保温弁当箱で食中毒になる!?正しい使い方で素敵なお弁当ライフ♪

生活

寒い日には温かいご飯やスープを食べたいけど、保温弁当箱って温かいまま長時間放置していて食中毒の危険性はないのか気になりますよね。

保温弁当箱は、容器内を熱い温度に保つことで食中毒やお弁当の中身が腐ることを予防してくれます。

しかし間違った使い方をすれば夏だけではなく、冬にも食中毒になる危険性があるのです。

私も、スープジャーに温かいものから冷たいものまで入れて利用するので、食中毒の危険があると知り驚きました。

なので、この記事では保温弁当箱の正しい使い方と危険な使い方の紹介、また外気温の違いで食中毒のリスクは高まるのかという疑問も解決します。

あなたが安心して使えるような、機能性に優れた保温弁当箱も紹介していきたいと思います♪

保温弁当箱で食中毒が起きる理由はなに?

保温弁当箱を使っているのに食中毒が起きる原因は、誤った使い方で菌が増殖しやすい温度になってしまっているからです。

保温弁当箱にアツアツのご飯を入れてきたはずなのに、食べる頃にはヌルヌルしていて腐っていた、なんて経験があるあなた。

それは間違った使い方で、保温弁当箱内の温度が下がってしまっているからです。

菌が増殖しやすい温度は37度~40度といわれています。

夏はなぜお弁当の食中毒に注意しないとならないのか、この温度を見ると理由がわかりますね。

普通のお弁当箱に中身を詰めたときは、必ずしっかり冷まさないといけません。

しかし、保温弁当箱を使うときは熱い温度を保つことが食中毒予防になります。

危険!!保温温度の低下が食中毒の原因に

保温弁当箱を使用しているのに中身が腐ってしまった理由として、作ってから食べるまでの時間が空き過ぎた場合に起こります。

時間が経ちすぎたせいで保温弁当箱内の温度が、菌が増殖しやすい温度まで下がってしまったことが原因です。

保温効力を確認し、高い温度を保っていられる6時間以内に食べることを守らないと、食中毒まで一直線です。

保温効力とは

保温効力とは室温を20度±2度において、製品の内フタ下端まで熱湯を満たし、その温度が95度±1度のときから、蓋をしっかり閉め縦置きにした状態で6時間放置したときの温度。

食中毒はあなただけではなく、お弁当を食べる相手がお子さんや旦那さんだった場合、余計心配になるのではないでしょうか。

しかし、正しい使い方を守ることで安心して保温弁当箱で温かいご飯を食べることができます。

保温弁当箱の正しい使い方をチェック

保温弁当箱で食中毒を起こさず安全に使うためのポイントは以下の通りです。

  • 清潔な手で調理する
  • アツアツの料理を入れる
  • おかずを常温保存するタイプのお弁当箱なら、おかずはしっかり冷ましてから入れる
  • 蓋をしっかり閉める
  • 使用している弁当箱の保温効力を守る

菌の増殖を防ぐためには、まず菌を付けないということが大事です。

なので、清潔な手で調理しましょう。ビニール手袋などを履くと手間が少なく済みます。

保温弁当箱は、温度を維持することができる商品なのでごはんやスープなどの料理は必ずアツアツで入れましょう。

ぬるい料理を入れてしまうと、菌の増殖に適した温度を維持してしまうことになります。

必ずアツアツの料理を入れ、温度が下がらない保温効力が続く6時間以内に食べきることを意識してください。

保温効力は保温弁当箱を購入する際、説明として記載されていますので、保温弁当箱の購入を考えている場合は確認してから購入するのがおすすめです。

ただし、ひとつ注意点があります。

それは、おかずはしっかり冷ましてから入れるということです。

おかずに含まれるタンパク質や脂質などは温度が高いと腐りやすく、また湯気などで容器内の湿度が上がることも腐りやすくなる原因になるためです。

次の項目では、さらに食中毒を予防する方法も紹介します♪

保温弁当箱は夏だけではなく冬も食中毒に注意

保温弁当箱は、正しい使い方にさらにひと手間を加えるだけで夏でも食中毒になる心配はありません。

保温弁当箱は、保冷効果も付いている製品がほとんどなので、保温と合わせて保冷におけるひと手間も紹介していきます。

ひと手間加えれば夏でも食中毒の心配なし!

保温方法のひと手間は、容器をたった3分予熱するだけなので本当に一瞬です。

保温したい場合
  1. あらかじめ弁当箱は綺麗に洗いしっかり乾かしておく
  2. 使う前に容器に熱湯を注ぎ3分待つ
  3. 熱湯を捨て、容器を拭き熱いうちに中身を詰めてしっかり蓋を閉める

私も、スープジャーでこの方法を実践していますが、5時間経ってもアツアツのスープが飲めています。

保冷したい場合
  1. あらかじめ弁当箱は綺麗に洗いしっかり乾かしておく
  2. 使う前に蓋を開けて冷蔵庫で冷やしておく
  3. 手早く中身を詰め、しっかり蓋を閉める

こちらの方法も、夏にオートミールや果物をお昼ご飯に持っていくときに実践していました。

どちらの方法でも食中毒を起こしたり、腐ったりすることはありませんでしたよ♪

保冷に関しては持っていくものに応じて前の日から冷蔵庫に入れておけば手間にもなりませんね。

しかし、保温と保冷は一緒にせず、保温するときは温かいものだけをランチボックスに入れてください。

保冷機能を利用する場合は、必ず冷たいものだけをランチボックスに入れて使用してくださいね。

意外と知られていない冬の食中毒

夏ばかりに目がいきがちですが、冬にも食中毒の危険はあるんです!!

『保温弁当箱内の温度を高く保つことが予防なら、寒い冬には早くぬるくなるから腐るのでは?』という疑問がでてくるあなた。

その通りなんです。食中毒も怖いですし、寒い冬にぬるいスープは嫌ですよね。

そんな時は、保温弁当箱用の保温ポーチを活用しましょう!!

これから保温弁当箱の購入を検討されている方は、保温弁当箱と保温ポーチがセットになっているものもあるのでチェックしてみてください。

お弁当を作る前に熱湯で予熱し、保温ポーチにも入れることで寒い冬にもアツアツのスープで、食中毒の心配もなく利用できます。

保温弁当箱はサーモスやタイガーで決まり!4社比較解説

今回は、サーモス、タイガー魔法瓶、スケーター、象印の4社が販売している保温弁当を比較してみました。

その結果、可能性の高さと手入れの簡単さからサーモスとタイガー魔法瓶の2社をおすすめします。

ここからはサーモスとタイガー魔法瓶の保温弁当箱の魅力を、他の保温弁当箱と比較しながら比較解説していきたいと思います。

サーモスとタイガーは高性能でお手入れも簡単

どのメーカーもタンブラーやポットなどで保温力が有名ですよね。

今回、各社のランチボックスを比較対象とし、保温弁当箱に重視する機能性を表にしてみました。

魔法瓶食洗器電子レンジ保冷機能保温効力
サーモス
(JBG-1801)
68度
タイガー魔法瓶
(LWU-A172)
69度
スケーター
(保温ジャー付き
ランチボックス)
65度
象印
(SL-NC09)
65度

この結果は、全て公式サイトが発表している商品スペックになります。

魔法瓶とは、内ビンと外ビンの二重構造で、その間を真空状態にすることで熱の移動を防ぎ、長時間の保冷・保温をできるようにした容器のことです。

魔法瓶を使用している製品は、保冷もできるということですが、残念ながら象印の保温弁当箱は保冷機能を推奨していませんでした。

食洗器でも使えたら便利ですが、使用できるのはサーモスとタイガー魔法瓶のみとなっております。

表を見ると、タイガー魔法瓶の方が保温効力で1度だけ上回っています。

機能性的には、サーモスもタイガー魔法瓶も大きな違いがないことがわかりました。

小さめで可愛い保温弁当箱のサーモス

保温弁当箱は、見た目も大きいですし『男の人が持つもの!』というイメージが強いかと思います。

あんなに大きな保温弁当箱を持ち歩くのは恥ずかしいと思うあなた!

サーモスの商品は他にも、小さめのスープジャーやフードコンテナ、キャラクターとコラボした可愛い保温弁当箱がたくさんあります。

なので、機能性もデザイン性も高いサーモスの商品は、女性のお友達やお子さんのプレゼントに最適ではないでしょうか♪

大容量で保温効力にも優れたタイガー魔法瓶

選べる大容量で保温効力に優れたタイガー魔法瓶の保温弁当箱は、外で働くお父さんや旦那さん、育ち盛りの息子さんにおすすめです。

タイガー魔法瓶からは、選べる大容量サイズの保温弁当箱も販売しており、ご飯がたっぷり入るお茶碗3杯分と4杯分から選ぶことができます。

外で働くお父さんや旦那さんには、寒い冬にも温かいご飯を食べてもらいたいですよね。

そんな時に、保温効力が高い保温弁当箱を選ぶことで、なるべく長く温かいご飯を食べてもらうことができます。

育ち盛りでたくさんご飯を食べられるお子さんには、お腹いっぱい食べてもらいたいですよね。

そんな時も、タイガー魔法瓶なら大容量タイプを選べるので、たくさんご飯を食べてもらうことができます!!

選べるサイズと優れた保温効力を持つ、タイガー魔法瓶の保温弁当箱は外で働くお父さんや旦那さん、育ち盛りのお子さんにおすすめします。

まとめ

  • 保温弁当箱で食中毒が起こる原因は温度が低下した時に菌が繁殖しやすい環境になってしまうから
  • 保温弁当箱は料理をアツアツで入れて温度が下がらないうちに食べることで食中毒を防げる
  • 冬にも食中毒が起きる可能性があるので保温ポーチに入れて温度が下がらないことを意識する
  • おかずは温度が高いと腐りやすいため、しっかり冷ましてから保温する料理とは分けて入れる
  • サーモスとタイガー魔法瓶は保冷機能がついていて食洗器で洗えてお手入れも簡単
  • サーモスは小さめサイズもありデザイン性も高く女性やお子さんにおすすめ
  • タイガー魔法瓶は保温性が高く選べる大容量サイズもあるため男性におすすめ

今回は、数ある保温弁当箱の中から4社を比較し、食中毒を予防しやすくお手入れも簡単なサーモスとタイガー魔法瓶をおすすめしました。

機能性に大きな変わりはないサーモスとタイガー魔法瓶なので、あなたが重視する用途で選ぶことができます。

そして、お友達の誕生日プレゼントや、父の日のプレゼントなどにも喜ばれる商品だと思いました。

これからは正しい使い方で食中毒の心配することなく、素敵なお弁当ライフをお過ごしください。

保温弁当箱の温かいご飯と一緒に、あなたの温かい気持ちも伝わりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました