もやしを冷凍するとまずい⁉理由と対処法や解凍後の調理法を紹介

食品

家計がピンチの時のお助け食材、もやし。

常に安定した安値をキープしていて、我が家でも頻繁に食卓に上がるありがたい存在です。

そんなもやしを買いだめをして冷凍保存、なんてこともありますよね。

ですが、その冷凍保存をしたときに「まずい」と感じることも。

冷凍したもやしがまずいと感じるのは、冷凍中に傷むことで酸っぱいにおいが強くなるのが原因です。

せっかく安く買ったもやしでも、まずいから食べられない、なんてことになったらもったいないですね。

正しいもやしの冷凍方法やレシピをマスターしていきましょう!

もやしを冷凍したらまずいのは傷んでしまうのが原因

冷凍したもやしを食べたときにまずい、と感じる原因は冷凍しているうちにもやしが傷んで、酸っぱいにおいがするから。

もやしは水分を多く含んでおり、冷凍するとその水分が腐ってきてしまうため、あの酸っぱいにおいが発生してしまうのです。

普通に置いておいたときに、もやしから茶色っぽい水が出てくることありませんか?

(我が家では使いかけていたのを忘れてしまい、冷蔵庫の奥から出てきてびっくりすることがあります。汗)

あの茶色い水はもやしから出てきた腐った水です。

あの水って鼻につーんとくるんですよねぇ……。

食べるときににおいがしたら、「まずい」と感じてしまいますよね。

ちなみにそんな状態でも、水でよーく洗ってから水を切り、においが気にならない状態であれば食べることは可能です。

もやし自体が変色していたり、洗ってもにおいが取れない場合は残念ながら廃棄となってしまいますので、そうならないよう気を付けましょう。

(と、自分に言い聞かせてみる。笑)

せっかく買ったもやしが傷んでしまってまずい!とならないための上手な冷凍保存の方法をご紹介します!

もやしを上手に冷凍保存する方法を2つ紹介

そもそも、もやしは生鮮食品に分類されるように、非常に傷みやすい食材です。

冷凍せずとも保存容器に水を張った状態で冷蔵庫に入れておけば2~3日は新鮮な状態で保存できますが、私のように大量まとめ買いをしたときはそれでは追いつきませんね。

冷蔵庫がもやしでいっぱいになってしまいそう……笑

もやしを上手に冷凍保存する方法は「買ってきた状態で未開封のまま保存」か「サッとゆでて小分けにする」の2つです。

上手に保存して、最後まで美味しく食べきりましょう。

①買ってきた状態で未開封のまま保存

封を開けていなければ、余分な雑菌が入ってこないので、きれいな状態で冷凍保存できます。

冷凍もやしをまずい、と感じる原因の傷みを防ぐことができる、ということですね。

その際には、袋ごとフリーザーバッグに入れて保存するとよいですよ。

おおむね2週間程度、保存が可能です。

②さっと茹でて小分けにする

一袋まるまる使い切れない場合は、ゆでてから冷凍保存するのがおすすめ。

加熱してもやし内部の水分を飛ばすことで、品質の低下を防ぐことができます。

沸騰したお湯で1~2分茹でたら、よく水を切って冷まし、ジップロックなどに入れて保存しましょう。

ひと手間かかりますが、ひげ根を取ってから茹でて保存するとさらに長持ちします。

茹でずに水洗いのみで冷凍するのはあまりお勧めできません。解凍後、もやしから大量の水分が出てきてしまい、旨味が減ってしまうからです。

また、保存の際は袋の中の空気を抜くことを忘れずに!

ひと手間かけるのが、おいしさを保つコツ!

もやしを冷凍した時のおすすめレシピ3選

上手に冷凍保存をしても、どうしても風味が落ちてしまうのはどの食材にも言えることですが、もやしはそれが特に感じられる食材な気がします。

冷凍すると水分が抜けるので、普通に食べるよりもシャキシャキ感が少なくなります。

その分味がしみこみやすくなるそうですよ。

冷凍したもやしは加熱していただくのが大前提です。

冷凍もやしを使ったおすすめレシピを3つご紹介します!

ちなみに冷凍もやしは解凍せずそのまま調理してくだいさいね。

なぜなら、解凍すると水分が出てきてしまうので、あっという間に傷んでしまうからです。

冷凍して固まったまま加熱しても、すぐにほぐれるのでご安心を。

それでは簡単レシピをいくつかご紹介します!

①炒め物でどんな味付けとも相性ばっちり!

和風・洋風・中華・エスニック・・・どんな味付けでもイケてしまうのがもやしのいいところ。

ですが、シンプルに塩コショウだけでも十分おいしいですよ。

我が家の定番メニューは「豚にらもやし」です。

<とっても簡単!豚にらもやし>

豚肉ともやしとにらを炒めて、お好きな味でめしあがれ!

ちなみに我が家では焼き肉のたれか中華味(オイスターソースか香味ペーストがとっても簡単♪)が多いです。

②サッと茹でて簡単サラダに

「無限〇〇」なんてレシピが流行っていますが、もやしも無限レシピと抜群に相性が良い食材です。

<無限もやし~中華風>

冷凍のままサッと茹でたもやしを鶏がらスープの素とゴマ油で和えれば簡単ナムルの出来上がり!我が家でも大好評の一品です。

塩昆布と和えてもおいしいですし、ハムやキュウリと合わせてサラダにしたり、豚肉やほかの野菜と一緒に茹でて冷しゃぶとか、お鍋にいれてもおいしいですよね。

さすが万能食材、もやしです。

③スープやみそ汁に入れてボリュームアップ

短時間で火が通るので、食感を活かすためにも仕上げの直前に入れるのがポイント。

ワンタンスープやかきたまスープなどはもちろんのこと、お味噌汁の具としてもイケます。

ほかにも、もやしを使ったおいしいレシピはたくさんありますので、レシピサイトなどで見てみてくださいね。

まとめ

  • 冷凍したもやしがまずいのは、冷凍しているうちにもやしが傷んで、酸っぱいにおいがするから。
  • まずいもやしにならないための冷凍保存方法は「買ってきた状態で未開封のまま保存」か「サッとゆでて小分けにする」の2つ
  • 冷凍保存したもやしは、シャキシャキ感は減るが味がしみこみやすいので、炒める、茹でるなど加熱してから好みの味付けで食べるのがおすすめ

以上、もやしについて色々調べてみました。

まだまだ食料品の値上げが続くようなので、救世主もやしはこれからも大活躍すること間違いなし!

せっかく買ったもやしがまずい!ということにならないために、上手に冷凍保存をしておいしいもやし料理を堪能しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました