様子が見受けられたら、エアコン掃除を行うようにしましょう。

エアコンの運転時にカビくさい臭いを感じたら、クーラーの内部にカビやホコリが溜まっている証拠です。

また送風口を開いた時に中に黒い点々が見えたり、フィルターを外した時に隅に埃がついていたりすれば、エアコンの掃除が必要なサインといえます。

一人暮らしのエアコン掃除を業者に頼むのもあり

素人ができるエアコン掃除には、どうしても限界があります。内部の奥のほうは分解しないと掃除できませんが、自分で分解すると壊してしまう危険性もあります。

賃貸物件に備え付けのエアコンを壊してしまっては大変です。

一人暮らしで掃除まで手が回らない、素人が掃除するのは不安という方は、業者に頼んで掃除してもらいましょう。

業者に頼むと、分解して内部のパーツまで高圧洗浄機などでしっかりと洗浄してくれ、取り外したパーツも洗浄してくれます。

プロに頼めば安心ですし、エアコン全体を一気にきれいにしてもらえます。

業者にエアコンクリーニングを頼む頻度としては1〜2年に1回程が目安です。

業者に頼むとは別に、簡単なフィルター掃除は定期的にした方がいいみたいです。

エアコン掃除を業者に頼む場合の料金

業者にエアコン掃除をお願いする時の相場は通常【8,000~10,000円前後】で、フィルター自動洗浄機能付きで【20,000円】前後です。

ちなみに料金を抑えたい場合、春か秋がおすすめです。

夏や冬の後は、エアコンをあまり使わなくなるのでエアコン掃除の依頼が減るタイミングです。

実際に使用した時にほこりっぽさやカビ臭さを感じることで、掃除を依頼し始める傾向があるので春や秋はいわゆる閑散期です。

閑散期は通常よりも料金を値下げしている業者もいるので狙い目です。また料金が安いだけでなく、予約も取りやすいです。

エアコンの需要が高まる年末年始と6月~8月は、エアコン掃除業者にとって繁忙期といえるので注意が必要です。

大きく値段が跳ね上がるわけではないですが、通常の価格より割高になる可能性もあります。

一人暮らしの場合は特に、できるだけ安く済ませたいですよね。

どうせやるのであれば、お得に、あなたの都合に合わせて予約できるタイミングを狙いましょう。

安心なエアコン掃除業者の選び方

<料金が相場と合っている>

多くの場合、会社のホームページに料金相場が記載されています。

相場よりも高すぎたり、逆に安すぎたりする業者は避けたほうがいいです。あまりに安い料金設定の業者は、技術面に信頼がおけない場合があります。

ですので、適切な価格提示を行っている業者に頼むようにしましょう。

<ホームページに会社情報が載っている>

会社や事務所の所在地、連絡先、代表者の名前、会社の規模など会社情報が、ホームページに載っているか確認しましょう。

きちんとした会社であれば、会社概要を明記しています。逆に載せていないようであれば、信用できないので避けましょう。

大手の会社であれば問題ありません。小さな会社や個人経営の会社などは、何かトラブルが起きた時に備えて、会社情報を確認しておくことが大切です。

<料金や作業内容が明記されている>

1台の掃除でいくら、掃除機能付きの場合は追加料金いくらなど、料金を明確に表示してある業者を選びましょう。

料金を事前に知らせないのには裏がある可能性もあります。実際、作業当日に駐車場代を追加請求されたなどのケースもあります。

後になって高額な料金を請求されることがないよう、料金の確認は事前にしっかり行うことが大切です。

<スタッフの技術力と接客態度>

エアコン清掃時は一人暮らしの家の中に業者が入るので、安心感や丁寧さのある業者にお願いしたいですよね。

事前に作業内容や料金などを親切に説明してくれるところは、安心感のある業者といえるでしょう。

接客態度や対応が良いかどうかを知るために、電話で申し込むことをおすすめします。

その際、疑問点や料金などを直接聞いてみましょう。

話をはぐらかして明確に答えなかったり、きちんとした説明をしてこなかったりする場合は、信用できないですね。スタッフのスキルや丁寧さが低い可能性があります。

一人暮らしがエアコン掃除する時は大家へ報告すべきか

一人暮らしが備え付けエアコンの掃除をする場合、大家さんに報告が必要なのでしょうか。

勝手に掃除して後でトラブルになっても嫌ですよね。

業者にエアコン掃除を依頼する場合、大家さんへの報告が必要です。

エアコンの外部やフィルターなどの簡単な掃除であれは、許可をとらずOKです。

入居者が借りている部屋を清掃することは普通ですよね。備え付けのエアコンにも同じことが言えます。

ですので、一人暮らしの素人ができるくらいの簡単な掃除や手入れであれば勝手に行っても問題ありません。

業者に頼んで本格的に掃除してもらう場合は、トラブル回避のためにも大家さんに確認しましょう。

入居者が取り付けたエアコン掃除の報告は?

では、備え付けではなく入居者が取り付けたエアコンの場合でも、業者の掃除は報告は必要なのでしょうか。

ちなみに賃貸住宅に入居者がエアコンを取り付ける場合、必ず大家さんに報告が必要です。

そして、入居者が取り付けたエアコンであれば所有権は入居者にあるので、業者に掃除を頼む際に大家さんへ報告する必要はないと思われるかもしれません。

しかし大掛かりなエアコン掃除では、床の浸水や壁の破損などが起こる可能性もあります。

エアコン本体以外に室外機の取り外しの作業などもする可能性があるので、業者であってもリスクは少なからずあります。

賃貸住宅で独断で大掛かりなエアコン掃除を行い、部屋の一部を破損もしくは傷つけるなどあれば、トラブルになる可能性もあります。

入居者が取り付けたエアコン掃除であっても、念のため大家さんや管理会社に確認した上で行うほうがいいでしょう。

大家さんが費用を負担してくれる場合もある

エアコン掃除を業者にお願いする場合、費用の負担は誰になるのでしょうか?

基本的には、入居者であるあなたです。

しかし、大家さん負担になる可能性もあります。

一人暮らしでもそうでなくても、大家さんが費用負担してくれるのであればもちろんその方が嬉しいですよね。

下記に当てはまる場合は費用を負担してくれることもあるので、事前に確認してみましょう。

  • 入居して半年も経たないうちにエアコンの調子が悪くなった、変な音や異臭がする場合
  • エアコンを定期的に自分で掃除しているのに、変な音や異臭がする場合
  • 賃貸借契約書に大家(管理会社)負担と記載がある場合

まとめ

  • 一人暮らしで使用時間が短くても、エアコン掃除は定期的にする必要がある
  • エアコン掃除は、外側の掃除、フィルター掃除、エアコン内部の掃除、乾燥の順序で行う
  • 手間を減らす、内部までしっかり掃除するために業者を使う方法もある
  • 会社情報と料金を開示していて、適正な価格設定の業者を選ぼう
  • 賃貸物件でエアコンを業者に掃除をしてもらう場合、大家さんへ事前に報告する必要がある
  • 大家さんに費用を負担してもらえる場合もあるので確認してみよう

一人暮らしで使用頻度が少ないとしても、エアコンは定期的に掃除する必要があります。

掃除をしないと、体に悪影響を及ぼす、電気代が高くなるなどのデメリットがあります。

意外と簡単なのであなたが掃除することもできますし、業者に任せることもできます。

お部屋を掃除するのと同じ感覚でエアコン含めた家電家具も定期的にケアして、健康で快適な一人暮らしを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました