マクドナルドのクーポン番号は言うだけでは使えない!ルールを守ろう

お金、ポイ活

マクドナルドのクーポン番号は言うだけで使えますか?

スマホやチラシを忘れてしまったとき、番号さえ覚えていればクーポン番号を言うだけで使えるのではと思いますよね。

マクドナルドのクーポンは、スマホアプリの番号が表示されている画面を提示するか紙のクーポンなら渡さないと、言うだけでは使えません。

せっかくクーポンを入手しても、忘れてしまったら、割引価格で利用できなくなります。

不正利用を防ぐために、確認をしています。

スマホの画面を提示するか、紙のクーポンを渡すのがルールなので、守りましょう。

店員さんを困らせないためにも、会計するときまでに準備しておくと、スムーズですね。

この記事では、マクドナルドのクーポンの番号を言うだけでは使えない理由と、入手方法や使い方も、ご紹介していきます。

マクドナルドのクーポン番号は言うだけでは使えない

マクドナルドのクーポンは、お店のカウンターで注文するとき、店員さんに番号を言うだけでは使えません。

スマホアプリのクーポンでも、紙のクーポンでも、とにかく番号を言うだけでは使えないのです。

なぜ番号を言うだけでは使えないのか、それには理由があります。

お店でどのように提示するのか、クーポンの使い方も説明していきますね。

マクドナルドのクーポン番号を提示する理由

マクドナルドのクーポンはスマホアプリの利用によるサービスとして配布しているので、画面を提示することで不正利用してないかを確認しています。

紙のクーポンも同じで、チラシを持っている人が、切り取って店員さんに渡すことで、割引してもらえるのです。

番号を言うだけでは利用できないのがルールです。

仮に、番号を言うだけでクーポンを利用できるとします。

そうしたら、誰かに番号さえ聞けば、その番号を言うだけで誰でもクーポンを利用できてしまうことになりますよね。

きちんとルールを守って、正しく利用しましょう。そのほうが、お互いに気持ちが良いですね。

スマホアプリのクーポンをお店で使うとき

マクドナルドのクーポンはお店で注文するときにスマホのクーポン番号を提示して利用します

公式アプリ以外は「クーポンを使う」というボタンだけなので、使いたいときにボタンを押します。

今回は公式アプリでの使い方を詳しく説明しますね。

公式スマホアプリには「お店で使う」ボタンと「モバイルオーダーで使う」ボタンがあります。

お店で使うボタンの場合

クーポンは、1回につき2つまでの注文に限られますが、期限が切れるまでは何度でも利用できます。

以下の手順で行います。

  1. クーポン画面から、使いたいクーポンを選んで「お店で使う」ボタンを押す
  2. 画面に表示されるクーポン番号を店員さんに提示する。複数のクーポンを選択した状態のときは画面を提示することで、まとめてクーポンを利用できる

以下、クーポン番号が表示されている画面の例です。

お店で使う STEP2
引用:マクドナルド公式サイト

画像のように、店員さんに注文時にクーポン画面を提示するように表示されます。

スマホのクーポン画面をスクショして利用しないでくださいね。

スクショすると「スクショしたクーポンは使用できません」という表示が出るはずです。

「お店で使うボタン」を押して、クーポン番号の表示されている画面を店員さんに提示する。

使い方はとても簡単でしたね。

お店によっては、選択したクーポンのメニューの取り扱いをしていないことがありますので、ご確認くださいね。

モバイルオーダーで使うボタンの場合

モバイルオーダーは、お店から離れた場所からでも注文と決済ができます。

モバイルオーダーは公式アプリで表示されている画面のクーポンしか利用できません。

さらに、Web版のモバイルオーダーでは、クーポンの利用ができないので、クーポンを利用するには公式アプリのインストールが必要です。

「お店で使う」ボタンと違うのは、「モバイルオーダーで使う」ボタンを押したら、次に、「どちらの店舗で受け取りますか?」と表示されます。

「モバイルオーダーで使う」ボタンを押したとき、選択したクーポンによっては、「この店舗には選択した商品のお取り扱いがありません」と表示されます。

お店によってはあなたの選択したクーポンを利用することができない場合があるので、ご確認ください。

以下の手順で行います。

  1. クーポン画面から使いたいクーポンを選んで「モバイルオーダーで注文する」ボタンを押す
  2. 受け取りたい店舗を選択する
  3. レジに進む(複数注文するならまずはカートへ追加)
  4. ご利用方法(店内で食事か持ち帰り)を選択する
  5. 決済方法を選んで「次へ」ボタンを押す
  6. 「受け取りに進む」ボタンを押す(お店に到着したときに押してください)

「受け取りに進む」ボタンを押すと、もう決済が確定しますのでご注意くださいね。

もし取り消すなら、「受け取りに進む」ボタンの下に「注文をキャンセルする」ボタンがあります。

混雑時などに待つことなく、自宅で簡単に注文できて、お店に取りに行くだけなので、楽ですし便利ですね。

モバイルオーダーで注文したときも、お店でクーポン番号の画面を提示します。

マクドナルドでクーポンを利用した実体験

公式アプリで獲得したクーポンを「お店で使う」ボタンを押して、近くのマクドナルドに行きました。

私は番号を言うだけでは使えないのは知っていたので、カウンターでスマホを出しながら、クーポン番号の画面を表示させておきました。

このとき、まだ店員さんに画面提示はしていなくて、自分の手元で操作をしていました。

使いたいクーポンの商品が販売終了になっていたので、慌てて別の商品を探して、提示するのをすっかり忘れてクーポン番号を思わず言ってしまいました。

そうしたら、店員さんが「はい、承知しました」と言ってくださって、そのままレジ打ちしてくれたのです。

これは、私がスマホ画面を見ながら操作をしているのを店員さんも見ているので、「不正はしていない」と、判断してくださった、優しさですね。

手元にスマホを持っていなかったら、「提示してください」と言われたと思います。

基本的なルールは、スマホ画面に表示されたクーポン番号を店員さんに提示する、が正解です。

スマホを持っていくのを忘れないようにしましょうね。

マクドナルドのチラシなど紙のクーポンの使い方

スマホが普及してから、チラシのクーポンよりスマホアプリのクーポンを使う人が増えました。

紙のクーポンはチラシから切り取って使う必要があり、1枚につき1回限りの利用で、店員さんに渡したら回収されます。

なので、スマホアプリのように、何度も使うことはできません。

チラシをプリンターやコピー機でコピーして利用しないでください。

アプリやネットが普及しても、2022年現在もチラシクーポンは続いていて、ネットの苦手な人でも利用できるのがチラシの良いところですね。

公式アプリであまり見かけないクーポンも出ていることがあります。

切り取って店員さんに渡す必要があるので、お店のカウンターで慌てないように、予め切り取っておくといいですよ。

紙のクーポンは忘れないように、常にお財布に入れておきましょう。

ところで、スマホのクーポンと紙のクーポンは併用できるのかな。

スマホアプリのクーポンと紙のクーポンの併用は可能ですよ。

ただ、マクドナルドのクーポンの注意書きをよく確認してくださいね。

主に下記のように書かれています。

  • 1回限り1枚で2セットまで(紙のクーポン)
  • 1回の表示につき2個まで(スマホアプリ)

つまり、スマホアプリでの利用は1回の表示で2個までなので、紙のクーポンを併用したら、3個までということですね。

クーポンを上手に利用して、割引価格でお得にお買い物をしましょう。

マクドナルドのクーポン番号はドライブスルーも要提示

マクドナルドのドライブスルーでは、注文のときにマイクに向かってクーポン番号を言いますが、会計のときにはスマホ画面を提示する必要があります。

紙のクーポンなら渡します。

番号を言うだけで使えるわけではないのは、お店のカウンターで利用するときと同じですね。

基本的な使い方はお店のカウンターで注文するときと同じです。

  1. クーポン画面から、使いたいクーポンを選んで「お店で使う」ボタンを押す
  2. 注文するときにマイクに向かってクーポン番号を言う
  3. 会計するときにスマホの画面を提示するか、紙のクーポンなら渡す

お店のカウンターと違うのは、「注文するときにはマイクに向かってクーポン番号を言う」ということだけです。

クーポン番号を言うだけで、店員さんには何のメニューなのか伝わります。

通常ドライブスルーでは、マイクに向かってメニューを伝えますよね。

複数頼むと、お互いに結構大変です。

クーポンを使うときは番号を言うだけなので楽ですね。

ドライブスルーの場合も、お店によっては選択したクーポンのメニューの取り扱いがない場合があります。

ドライブスルーを利用するときに注意すること

注文の時点で間違いがないかを確認して、会計のときまでにスマホ画面の表示か紙のクーポンを準備しておきましょう。

注文するときには、店員さんがメニュー内容を確認してくれるので、聞き間違えのないように、その時点でクーポン番号と違いがないか、確認しましょう。

もしそのときに番号とメニューの認識間違えが起きたまま会計までいってしまうと、会計のときに「注文した商品じゃないです」ということになりますね。

時間のロスにもなりますし、後ろで待つ車に迷惑をかけることになりますので、注文の時点できちんと確認しましょう。

また、スマホ画面なら表示させておき、紙のクーポンなら切り取って準備しておきましょう。

ドライブスルーの場合、特に、会計がスムーズにできるようにしたいものですね。

準備しておけば、会計するときになって、慌ててクーポンを探さなくて済みます。

ドライブスルーを利用して要提示について感じたこと

会計のときにスマホを提示しなければいけませんが、店舗や店員さんの判断によっては、見せなくて済む場合もあるようです。

紙のクーポンは渡す必要があるので、必ず準備しておかなければいけません。

基本的なルールとしては、会計のときにスマホの画面は表示させて店員さんに提示する必要があります。

ところが、提示する・しないについては、非常にあいまいな部分があります。

ドライブスルーなら見せなくても平気だったわ。

ネット上で、ドライブスルーなら会計のときに見せなくても大丈夫だったという意見を見かけたのです。

友人も、「見せなくても大丈夫だったよ」と言うので、どういうこと?と思いました。

そこで、友人と近所にオープンしたマクドナルドに行って、実際にドライブスルーを利用してみたのです。

注文時にマイクでクーポンの番号を言って、いよいよ会計となり、ドキドキしていました。

結果、スマホ画面の提示を求められませんでした。

ところが、後日主人と別のマクドナルドのドライブスルーを利用したときは、「スマホ画面の提示をお願いします」と言われたのです。

友人と行ったときも、主人と行ったときも、手元にスマホは持っていたけれど店員さんには見えなかったと思います。

友人と行った店舗では、たまたま見せなくて良かった?と思いました。

調べたところ、店舗のルールだったり店員さんの判断だったりするようですね。

ドライブスルーなら番号を言うだけで、スマホ画面を提示しなくて良いのではなく、提示するのが基本的なルールです。

店舗や店員さんによっては画面の提示を求められることがあるので、必ずスマホの画面表示をして準備しておきましょう。

マクドナルドのKODOなどクーポン番号入手方法3つ

お店でも、ドライブスルーでも、クーポンは番号を言うだけでは使えないことは分かりましたね。

マクドナルドのクーポンは、KODO(コド)というアンケートに答えて無料でもらえるサービスと、スマホアプリ・チラシの3つの入手方法があります。

それぞれの入手方法3つを詳しく説明していきますね。

KODOの使い方も説明していきます。

マクドナルドのKODOクーポンの入手方法

KODOのクーポンはマクドナルド公式アプリのアンケートに答えることにより、無料でクーポンをゲットできます。

公式アプリの「アンケートにご協力ください」から、実際に利用したマクドナルドの店舗と日にちを選んで、2分以内に簡単なアンケートに答えていきます。

全部回答すると、翌日までに、無料のクーポンをもらえますよ。

KODOの特典は、ドリンクS・またはポテトS・またはソフトツイスト(マックデリバリーの場合はホットアップルパイ)のいずれかです。

アンケートの回答の仕方で、注意事項があります。

注意点
  • 1回の来店でアンケートは1回まで
  • 同一店舗への回答は月1回まで
  • 同日に2店舗以上のアンケートへの回答はできない

アンケートに答えるだけなので、とても簡単で、お得に無料のクーポンをゲットできますね♪

スマホアプリによるクーポンの入手方法

スマホのクーポンは、マクドナルド公式アプリ・スマートニュースアプリなどで会員登録をすると、クーポンをゲットできます。

アプリ自体は無料なので、お好きなクーポンを選んでください。

公式アプリのクーポンは、毎週金曜日に新しいクーポンが配布されます。

最新の、期間限定メニューのクーポンが配布されるので、お得にクーポンをゲットできますね♪

スマートニュースアプリに登録すると、クーポンの入手はもちろんのこと、無料でニュースや天気の状況なども確認できます。

また、LINEクーポンは、元々LINEアプリを利用しているならわざわざ会員登録する必要はありません。

LINEを利用している人は多いと思うので、「LINEウォレット」の中に「LINEクーポン」があります。

友だち追加で登録しておくといいですね。

定期的に、お得なクーポンの情報が届きます。

色々なアプリを調べましたが、個人的に公式アプリのクーポンは一番種類が豊富だなと思いました♪

チラシに付いている紙のクーポンの入手方法

紙のクーポンは主にチラシに付いていて、他にオークションやフリマアプリでも販売されています。

紙のクーポンは入手方法が3つあります。

  • 新聞折り込み:新聞の折り込みチラシで不定期に配布される
  • 店頭:不定期にクーポンチラシを置いてあったり、配布していたりしている
    商品を買ったときに、次回の新作のクーポンチラシをもらえることもある
  • オークションやフリマアプリ:クーポンが販売されていて、買うことが可能

紙のクーポンは新聞折り込みチラシや、お店に置いてあるとき、配布されたときにタイミングが良ければもらえるんですね。

普段は注文するだけで、店内をあまりゆっくり眺めていないので、今度行ったときは置いてあるのか確認してみようと思います。

また、オークションやフリマアプリでも販売されていることに驚きましたね!

Yahooオークションを調べてみましたが、格安の10円から、6枚1セットで1548円というのがありました。

送料がかかることも考えて、実際のクーポン価格より高くなってしまわないか、考えないと損をしてしまいますね。

また、クーポンには有効期限もあるので、買うときにはよく確認しましょう。

KODOクーポンの注意点と使い方について

KODOのクーポンも画面を提示するところについては同じですが、有効期限があり、また、KODOクーポン単体で利用することはできません。

商品を買うときに1回の会計で1枚限りのクーポンです。

KODOのクーポンを使うときの注意事項です。

注意点
  • KODOのクーポンは獲得してから約2週間以内の期限があり、その間に利用しないと消滅してしまう
  • 併用できるクーポンは割引クーポンだけ。無料券(商品引換券)や株主優待券などの、お会計が「0」になるようなクーポンとの併用はできない
  • 無料クーポンだけで店舗を利用することはできないので、なにか別の商品を買ったついでとしてKODOのクーポンを利用する

KODOのクーポンを使用する方法は「お店で使う場合」「モバイルオーダーで使う場合」「マックデリバリーで使う場合」のいずれかです。

お店で使う場合

お店で注文する直前に、「お店で使う」ボタンを押してくださいね。

一度ボタンを押してしまうと、注文をしなかったとしても、30分経つと自動でクーポンが削除されてしまいます。

「お店で使う」ボタンを押した後の取り消しもできません。

「取消ボタン」を押すと、クーポンは削除されてしまうので、ご注意くださいね。

モバイルオーダーで使う場合

「モバイルオーダーで使う」ボタンを、決済する直前に押してください。

決済後に注文が確定しますと、クーポンが自動的に削除されます。

決済確定後は取り消しができないので、ご注意くださいね。

マックデリバリーで使う場合

「お店で使う」ボタンを押して、マックデリバリーの注文に進みます。

公式アプリとマックデリバリーは別物なので、マックデリバリーのアプリをインストールしましょう。

マックデリバリーでは再度会員登録が必要です。

マックデリバリーは、本来クーポンは使用できないのですが、KODOのクーポンに限り、ホットアップルパイがもらえます。

KODOクーポンだけでの利用はできず、またデリバリーは最低1500円以上(朝マックは1000円以上)の商品を注文する必要があります。

クーポンコード欄があるので、「KODO+数字」とクーポン番号を入力してください。(数字は公式アプリのKODO画面に表示されています)

私はホットアップルパイが大好きなので、KODOのアンケート回答後は、マックデリバリーで注文して、ホットアップルパイをもらおうと思いました。

ところが、ドジをしてしまい、決済画面で 「この内容で注文する」ボタンを押し忘れたまま放置してしまいました。

なので、再度クーポン番号を入力しようとしても、「このクーポンは既に使われています」と表示されました。

何度も不正利用できないように、きちんと管理されているのですね。

同一店舗への回答は月1回までなので、また別店舗へ行ったらアンケートに回答して、今度こそホットアップルパイのクーポンをゲットします(笑)

KODOのクーポンは、アンケートの回答でもらうことができるので、マクドナルドを利用したら、積極的にアンケートに回答しましょう。

まとめ

  • マクドナルドのクーポンは、スマホアプリの番号が表示されている画面を提示するか、紙のクーポンなら渡さないと番号を言うだけでは使えない
  • マクドナルドのクーポンはスマホアプリの利用をしている人へのサービスとして配布しているので、提示することで不正利用してないかを確認している
  • マクドナルドの公式アプリの場合、モバイルオーダーの注文でもクーポンを使用することができる
  • 紙のクーポンはチラシから切り取って使う必要があり、1枚につき1回限りの使用で、店員さんに渡したら回収される
  • ドライブスルーでは注文のときにはマイクに向かってクーポン番号を言うが、会計のときにはスマホ画面を提示するか、紙のクーポンは渡す必要がある
  • ドライブスルーでは店舗や店員さんの判断でスマホ画面を提示しなくて済む場合もあるが、番号を言うだけで画面を提示しなくて良いというわけではない
  • KODO(コド)とは、マクドナルドの公式アプリでアンケートに答えると、無料でクーポンがもらえるサービスで、KODO専用のクーポン番号が表示される
  • クーポンはスマホアプリやチラシでも入手できる

マクドナルドのクーポンは、番号を言うだけで使えるなら、番号を知ってしまえば誰でも割引できてしまう、と思っていたんですよね。

ドライブスルーは時間のロスなども考えて、店員さんの判断でスマホ画面の提示を省略していることがあるのかもしれません。

でも、基本的にはスマホ画面を提示する、紙のクーポンは渡すのがルールなので、スマホやチラシを忘れないように常に携帯しておきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました