自転車のレインカバーはつけっぱなしが便利‼おすすめの商品を紹介

生活

朝の通勤時間帯に子供を自転車に乗せている人をよく見かけます。

子供の送迎に自転車を使用する時に困るのが急な雨ですよね。そんな雨の日には、自転車のレインカバーが大活躍します。

レインカバーを自転車につけっぱなしにしておけば、忙しい朝も慌てることなく自転車に乗ることができます。

動き回る子供を見ながらレインカバーを装着するのは大変なので、つけっぱなしにしている人も多いようです。

しかし、レインカバーをつけっぱなしにすることで、邪魔になったり生地が劣化したりしてしまうのではと心配になりますよね。

最近では、自転車につけっぱなしにできて、紫外線対策や通気性にもこだわった晴れの日も使えるレインカバーが販売されているんです。

自転車につけっぱなしにできる、おすすめのレインカバーを紹介していきます。

自転車のレインカバーはつけっぱなしが便利でおすすめ

自転車のレインカバーはつけっぱなしがとても便利でおすすめです。

しかし、自転車で子供の送迎をする人のなかでも、レインカバーをつけっぱなしにするかどうかで意見が分かれているようです。

自転車にレインカバーをつけっぱなしにすると、急な雨にも焦らず自転車を使用できますが、劣化や盗難が心配との声もあります。

自転車のレインカバーをつけっぱなしにする人、雨の時だけ装着する人の声をまとめたので、それぞれみていきましょう。

レインカバーをつけっぱなしにする人の意見

毎日自転車で子供の送迎をする人は、レインカバーをつけっぱなしにしている人が多いんです。

レインカバーをつけっぱなしにするという人の声を聞いてみましょう。

レインカバーはつけっぱなしです。忙しい朝にレインカバーを付けている時間がないんです。子供はじっとしていられないので、つけっぱなしで急な雨でもすぐ使えるようにしています。

子供の送迎で急いでいる時に、レインカバーを付けたり外したりするのは大変ですよね。

つけっぱなしにしておけば、忙しい朝の急な雨にも慌てることなく、自転車を使用することができます。

冬は冷たい風を避けてくれるので、冬場はつけっぱなしという人もいるようです。

レインカバーをつけっぱなしにしない人の意見

普段は自転車を使わないという人は、レインカバーをつけっぱなしにしない人が多いです。

レインカバーはつけっぱなしにしないという人の声を聞いてみましょう。

毎日自転車を使うわけではないので、レインカバーは必要な時だけつけています。レインカバーをつけっぱなしにすると、邪魔になってしまうんですよね。生地も劣化する気がするので、必要な時だけ使っています。

普段は自転車を使わないなら、必要なときだけレインカバーを付ける方法でも問題ないかもしれませんね。

しかし、毎日自転車を使う人でも、生地の劣化や盗難を心配して、毎回取り外している場合もあるようです。

レインカバーは性能により値段は変わりますが、1万円以上するものもあります。

高価なものだからこそ、生地の劣化やレインカバーの盗難は避けたいですよね。

またレインカバーを付けている自転車は、風の抵抗を受けやすく、駐輪場で自転車が倒れてしまう可能性があります。

毎回レインカバーを付けているあなたも、心のどこかでレインカバーをつけっぱなしにしたいと感じているのではないでしょうか。

つけっぱなしにできない原因となっていたこと解消し、自転車につけっぱなしにできるレインカバーが販売されているんです。

自転車につけっぱなしにできるレインカバーについて紹介します。

自転車のレインカバーでおすすめの商品はこれ‼

自転車のレインカバーは、つけっぱなしにできるように工夫された商品があるんです。

自転車のレインカバーを付けたり外したりするのは面倒ですよね。

最近では、雨の日だけではなく、晴れの日も活躍してくれるおすすめのレインカバーがあります。

つけっぱなしにして使いたいと考えるあなたに、おすすめのレインカバー3つを紹介します。

おすすめのレインカバー3つを紹介

  • maruto シェル型レインカバー horo!3 D-5RG3-O

値段:税込7,350円
色:ブラック、ネイビー、グレー

marutoのレインカバーを使用した人からは、こんな口コミが聞かれています。

晴れた日足元のカバーを外すと、日よけとして使うこととができます。ずっとつけっぱなしにしていますが、大きく開くので、子供の乗り降りもしやすいです。

marutoのレインカバーは 雨から守ってくれるだけではなく、晴れの日に日光を遮る日よけがつけられているんです。

夏の暑い日にも使えると人気の商品です。レインカバーなのに晴れの日にも活躍してくれるとは驚きですね。

レインカバーが大きく開くことで、子供の乗り降りも楽にできます。

また、盗難防止用のカギを付ける穴があるので、つけっぱなしでも安心です。

レインカバー購入時に鍵はついてこないので、別途購入する必要があります。

  • LABOCLE プレミアムレインカバーver03 

値段:税込13,750円
色:ネイビー、ブラック、グレー、ベージュ、

LABOCLEのレインカバーを使用した人からは、こんな口コミが聞かれています。

ずっとつけっぱなしにしていますが、全く問題なく使用できています。生地が丈夫でファスナー部分も防水加工されているのがいいですね。

ファスナーが大きく開くので、子供の乗り降りも楽です。

レインカバーはファスナーを開けたまま固定するボタンで留めることができます。

急な雨の時はすぐに閉めることができますし、雨が上がれば簡単に開けることができます。

透明な部分が広いので、自転車に乗っている子供も外の景色を楽しむことができますね。

LABOCLE のレインカバーは大きく開くため、子供の乗り降りも楽にできます。

ファスナー部分も防水になっているので、強い雨でも子供が濡れる心配がありません。

このレインカバーにも鍵を付ける穴がついています。別売りで鍵も販売されています。

またLABOCLEのレインカバーには別売りの付属品がたくさんあります。

中でも人気なのが、レインカバー守るカバーという商品です。

レインカバーをつけっぱなしにするときに起こりやすい、直射に日光による色褪せを防ぐために作られています。

税込2990円で購入することができ、別売りの付属品は、レインカバーと一緒に購入すると割引があります。

防水スプレーや鍵など色々な付属品が販売されているので、レインカバーと一緒に購入することをおすすめします。

フロント用はこちら↓

  • OGK技研 ヘッドレスト付リヤチャイルドシート用レインカバー

値段:税込9,735円
色:ブラック

OGK技研のレインカバーを使用した人からは、こんな口コミが聞かれています。

レインカバーの中が広いです。子供も圧迫感を感じることなく、楽しく自転車に乗ってくれます。同じ会社から販売されているチャイルドシートと一緒に使うと、自転車に乗らないときに畳んでおけるので便利です。

OGK技研のレインカバーは中が広い設計で透明部分が広いことから、子供が圧迫感を感じにくい設計なんです

晴れの日はカバーをくるくる巻いて固定することができます。

OGK技研から販売されているチャイルドシートと一緒に使う際にも、レインカバーを付けたままシートを畳むことができます。

狭い駐輪場や風が強い場所でも、レインカバーを外さずに置いておくことができます。

レインカバーの選び方

レインカバーは選ぶ商品を間違えてしまうと、チャイルドシートに合わず使えない場合があるんです。

レインカバーはたくさん種類があって迷いますよね。

レインカバーを快適に使うためにも、購入するときに注意すべきポイントを3つ紹介していきます。

レインカバー購入時に注意するべきポイント

  1. レインカバーとチャイルドシートの対応機種
  2. 生地の性能
  3. レインカバーの開き方

自転車のレインカバーを購入する際には、この3点に注意しましょう。

それぞれの注意点について説明していきますね。

  • レインカバーとチャイルドシートの対応機種

レインカバーは形を間違えると、装着できないことがあるんです。

レインカバーの説明に、チャイルドシートの対応機種が書かれていることが多いので、機種を確認してから購入するようにしましょう。

また、自転車のチャイルドシートには前乗せ用(フロント用)と後ろ乗せ用(リア用)があります。これを間違えてしまうと使用することができません。

種類によって値段も異なるので注意が必要ですね。

レインカバーには子供の身長制限があります。安全に快適に使用するためにも、身長制限を守りましょう。

  • 生地の性能

レインカバーは防水の生地が使われていますが、ファスナー部分は防水になっていない場合があるんです。

強い雨が降ってしまうと、ファスナー部分から雨が浸みてしまいます。

せっかくレインカバーを使用しているのに、濡れてしまっては意味がないですよね。

強い雨の日も自転車を使うというあなたには、ファスナー部分まで防水になっているタイプのレインカバーをおすすめします。

レインカバーをつけっぱなしにしておきたい場合には、UVカット機能付きがおすすめです。

  • レインカバーの開き方

レインカバーが大きく開くタイプは、子供の足が引っ掛かることなく、自転車に乗せることができます。

子供の足が引っ掛かって、自転車が倒れてしまう心配が無くなりますね。

また、雨が上がったときも、レインカバーを開いて固定しておくことができれば、つけっぱなしにしても邪魔になることがありません。

レインカバーにはポケットがついているものがあります。自転車のワイヤーロックなど小物の収納に役立ちます。

自転車のレインカバーで取り外し簡単なものもある

普段自転車を使わない、劣化や盗難が心配などレインカバーを毎回取り外したいあなたには、取り外し簡単なレインカバーがおすすめです。

レインカバーはつけっぱなしで大丈夫なものが多く販売されていますが、毎回取り外して使いたいという人もいるんです。

レインカバーを毎回取り外したいと考える人の声も聞いてみましょう。

自転車はたまにしか使わないし、レインカバーを使うことも少ないんです。でも、毎回外すのは大変だし、出先で急な雨も心配だし。どうすればいいのか迷います。

自転車の使用頻度が少なく、レインカバーをつけっぱなしにしたくないあなたに、取り外し簡単なレインカバーを紹介します。

norokkaフロント用レインカバー 

値段:フロントシートは税込9,970円、リアシートは税込11,460円
色:オリーブ、黒、ブルーグレー

普段自転車に乗らない、レインカバーのつけっぱなしは心配というあなたには、取り外し簡単なnorokkaのレインカバーがおすすめです。

これまで紹介してきた商品との違いは、取り付けと取り外しが簡単にできるところなんです。

norokka のレインカバーは取り付けが3STEPの30秒でできます。

  1. 袋から出してチャイルドシートに被せる
  2. チャイルドシートに固定する
  3. ファスナーをしめる

レインカバーの取り付けは複雑で難しいイメージでしたが、こんなに簡単につけることができるんですね。

これなら、忙しい時や急な雨でも簡単に取り付けることができますね。

収納用の袋がついているので、出かけた先でも収納に困ることはありません。

norokka のレインカバーを使用するお母さんからは、こんな口コミがあります。

レインカバーの取り付けがとにかく簡単。素材も一部がメッシュになっていて、中は蒸れないし子供の声もよく聞こえます。レインカバーの中が広く、前と側面に窓もあるので、子供も嫌がらず楽しんで乗ってくれます。

norokkaのレインカバーは、取り付けや取り外しが簡単なだけではなく、子供のことを考えた優しい設計になっているんです。

素材は安全基準を満たした素材になっており、メッシュの部分が通気性を良くしています。

また、雨から子供を守るだけでなく、窓から外の景色を楽しむこともできます。

ファスナーが大きく開くことで、子供の足がレインカバーに引っ掛かり自転車が倒れてしまう心配もありません。

  • 購入後の安心サポート

norokkaのレインカバーは購入後も安心のサポートがついています。

  1. 発送2週間以内であれば、使用後も返品可能で全額返金
  2. 購入から1年間は、部品の紛失や生地補修を無料
  3. 使い方を動画で確認できる
  4. 困ったときの電話相談サービスあり

困ったときに電話で相談に乗ってくれるのはありがたいですね。

レインカバーは自転車が倒れて生地が破れることがあります。1年間生地補修が無料というのも素敵なサービスですね。

お子さんのいるあなたには、こちらの記事もおすすめ↓

子供のヘアゴムを手作りするなら100均へ!簡単なリボンの作り方も

子供用のエプロンはどこで売ってる?三角巾の代わりに使うものとは

まとめ

  • 毎日自転車を使うあなたには、レインカバーのつけっぱなしがおすすめ
  • 普段自転車を使わない人は、レインカバーをつけっぱなしにしない人が多い
  • marutoのレインカバーは晴れの日には直射日光を防ぐ日よけ付き
  • LABOCLEのレインカバーはファスナー部分も防水
  • OGK技研のレインカバーは中が広くて圧迫感がない
  • レインカバーを購入する際には、対応機種・生地の性能・開き方に注意する
  • 自転車をたまにしか使わないあなたは、30秒で取り付け可能なnorokkaのレインカバーがおすすめ

レインカバーは子供のことだけでなく、子育てする人のことも考えて作られている優しい商品です。

レインカバーをつけっぱなしにして、急に雨が降った忙しい朝も快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

レインカバーはたくさん種類があります。あなたの好みに合ったレインカバーがみつかるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました