お見舞いメールを友人に送る時のポイントは?上司や家族向けの例文も紹介

生活

大切な友人がケガや病気で入院している、という知らせを聞いたら、とても驚いて、心配になりますよね。

今すぐお見舞いに行きたいけど、そういう訳にはいかないことも多々ありますよね。

そんな時にはまず、お見舞いメールを送ってみましょう。

普段のメールは気軽に送れるけど、お見舞いのメールとなると気を使って、書き方がこれでいいのか不安…。

今回、友人にお見舞いメールを送る時の、書き方のコツを調べ、実際に送る時の参考として例文を作成しました。

また、知っておいて損はない、仕事の上司や取引先、家族へのお見舞いメールの書き方や例文も紹介しますよ。

メールの文面に悩んでいるあなたは、ぜひご覧ください。

 

 

お見舞いメールを友人に送る時の書き方のコツは?

親しい友人に病気やけががあったら心配ですよね。

友達を心配している気持ち、元気になってほしい気持ちは伝えたいけれど、負担になってはいけないし…と悩んでしまうこともあるかもしれません。

お見舞いメールを友人に送る場合、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか?

友人へのお見舞いメールの中にぜひ入れてほしいことと、避けた方がよいことを解説いたします!

 

お見舞いメールにぜひ入れてほしい内容3つ

お見舞いメールを送る時に、主に書くことは以下の3つです。

  • 状況を尋ねる言葉
  • 相手を気遣う言葉
  • 心のこもった励ましの言葉

1つずつ、具体例と共に詳しく解説していきます。

状況を尋ねる言葉

「体調はどう?」など、ご友人のことを思う気持ちを伝えましょう。

相手の状況があまりつかめていない場合は「~と聞いて心配しています。」など、ご友人を思う気持ちを伝えることに留めておいてもよいですね。

相手を気遣う言葉

「お大事にしてね。」「無理せず、体を一番に過ごしてね。」など、相手のペースで無理せず過ごしてほしい、という思いを伝えましょう。

「力になれることがあったら遠慮なく言ってね。」など、何かあったら協力するよ、という気持ちを伝えるのもよいと思います。

心のこもった励ましの言葉

ご友人にお見舞いのメールを送りたい、と思ったあなたは、きっとご友人に笑顔でいてほしい、元気になってほしい、という気持ちですよね。

「元気に退院できるよう祈っています。」など、ご友人の明るい笑顔を思い浮かべながら、元気になってほしい、という気持ちを素直に伝えましょう。

 

お見舞いメールで避けた方がいい内容4つ

お見舞いメールを送る場合、避けた方がいいのは以下の4つです。

  • 忌み言葉や重ね言葉
  • 追伸
  • 長すぎるメール
  • 「頑張れ」という言葉

なぜ、これらを避けた方がいいのか解説していきます。

忌み言葉や重ね言葉、ネガティブな表現

「忌み言葉」とは、縁起が良くないとされる言葉です。

苦しい・枯れる・落ちる・壊れるなど、死を連想させる言葉や、長引く・途切れる・朽ちる・倒れる・失うなど、ネガティブな言葉は避けましょう。

「重ね言葉」は、繰り返し=次もあるということを連想させるため、使わないようにします。

具体的には、重ね重ね・くれぐれも・たびたびなどです。

「くれぐれもお大事に」なんて言ってしまいそうですが、NGワードだったとは!

使ってしまいそうになったら、別の言い回しを考えましょう。

追伸

先ほど紹介した「重ね言葉」と同様に、「追伸」も繰り返す言葉に含まれるのだそうです。

英語のP.Sも、同様の意味になるので使わないようにします。

長すぎるメール

久しぶりのメールだと、いろいろ伝えたくなってしまいますが、病気の状態によってはメールの確認や返信さえ大変な場合もありますよね。

手短にお見舞いの気持ちだけを伝える文面に加えて、「返信は不要です」という旨も付け加えておくと親切ですね。

「体は元気で退屈している」「メールをしていた方が気がまぎれる」というような返信が返ってきた場合には、メールのやりとりを楽しむのもよいですね。

「頑張れ」という言葉

「頑張って!」は一般的に使われる励まし言葉ですよね。

しかし、これ以上頑張れない時や、自分の力ではどうにもできない時に「頑張って!」と言われると、辛く感じることもあります。

「無理しないで」「あなたのペースで」など、柔らかい言葉を意識しましょう。

 

 

友人へのお見舞いメールの例文をご紹介

友人宛にお見舞いメールを送る際の例文をご紹介します。

Aちゃんが入院していると聞いて、驚いて連絡しました。
体の具合はどう?
今まで仕事も一生懸命やってきた分、無理せず体を休めながら、ゆっくり過ごしてね。
入院中、欲しいものがあったら差し入れするから、遠慮なく言ってね!
今は休養が一番だと思うから、返信はしなくて大丈夫だよ。
退院したら、いつものメンバーで一緒においしい物食べに行こう!
Aちゃんが一日も早く回復して退院できることを、心から願っています。

以上の文面で、198文字になります。長すぎず、読みやすいように、200文字±50前後の文章をおすすめします。

入院した理由については深く詮索せず、友人を思っている気持ち、元気になってほしい気持ちを伝えるようにするとよいでしょう。

お見舞いメールとは少し違う話になりますが、以前祖父が亡くなったときに、幼馴染の友人が私を気遣ってメールを送ってくれました。

何かあったときに、私のことを心配してメールをしてくれる友人がいるということが、本当に嬉しかったです。

そして、私もそんな風に気遣ってくれる友人のことを大切にしたいな、と思いました。

お見舞いメールであなたが友人を思う気持ちが伝わるといいですね。

 

 

お見舞いメールを上司に送る時の書き方と例文

ここからは、知っておいて損はない、職場の上司や取引先にお見舞いメールを送る際の書き方や例文をご紹介します。

基本的な内容や避けた方がよいことは、友人にお見舞いメールを送る場合と同じですが、丁寧な言葉で失礼のないように書けるとよいですね。

普段はちょっぴり怖い上司や、緊張感の漂う取引先の相手でも、体調を気遣うメールをもらったら嬉しいはず!

上司や取引先には「ご回復」「ご静養」「お大事になさってください」「ご自愛ください」などの言葉に言い換えるだけで、丁寧な印象になりますよ。

上司や取引先の相手にお見舞いメールを送る際の例文をご紹介します。

件名:お見舞い申し上げます

○○部長

ご入院されたと聞いて、大変驚いております。
大きな病気ではないとのことで安心しておりますが、その後のご病状はいかがでしょうか。
○○部長のことですから、仕事のことが気にかかっていらっしゃるとは存じますが、△△部一丸となって進めてまいりますので、どうかご静養に専念されてください。
尚、ご返信はお気遣いないようお願いいたします。
○○部長のご回復を心よりお祈り申し上げます。

△△部 (あなたの名)

ビジネスメールの場合は、件名もマストですね。端的に、内容がわかる件名をつけましょう。

上司や取引先には、仕事の話題もたくさんあるとは思いますが、療養中の相手には、仕事の具体的な報告や連絡は避け、回復後に改めて連絡しましょう。

 

 

お見舞いメールを家族や親戚に送る時の書き方と例文

家族や親戚に向けたお見舞いメールを送る場面もあるかと思います。

基本は友人宛のお見舞いメールと同じです。気心の知れた家族なら、ある程度砕けた文体でも問題はありません。

義両親や叔父叔母など親戚の場合は、目上の方への礼儀として、丁寧な言葉で書くのがおすすめです。

普段からあなたを可愛がってくれている方には「退院したら、行きたがっていた○○に行こうね。」など、具体的なエピソードも書くと、きっと喜ばれますよ。

今回は、少し書き方に気を遣う方も多そうな、義母宛のお見舞いメールを例文としてご紹介します。

おかあさん、お加減いかがですか?
(旦那さんの名前)さんもとても心配していましたが、手術が無事終わったと聞いて、二人でホッとしています。
今回、お見舞いに伺えないのがとても心苦しいのですが、退院のお知らせを聞けるのを心待ちにしています。
ご返信は不要ですので、お身体お大事になさってくださいね。
文面で「お義母さん」と書くと、違和感や抵抗感をもつ方もいるかもしれないので、メールではひらがなで書くとよいでしょう。

 

 

まとめ

  • 友人へのお見舞いメールは「状況を尋ねる言葉」「相手を気遣う言葉」「心のこもった励ましの言葉」で構成するとよい
  • 友人へのお見舞いメールで避けた方がよいのは、「忌み言葉や重ね言葉」「追伸」「長すぎるメール」「頑張れ、という言葉」
  • 200文字±50字程度を目安にするとよい
  • 上司や取引先へのお見舞いメールも、基本は友人に宛てたものと同じだが、丁寧な言葉遣いで失礼のないように書く
  • 家族や親族へ宛てる場合、身近な家族なら砕けた文面で良いが、義実家や親戚などの年上の方には敬語で書くとベター

色々な方に宛てたお見舞いメールの書き方をご紹介しましたが、基本はどれも同じですね。

送る方としてはいろいろ気を使うこともありますが、あなたが相手を思ってメールを送っていることが伝われば、きっと温かい気持ちになってくれると思います。

あなたの大切な友人や周りの方が、早く元気になりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました