一人暮らしの部屋にソファの代わりになるおすすめアイテム3選!

住まい

一人暮らしの部屋の家具選びはベッドやソファと考えますよね。でも、実際の一人暮らしの空間は限られたスペースです。

自分の空間の一人暮らしに色々詰め込みたい気持ちも分かりますが、ベッドとソファを置くとかなり狭くなってしまいます。

一人暮らしの家具選びは、本当に必要か代わりになるものはないか考えて、購入してから後悔がないようにしないといけません。

ソファは欲しいけど、部屋が狭くなるのはイヤだなと思う方必見、ソファの代わりになるアイテムをご紹介します。

ソファの代わりのアイテムで一人暮らしの部屋をより良い空間で快適に過ごせるようにしましょう。

 

一人暮らしでソファの代わりになるアイテム

一人暮らしの部屋にソファは置かなくても、ソファの代わりになるくつろげるアイテムがあります。

一人暮らしの部屋にぴったりで掃除もしやすい、ソファの代わりになるアイテムを3つ厳選したのでご紹介します。

柔らかくてくつろげるビーズクッション

ビーズクッションは、細かいビーズが入ったクッションで、座ると自分の身体にフィットし形状が変化するのが特徴です。

ビーズクッションは、別名”人をダメにするクッション”と言われるほど、座れば立ち上がれないほど心地の良いクッションです。

一人暮らしの休息タイムにソファの代わりとしてのおすすめアイテムです。

そして、一人暮らしだとソファを移動するのも大変ですが、ビーズクッションなら女性でも軽く持ち上げることができるので移動も簡単に出来ます。

床の掃除の時も簡単に移動が可能です。

ビーズクッションの本体とカバーが別モノのアイテムを選ぶと、カバーを外して洗濯することが出来るので衛生的に使えます。

カバーを季節ごとに変える楽しみもあります。

注意点は、ビーズクッションの本体の中身のビーズは長期的に使用するとヘタってしまいます。

同じ位置で座り続けるのではなく、頻繁にビーズクッションの位置を変えると長持ちします。

<メリット>

  • 座り心地が良い
  • 移動が簡単
  • 本体とカバーが別ものは洗濯

<デメリット>

  • ソファと比べて劣化が早い

フィット感にこだわったパーソナルチェア

パーソナルチェアとは、くつろげる一人掛けの椅子です。パーソナルチェア自体聞き慣れない方も多いかもしれません。

ですが、ソファの代わりにパーソナルチェアを選ぶ人が増えてきています。

理由の一つとして一人のための座り心地を重視しているため、自分のためだけにフィットするパーソナルチェアを選べるからです。

クッションの硬さやデザイン、リクライニングの角度などパーソナルチェアも様々な種類があります。

せっかくの一人暮らしにソファの代わりに自分だけのベストのパーソナルチェアを選んでみるのも良いですね。

こだわりのパーソナルチェアでのんびりくつろいでいるのを想像するだけで一人暮らしが楽しくなります。

<メリット>

  • 自分にフィットする自分だけの椅子
  • 部屋をより特別な空間に出来る

<デメリット>

  • こだわると高価

空間を広く使うならラグがおすすめ

ソファの代わりのアイテムとして、ラグで工夫する方法があります。

ソファの代わりになるの?と思われるかもしれませんが、ラグでも十分のんびり過ごせるアイテムです。

ラグを敷いて、クッションをゴロゴロと置くだけでくつろげる空間になります。

一人暮らしの部屋にラグを敷くだけで雰囲気をガラッと変えることが出来ます

そして、ラグは季節によって変更可能で、夏ならワッフル生地やコットン生地の涼しい素材、冬ならラグの毛の長いものを選ぶと暖かい雰囲気になります。

ラグの洗濯は自宅で出来るアイテムもあるので、清潔に使用することができます。

<メリット>

  • 季節によって素材を変えられる
  • ラグを敷くだけで部屋をガラッと変えられる
  • 洗濯できるラグで清潔

<デメリット>

  • 少々スッキリしすぎる

 

 

一人暮らしにソファはいらない?置かないメリット

ソファの代わりになるアイテムを紹介しましたが、「本当に一人暮らしでソファはいらないの?」と思っているかもしれませんね。

もしあなたの部屋がワンルームだったら、ソファはいらない、と考えて家具をそろえても問題ないと思います。

学生時代に一人暮らしを経験しましたが、その時遊びに行った友達の部屋は、ワンルームの場合ソファを置いていない子がほとんどでしたよ。

ソファを置かないことのメリットを紹介しながら、ソファがいらない理由についてお伝えしていきます。

 

ソファを置かないことのメリット

一暮らしの部屋にソファを置かないメリットは、ずばり空間を広く使えることです。

ソファは2人掛けでも一人暮らし向けで6~8畳程度のワンルームの部屋には結構な圧迫感があります。

ワンルームだったら、ベッド、食事や勉強に仕事をするテーブル、収納が足りなければキャビネットなど置くことになりますね。

それだけでもワンルームの部屋かなりぎゅうぎゅうになってしまうことが考えられます。

まずは生活に絶対必要なものを優先して配置するようにしましょう!

ソファを置かないことで、限られたスペースでも狭くならずに気分を変えたい時の模様替えもスムーズに出来るのもメリットの1つです。

そして、ソファを置かないことで掃除がしやすくなります。

ソファを置いているとソファの下は重たいソファを動かさないといけないので、大掃除の時でいいか思ってしまいます。

ソファを置かないことで掃除も苦になることなく出来ます。

それでも、くつろぐためにはソファは必要じゃないの?と考えてしまうかもしれません。

ですが、一人暮らしの部屋にソファは本当に必要かを考えることが大切です。

ソファは購入する際も手放す際も費用がかかります。まず始めは置かないことから考えてみるといいですよ。

 

 

一人暮らしならソファベッドも選択肢の1つに!

部屋に広さはないけど、一人暮らしの部屋でもやっぱり日中にくつろげる場所が欲しい、と思うなら、ソファベッドを選ぶのもありです!

ソファベッドは名前の通り、折りたたんだり伸ばしたりすることで、ソファとしてもベッドとしても使えるアイテムです。

いつもはベッドとして使っているけど、友達が部屋に来るときにはソファとしてくつろいでもらえるのがうれしいポイントですね。

一人暮らしの部屋でソファベッドを使うメリットやデメリットをまとめてみました!

 

ソファベッドのメリットとデメリット

ソファベッドを使うメリットとデメリットについてご紹介します。

両方を見比べて、あなたの一人暮らしの部屋に向いているか、判断の材料となれば嬉しいです。

<メリット>

  • ソファの形にすると、日中に部屋を広く使える
  • ベッドとソファを買うよりも、値段を抑えることができる

<デメリット>

  • 布団を片付けるスペースが必要
  • ソファの形に直すのに多少の手間がかかる
  • 寝心地がいまいちな商品もある

ご紹介したメリット、デメリットを見てどう感じましたか?

私はズボラなタイプなので、毎日布団を片付けてソファとベッドを切り替える作業は、なかなか続けられないかも、と思いました。

でも、友達と気兼ねなく集まれるのも一人暮らしの魅力なので、友達が来た時だけソファにして、部屋を広くしてワイワイ集まるのも楽しそうだな、と思います♪

あなたの理想の生活を考えながら選んでみましょう。

 

 

まとめ

  • 一人暮らしでソファの代わりにするなら、ビーズクッション、パーソナルチェア、ラグがおすすめ
  • ワンルームだと必要なものだけで部屋がいっぱいになることもあるので、初めはソファを置かずに生活を始めるといい
  • ソファを置かないメリットは、空間を広く使える、模様替えや掃除がしやすいなど
  • 一人暮らしならソファベッドを置く、という選択肢もありだが、自分の生活に向いているかを考えて選ぶといい

一人暮らしの部屋にソファを置かない代わりになるおすすめアイテムをご紹介しました。

一人暮らしの限られたスペースを自分がくつろげる自分に合ったものを選んでみてください。

一人暮らしの家具選びに何気なくソファを選ぶのではなく、本当に必要かどうか考えてみて、そしてソファの代わりのアイテムを自分の暮らしにプラスしてください。

ソファの代わりのアイテムを選ぶことで、一人暮らしの部屋を広く使えて掃除がしやすい快適な暮らしを手に入れましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました