メローイエローの販売中止理由は謎!通販なら買える?徹底検証した結果

食品

メローイエローと聞くと懐かしくなりませんか?今共感してくれたあなたはきっと私と同世代です(笑)

メローイエロー好きだったのに、販売中止になった理由は?

実は明確な理由が不明で、コカ・コーラの公式サイトでも理由は発表されていません。

メローイエローは1983年にコカ・コーラから発売されて、2000年に販売中止になりました。

その後何度か復刻・販売中止・復刻を繰り返しています。

もしかしたら、いつかまた、復刻する日がくるのでしょうか。

徹底検証しましたら何と、日本では販売中止ですが、通販でアメリカのメローイエローを買うことはできるとわかったのです!

今回は、メローイエローの販売中止理由と歴史について、そして、メローイエローの代用品となる商品を、ご紹介していきたいと思います。

メローイエローの販売中止理由は謎!復刻と再販の歴史

メローイエローは1983年にコカ・コーラから発売されました。

発売当時も斬新なドリンクが出たと話題になりましたが、そろそろ販売中止になるらしい、など情報があったわけではなく、こつ然と姿を消したのです。

2000年に販売中止になりましたが、その明確な理由は明かされておらず真実は謎のままですが何度か復刻と販売中止・復刻を繰り返してきました。

そして2022年現在は日本のどこかで見かけることはなくなりました。

残念ながら、コカ・コーラさんからもはっきりと「復刻したこともありましたが今後再販予定はありません」との回答がありました。

メローイエローは健康ブームの時代からは外れた?

メローイエローが販売中止になった理由を探ってみます。

メローイエローに限らず、好きで飲んでいたドリンクがもう販売していない?と、気がつくのはしばらくしてからですよね。

販売中止した当時のことを明確に覚えている人は少ないと思います。

販売中止した理由の1つとして、2000年前後から、世の中的に健康ブームになっていく流れが始まった頃だからなのかという説があります。

色々な理由を言われている中で、個人的にはその説に一番納得しました。

メローイエローって、カフェインも多いしカロリーも高かったので、時代に合わなくなったのかもしれませんね。

他にはこのようなウワサもあります。

販売中止の理由
  • 売上が伸び悩んだのでは?
  • コカ・コーラほどは人気が出なかった
  • 味のリニューアル化をするところなのでは
  • 果汁1%とか合成着色料が含まれていたから消費者が買うことをためらったのでは

コカ・コーラの公式サイトでも販売中止の理由は発表されておらず、全てウワサの話であり、理由は謎のままです。

販売中止の2000年前後からは、ちょうど健康志向が高まり、食生活には様々な自然素材を活用する流れとなっていき、ブームになりました。

「こんにゃくゼリー」「黒豆ココア」「寒天(寒天ダイエット)」「豆乳クッキー」などなど。

その背景には、健康情報番組や雑誌などがあり、影響は大きかったと思います。

そのような中、メローイエローは次のような飲料でした。

カロリー100mlあたり52kcal 果糖ブドウ糖液糖・ 酸味料・ 香料・ 保存料・カフェイン・リン酸塩・黄色4号(着色料)

更にバレンシアオレンジ果汁も含まれていました。(1%)

コカ・コーラでも45kcalですから、結構カロリーもありますし、おまけにカフェイン入りで、添加物も多いですね。

時代に合わなくなった飲み物として、販売中止の方向で決めたのでしょうか。

コカ・コーラも今では「コカ・コーラゼロ」「コカ・コーラゼロカフェイン」があるくらいですものね。

メローイエローはさわやかな柑橘系炭酸飲料

世代を問わず、コカ・コーラを知らない人はいないと思います。

でもメローイエローは、若い世代の人は名前すら知らないかもしれませんね。

メローイエローはさわやかな柑橘系で「CCレモン」や「オロナミン」のような味の炭酸飲料でした。

メローイエローはコカ・コーラのように世界的にも有名なヒット商品とはいかなかったのです。

でも、シトラス系の、ごくごく飲める甘くてまろやかな酸味が子供に人気でしたね。

私の記憶にも残っています。

僕は小学生の時、プールの帰りによく飲んでたよ。

当時松居直美さんのCMで「とっても訳せない味」をキャッチコピーとしていましたが、結局それはどんな味でしょうか。

味の形容はよくこのようにされていました。

  • さわやかな柑橘系
  • とにかく甘いシトラス系
  • 何と表現したら良いのやら複雑な味
  • 口当たりがまろやか
  • お父さんの整髪料の香り

なんとも形容が難しい謎の味ということだそうです。

2006年のgooランキングでは「もう一度飲みたいドリンクランキング」で1位を獲得しています!

メローイエローの復刻と再販を繰り返した歴史

メローイエローは瓶や缶は鮮やかな黄色の地に緑と赤で「mello Yello」と表記されたさわやかな柑橘系の味がする炭酸飲料でした。

販売中止の2000年以降も2004年に復刻・その後販売中止・再販を繰り返しています。

2004年と言えば子育てで忙しくしていた時期で、復刻されていたことすら知らなかったです。

セブンイレブンで販売していたから買ったわよ。

今ならSNSの普及ですぐに話題になるはずですが、2004年頃だとまだSNSは普及していませんでした。

ウィキペディアを参考に、年表にしてみました。

1979年アメリカで販売開始
1983年日本で販売開始 当時松居直美のCMキャッチコピー「とっても訳せない味」で話題に
2000年生産終了販売中止
2004年セブンイレブンより期間限定で復刻版が発売
2006年検索サイトgooの「もう一度飲んでみたいソフトドリンク」1位獲得
2011年6月再び復刻 全国で発売されることがコカ・コーラシステムより発表 味は無果汁になる
2012年5月リニューアル 従来の350ml・500mlペットボトルに280mlペットボトルと1.5Lペットボトルが追加
350ml缶はフタが金色に変更された
2017年2月北陸地方自販機限定で250ml缶が再発売 
パッケージデザインは初期のものがベースだが、
中身は2011年版と同じ その後西日本・北海道地方でも発売

6月自販機限定で430mlペットボトルが再発売 パッケージデザインは2011年版がベースとなっている
2022年もうどこにも売っていない 販売中止

2011〜2017年頃まではAmazonやYahooなどの通販サイトでも箱買いできたという情報を見つけました。

2022年現在のTwitterでも「メローイエロー」が懐かしい!とツイートしている人が多くいます。

発売当時は「訳せない味」とキャッチコピーがあったくらい、分かりづらい謎の味だったのが、再復刻した頃は無果汁になって分かりやすい味になったそうです。

これだけ復刻を繰り返していたなら、子供時代に楽しんでいたあの味をいつかまた楽しめる?と期待したいところですね。

メローイエローを通販で買える3つの方法徹底検証

メローイエローはアメリカではまだ現在でも自販機や通販で売られているようですね、羨ましいです。

諦めが悪い私は、昭和レトロな自販機が並ぶところならあるかも!と探しましたが、販売中止されているのだから、あるわけないですね、なかったです。

ネットでも色々と調べましたが、日本は全国各地どこでも、見かけたという人はいないようですね。

調べたところ、アメリカではまだ販売されているので、手軽にとはいかないですが、購入できる方法を見つけました。

方法は3つありますので、ご紹介しますね。

1.アメリカのAmazonサイトにアクセスする

アメリカのAmazonのサイトは日本でアクセスしているサイトとは違いますし、アカウントも新たに作成しなければなりません。

実際に日本でもよく見たあの黄色いパッケージの物が売られていました。

他のパッケージデザインの物も売られています。今でも人気があるようです。

アメリカでも、販売中止になった地域もあるそうで、Amazonでしか買えないから販売をやめないでほしいというレビューがありました。

アメリカのAmazonのリンクを貼っておきます。

アメリカのAmazonサイト

日本もしくはお住まいの地域によっては配送は対応していない場合もあるので、ご注意ください。

2.輸入代行業者にアクセスする

アメリカのAmazonで、その住所に発送できないと表示されましたら、輸入代行サービスがあります。

こちらに問い合わせたところ、Amazonの商品の代行も可能だということでした。

こちらもリンクを貼っておきます。

アメリカの輸入代行US-BUYER.com

調べたところ、結構アメリカのAmazonから商品を輸入代行依頼をされている方がいます。

3.日本のAmazonと楽天市場にアクセスする

あのAmazonと楽天という、大手通販サイトでメローイエローが売られているのを見つけました。

そんなはずはない。もう販売中止になったでしょ。

日本の物ではありません。味もリニューアルされてパッケージや成分も変わりましたが、シトラス系の味でメローイエローであることに間違いはないです。

アメリカに住む方が「味などは変わりましたが、コカ・コーラ製造の物のようです」と教えてくれました。

日本でも、復刻した頃は無果汁になってパッケージが変わりましたよね。

アメリカのAmazonサイトにも同じものが販売されています。

楽天市場に問い合わせたところ、アメリカから取り寄せた物を倉庫に入庫して、ヤマトアメリカを通して日本に発送されるということでした。

ただ、お値段を見ていただくと分かると思います。

とてもお手頃価格とは言えないお値段ですね。

もう日本でも、アメリカの一部地域でも販売中止になったレア物だからなのかもしれませんが。

アメリカからお取り寄せする商品なので、通常のネットショッピングのように手軽にとはいかないかもしれません。

でももう飲めないと諦めていたメローイエローが飲めるなら、少し頑張ろうかな〜と思いますね。

またメローイエローを楽しめるなら通販で買ってみよう。

マウンテンデューならメローイエローと味が変わらない

マウンテンデューはメローイエローの先駆けの商品で、アメリカでは1958年、日本では1981年に発売されました。

日本のサントリーから発売され、マウンテンデューの販売シェアに後からメローイエローが入ってきた、言わばライバル商品ですね。

マウンテンデューはメローイエローよりもまだ日本で手軽に買うことができて、味や色味もよく似ているので代用品として楽しむことができます。

メローイエローの味が懐かしくなったら、マウンテンデューを味わい、思い出してみましょう。

マウンテンデューは一部店舗や通販サイトで買える

メローイエローは通販サイトでそれなりのお値段を支払えば楽しむことはできるんですね。

しかしいくら飲みたくても、そこまで高額な金額は払えないよ!というあなたに、メローイエローとよく似た味のマウンテンデューを紹介します。

メローイエローとは違い、日本でも一部の店舗や通販サイトで手軽に、お値段もお手頃価格で買うことが可能です。

でもマウンテンデューも販売中止になったよね。

確かに一部地域では販売中止になり、手に入れるのが難しくなりました。

こちらも販売中止となった理由はサントリーからもはっきりとは公表されていません。

私の住む地域で、自販機で売っているのは見かけました。

mellow-yellow-selling-discontinued

残念ながら行った時は売り切れでしたけど、マウンテンデューならまだ自販機などで手に入るんですね。

調べたところ、以下の店舗や通販サイトでも買うことができます。

  • スーパー:西友・イオン
  • ドン・キホーテ
  • コストコ(フードコートで飲める)
  • 通販サイト:Amazon 楽天 Yahoo

販売中止の地域以外なら身近なスーパーやコストコなどで飲めるんですね。

また、通販サイトで箱買いするとお得に買えるので、紹介します。

メローイエローよりもお値段もお手頃で、似た味ならこちらを代用品として楽しんでもいいですよね。

マウンテンデューは炭酸弱めで人工着色料不使用

メローイエローとほとんど変わらないシトラス系の味と言われるマウンテンデューですが、違いもあるはずです。

ですが違いを調べても、強いて言うなら、メローイエローより炭酸が弱めで、人工着色料は不使用でということくらいでした。

昔はみかん果汁が含まれていたそうですが、今は含まれなくなったそうです。

もう一度メローイエローの味と成分も載せますね。

マウンテンデューはどのように味が形容されていたか、メローイエローと比較しながら紹介します。

成分
メローイエローさわやかな柑橘系
とにかく甘いシトラス系
何と表現したら良いのやら複雑な味
口当たりがまろやか
お父さんの整髪料の香り
カロリー100mlあたり52kcal 果糖ブドウ糖液糖・ 酸味料・ 香料・ 保存料・カフェイン・リン酸塩・黄色4号(着色料)
マウンテンデューさわやかな柑橘系
栄養ドリンクのような味
甘いシトラス系
ありそうでない不思議な味
カロリー100mlあたり50kcal 果糖ブドウ糖液糖・酸味料・香料・カフェイン・保存料
カロチン色素

味にほとんど変わりはありません、メローイエローと思って楽しむことが可能ですね♪

含まれている成分も、人工着色料が含まれていないという以外は、メローイエローとほぼ変わらない成分です。

味も成分もほとんどメローイエローと変わらないマウンテンデューを飲みながら、メローイエローを懐かしく思い出してみましょう。

まとめ

  • メローイエローが2000年に販売中止になった明確な理由は不明で、コカ・コーラ公式サイトでも理由は明かされていない
  • 販売中止理由の1つとして、2000年前後から世の中的に健康ブームになっていく流れが始まった頃だからかもしれない
  • メローイエローはさわやかな柑橘系で「CCレモン」や「オロナミン」のような味の炭酸飲料として人気があった
  • 販売中止の後何度か復刻と販売中止・復刻を繰り返してきた
  • メローイエローはアメリカのAmazonサイトで販売されている
  • アメリカのAmazonサイトの商品を輸入代行してくれるサービスがある
  • メローイエローは日本のAmazonや楽天市場でアメリカから取り寄せる形で購入できる
  • Amazonや楽天市場で購入できるメローイエローは日本の物ではないし、味もリニューアルされてパッケージや成分も変わっている
  • マウンテンデューはメローイエローよりもまだ日本でお手頃価格で買うことができる
  • マウンテンデューはメローイエローとほぼ変わらない味なのでメローイエローの代用品として楽しめる

もう販売中止から22年経ちましたが、未だにメローイエローを懐かしむ声もあり、私もまた飲みたいなと思っています。

Amazonや楽天市場から購入できるのは調べるまで知らなかったので、頑張って買ってみるのもいいですね。

そして、マウンテンデューと飲み比べをしてみたいです。

この記事が、もう飲めないと諦めていたあなたに、少しでも役に立つ情報となったらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました