クリームチーズは冷凍するとまずい?美味しく食べられる解凍方法紹介

食品

クリームチーズはお菓子にもお料理にも幅広く使えますよね。私はパンに塗ったりおつまみによく使ったりします♪

クリームチーズって冷凍するとまずいの?

一度では使いきれず冷凍保存したらボロボロと塊になったという失敗談を多く聞きます。

電子レンジなどで解凍するとボロボロとしたまずい食感になることがありますが、冷蔵庫でゆっくり解凍することで防ぐことができますよ。

冷凍したクリームチーズは完璧にフレッシュさをキープする事はできませんが、正しく保存・解凍すればまた美味しく食べることができるのです!

この記事ではクリームチーズがまずい食感になるのを防ぐ正しい解凍方法や、美味しさをキープするための保存時のコツをまとめました♪

クリームチーズの冷凍がまずい食感となる2つの要因

クリームチーズを冷凍したらまずい食感になる要因は『解凍の仕方』と『冷凍前の保存の仕方』にあります。

滑らかさが魅力の乳製品のクリームチーズは、カビが生えやすく保存が難しい食材とされています。

しかし2つの要因を抑えておけばまずくならずに美味しさを楽しむ事ができます!

急速な解凍で水分と油分が分離する事

急速に解凍してしまうとボロボロとまずい食感になります。

クリームチーズは他のチーズと比べて水分と脂質の含量が多い特徴なので、急速に解凍してしまうと水分と油分が分離して変化してしまうためです。

クリームチーズには『ナチュラルチーズ』と『プロセスチーズ』の2タイプあり、ほとんどのクリームチーズがナチュラルチーズに分類されます。

ナチュラルチーズ(フラッシュタイプ)の特徴
  • 乳酸菌が生きたまま含まれており、冷凍すると菌活動は弱まるが死滅はしない
  • 解凍後は水分と油分が分離しやすく、ボロボロとした食感になる
  • クラフトが販売する『PHILADELPHIA (フィラデルフィア)』が代表的

ナチュラルチーズを選んでしまうと解凍の仕方次第ではボロボロとまずい食感になるようです。よく聞く失敗例はナチュラルチーズの場合だったのですね。

プロセスチーズの特徴
  • 高温で殺菌しており、熟成が止まっている
  • 解凍後も食感の変化が少ない
  • ベルジャポンが販売する『kiri』が代表的

プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱し作られたものです。そのため酸味やクセがなく、食感や味が変化しにくいのが特徴です。

プロセスチーズは品質を保ったまま長期保存できるので食感が変わるのが嫌だなと感じる場合はプロセスチーズをおすすめします!

代表的な『kiri』は小分けに包んであるのでそのまま冷凍保存できます。パーティーなどでも大活躍するので大容量を買って冷凍保存してもいいですね♪

開封後空気に触れたり長期保存したりする事

クリームチーズは冷蔵でも長持ちすると思いがちですがそれは間違いです。

開封後は空気に触れて乾燥したり、長期保存したりすることも劣化が進む原因となります。

賞味期限の表記は未開封が前提なので、開封後は早く食べることも美味しさをキープするのに重要ポイントですよ。

クリームチーズの状態によって違う賞味期限はこちらです!

賞味期限
未開封冷蔵庫で3〜6か月ほど
開封後冷蔵庫で1週間ほど
開封後の冷凍保存 約1ヶ月

クリームチーズは発酵食品なので、開封後はどんどん発酵が進んでしまいます。

開封して余った時に『この残りは一週間以内に消費できないな』と思えばすぐに冷凍した方が良さそうですね。

冷凍するともっと長く保存できると思っていました。

私は恥ずかしながら『冷凍』というだけで賞味期限切れしても大丈夫だと間違った考えを持っていました。

上記の表の期限を超えてから冷凍しても既に風味を損なっているので、まずいのは冷凍や解凍のせいではありません。

商品の賞味期限表示をしっかり守り、開封後と冷凍後の日数も把握しておきましょう!

また、一度冷凍し解凍したクリームチーズは再度冷凍することができないので注意が必要です。

牛乳や生クリームが原料なのでできるだけ早く食べる事を心がけましょう。

クリームチーズを冷凍したら解凍の仕方が重要

冒頭でお伝えしたように、クリームチーズは正しく解凍しないと分離してまずくなってしまいます。

一番重要なのは冷蔵庫でゆっくり解凍する事です。

ゆっくり解凍することで、クリームチーズの水分と油分が分離するのを抑えることができますよ。

クリームチーズは冷蔵庫でゆっくり解凍させる

急激な温度変化が水分と油分を分離させてしまうので、電子レンジの『解凍機能』などを使って温める行為はNGなのです!

私はついつい急いでレンジに入れたくなります…。これからは使用したい日の前日に冷凍庫から冷蔵庫に移しておくといいですね!

冷蔵庫に入れて大体一晩で解凍されますが、30g位に小分けして冷凍してあれば2時間ほどで柔らかくなります。

小分けにして冷凍しておいた方が早く解凍できて使いたい分だけ調整できるしね!

解凍に失敗して分離してしまっても食べられる方法

分離したクリームチーズは食べても健康に問題はありません。

風味は元には戻せないのですが、加熱して料理に使えば美味しく食べられます!

  1. 耐熱容器にクリームチーズを入れて、電子レンジの『あたため機能』で様子を見ながらゆっくり加熱する
  2. 柔らかくなったらゴムベラなどで丁寧にむらなく混ぜて滑らかにする

そうするとダマは無くなってクリーム状になります。

口当たりのボソボソ感は少し残りますが、さらに加熱して調理することで美味しく食べることが出来ます。パスタソースや焼き菓子に使うと良いですね♪

しかし解凍後にカビが生えていたり変な臭いがしていたりしたら食べるのは避けましょう!

クリームチーズを冷凍する前も正しく保存する

冷凍する前の冷蔵庫での保存方法も気をつけなければいけません。美味しさを保つ方法を3つにまとめました。

  1. クリームチーズをなるべく空気に触れさせず乾燥させない
  2. 冷蔵庫の中でも一番温度の低いチルド室での保存がおすすめ
  3. 賞味期限を守る

クリームチーズをなるべく空気に触れさせず乾燥させない

これは冷蔵でも冷凍でも同じ事が言えます。

空気に触れてしまうと劣化しやすいので、乾燥を避けるにはクリームチーズの切り口をしっかり目に包み、密封保存することが大事です。

箱の中にプラスチックのケースが入っていて開け閉めする形になっているタイプの商品は空気に触れやすいです。

ケースに入っているとどこか安心感がありますが密閉では無いですもんね。

開封したらケースは使わずにラップで包んで保管しましょう!

冷蔵庫の中でも一番温度の低いチルド室での保存がおすすめ

発酵速度を弱めるために冷蔵庫の中でも一番温度の低いチルド室での保存がおすすめです。

チルド室がない場合は、冷蔵庫内でも冷気が溜まりやすい一番下の段で保存するのが良いと思います。

賞味期限を守って食べる

先ほども賞味期限の事について触れましたが開封前の期限と、開封した場合の日にちを書いておいたりするといいですね。

ネットで賞味期限切れだけど大丈夫だったという内容がいくつも上がっていますが、乳製品なので基本的には表示されている期限を守って保存しましょう!

冷凍する時にできる分離しにくくする方法

クリームチーズの水分と油分を分離しにくくするには、冷凍する際に小分けにして急冷する事です。

小分けにする事で冷凍完了する速度が早くなり、氷分子を小さく保てるので水分の分離を抑える効果が期待できるのです。

箱の中のアルミの包装紙は熱の伝導率が高いので、冷気も早く伝わります。

包丁でも簡単に切れるので、アルミをはがさずに小さく切ってラップに包んで冷凍することがおすすめです。

そのまま切る発想はなかったのでやってみたい!

注意点はアルミを電子レンジで加熱すると発火するので、入れる際は凍ったまま綺麗に剥がしましょう。

アルミの包装紙に包まれてないタイプであれば、ラップで包んでからアルミトレイなどに乗せて冷凍するだけでも効果はありますよ♪

他のチーズを美味しく冷凍保存する方法

クリームチーズ以外のチーズも冷蔵庫に常備する事が多いと思います。例えばピザ用のチーズや子供のおやつになるベビーチーズなどは人気ですよね。

基本的にどのチーズもフリザードバックに入れ、空気を抜いて冷凍するのがポイント。開封後に冷凍する場合は1ヶ月以内に食べるのがおすすめです。

開封済みのチーズは賞味期限に関係なく早めに食べる事をおすすめしますが、一度に使い切れなかった時の冷凍方法のポイントを種類別に見ていきましょう!

ピザ用チーズ

ピザやグラタンに限らずあらゆる料理に使いやすいですよね。

私は消費するのが早いので冷凍保存をした事がなく、袋を豪快に開けてから100円均一の封を閉じるストッパーでパチンと止めてから冷蔵保存しています。

まとめ買いなどをして冷凍保存する場合は、フリザードバックに入れてから空気を抜くようにしてなるべく薄く平らに整えてから入れるのがポイントです!

粉チーズ

粉チーズは大きいサイズを買うと最後の方は塊になって出てこないのはよくある事ではないでしょうか?

粉チーズは長期保存できると思いがちですが早めに使い切るのが基本なので、一人暮らしや活用回数が少なそうな場合は少量サイズか冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存する場合は、1回で使いそうな少量をラップで小分けに包んでからフリザードバックに入れ空気を抜いて冷凍するのがポイントです!

スライスチーズ

パンのトーストにスライスチーズは相性ピッタリですよね♪冷蔵庫に常備している率も高いと思います。

冷凍保存する場合は薄いビニールの包装シートを剥がさずにそのままフリザードバックに入れて冷凍するのがおすすめです!

是非このポイントを参考にして試してみて下さい♪

まとめ

  • クリームチーズの冷凍でまずい食感になるのは正しく解凍できていないからである
  • クリームチーズには製造方法の違いにより「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」がある
  • ナチュラルチーズを急速に解凍すると水分と油分が分離してまずい食感が変化するので、食感の変化が少ないプロセスチーズを選ぶと良い
  • クリームチーズの賞味期限をしっかり把握し守る事も美味しさを保つ上で重要である
  • 正しい解凍の仕方は冷蔵庫でゆっくり解凍する事
  • 解凍に失敗して分離しても加熱料理に使える
  • 乾燥させないこと、チルド室に入れること、賞味期限を守ることに気をつけて冷蔵する時から正しく保存する
  • 冷凍する時に小分けにすることで急速に冷凍され、水分と油分が分離しにくくなる
  • 他のチーズも小分けにしてフリザードバックに保存するのがおすすめ

クリームチーズは新鮮なうちに使い切るのが一番ですが、もし余って冷凍した場合は正しく解凍する事で美味しさを保つ事ができます。

まずい食感になって処分してしまったなどの経験がある方は是非試してみる事をおすすめします!

クリームチーズは日持ちしない難しい食材と思われがちですが色んな料理に使えるので、コツをつかんで最後まで美味しく食べられるといいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました