離乳食はいつから?4ヶ月より5ヶ月以降に!始めたあとの進め方も解説!

子育て

生後4ヶ月頃になると身長や体重の増加や生活リズムが付き始めるなど、子どもの成長を感じやすくなります。

そうなると、いつから離乳食をあげていいのか悩みますよね。

離乳食を始める目安は6ヶ月頃って書いてあるけど、4ヶ月に始めてもいいのかしら?

私の赤ちゃんも成長発達が他の子より早かったので、離乳食をいつから始めるか迷いました。

離乳食は生後4ヶ月よりは、生後5〜6ヶ月まで待ってから始めましょう。

早くから始めると内臓に負担がかかりやすい他、将来肥満になりやすいという研究結果もありますから。

本記事では我が子の育児体験も踏まえながら、離乳食をいつから始めるかの目安や進め方について解説します。

離乳食の負担を減らせるおすすめアイテムも紹介していますので、ぜひ参考にしてください

離乳食はいつから?4ヶ月より生後5ヶ月以降が良い!

成長を感じてきた生後4ヶ月頃、いつから離乳食を始めるか悩みますよね。

生後5〜6ヶ月頃に自分で座れて食べたいサインを出していることが、離乳食を開始する目安です。

生後4ヶ月で始めると内臓が未発達で下痢や便秘など体調不良や、肥満体質の原因になることもありますから。

離乳食をいつから始められるかは、赤ちゃんによって個人差があります。

この項目では離乳食を始める適切な時期や見極める観察ポイントを詳しく解説します。

離乳食デビューは生後6ヶ月が最も多い

離乳食は一般に、生後6ヶ月頃から始めるのが良いと母子手帳に書いてあります。

離乳食を始められる目安と発達段階が合うのがそのくらいの時期だからなんです。

もちろん成長発達は赤ちゃん一人ひとり異なり、6ヶ月に満たなくても離乳食を開始できる子もいます。

じゃあ離乳食はいつから始めるママが多いの?

離乳食デビューは生後5~6ヶ月というのが最も多いという調査結果があります。

開始時期実数構成割合(%)
総数 1,124100.0
3ヶ月未満151.3
3ヶ月00.0
4カ月90.8
5ヶ月45740.7
6ヶ月50544.9
7ヶ月988.7
8ヶ月以降403.6
引用:平成27年度 乳幼児栄養調査結果の概要

生後4か月で始めた子は0.8%と、調査結果からは早くに始める子の方が少ないことが分かります。

あくまでも乳児の成長発達には個人差があるので、その子に合わせてスタート時期を見極める必要があります。

離乳食開始の目安は座れて食べたいサインがあること

離乳食を開始する時期の目安を以下にまとめます。

〈離乳食を開始する時期の目安〉
  • 首が座っている
  • 寝返りを打てる
  • 5秒以上支えなしに座れる
  • スプーンを口に入れても押し出さない
  • 食べ物を見て口を動かしたり、手をのばしたりするなど興味を示す

首が座り、椅子などに座った状態を維持できるようになる目安が生後5〜6ヶ月頃になります。

しかし、早い子はもっと早くに座っていられるようになる子や食べ物に興味を示す子もいます。

あくまでも月齢は一つの目安。

大切なのは、親が子どもの「食べたい」というサインに気付いてあげることなんです。

そして赤ちゃんが食べたいサインを出していると感じたら、柔らかい舌触りのシリコンスプーンを口に近付けてみましょう。

赤ちゃんが舌で押し返さなければ、離乳食を始められる可能性が高まっています。

もし口に入れたものに対して母乳やミルクを飲む時の動き(吸啜反射)が見られるなら、離乳食開始は少し待ってみると良いでしょう。

☆4か月頃の赤ちゃんには歯固めも

歯固めはいつから使えばいい?成長に合わせて3ヶ月頃から様子見を

離乳食を早くに始めるメリットとデメリット

離乳食は多くのママが生後5~6ヶ月以降に始めています。

では生後4ヶ月など早い時期から離乳食をスタートする場合、以下のようなメリットがあります。

早くに離乳食開始するメリット
  • 離乳食でお腹を満たせるようになれば授乳が減るため、ママの負担軽減
  • 赤ちゃんが欲しがるタイミングの方が、スムーズに離乳食が進む
  • 食べ物を食べることにより、心身の成長発達を促せる

離乳食が進むことで授乳量が減って、母乳育児のママにとっては身体的な負担が軽減できます。

またほかの家族が食べる姿を見て赤ちゃんが食べたいというサインを出していたら、そのタイミングで始めることでスムーズに離乳食を始められます。

母乳以外の味に触れることで味覚の発達や、栄養摂取により成長発達の促進になります。

一方で離乳食を早くに始めるデメリットもあります。

早くに離乳食開始するデメリット
  • 内臓機能が未熟で負担がかかりすぎ、体調を崩してしまう可能性
  • 肥満体質の原因になりやすい

いくら赤ちゃんが食べたいというサインを出していても、内臓の発達が追い付いていないことがあります。

そのため早期に離乳食を開始すると負荷がかかり、便秘や下痢など体調を崩す原因になってしまうのです。

私の場合は生後5ヶ月ちょうどに離乳食を始めて、授乳量が減って私の身体がとても楽になりました。

特に下痢などになることもなく、現在もアレルギーもありません。

もちろん赤ちゃんにより個人差があるので、メリット・デメリットを読んで早くから離乳食を進めるか検討してくださいね。

離乳食開始を遅らせてもアレルギーを予防できない

実は離乳食の開始時期を遅れさせたからといって、アレルギー体質にならない保証はないのです。

食物アレルギーの発症を心配して、離乳の開始や特定の食物の摂取開始を遅らせても、食物アレルギーの予防効果があるという科学的根拠はない

引用:授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)

そうはいっても、食物アレルギーを起こさないか心配ですよね。

食物アレルギーは摂取してしまうと、以下のような症状が出ることがあります。

  • 湿疹、発赤、かゆみなど皮膚症状
  • 腹痛、嘔吐、下痢など消化器症状
  • 息苦しさ

重度の食物アレルギーでは、呼吸困難や血圧低下などアナフィラキシーショックを起こすこともあるんです。

新しい食材にチャレンジする時は、口周りや手など食材の触れる場所に湿疹がないかを確認しましょう。

また医療機関を受診しやすいよう、新しい食材は平日日中の特に午前中に挑戦しましょう。

夜間より日中の方が医療機関が開設しており、受診しやすいためです。

もし少しでも異変を感じたら、かかりつけ医に相談してくださいね。

離乳食はいつから始めた?進め方や準備するものを解説

離乳食を始めたらどんな進め方をすればいいの?

離乳食はつぶし粥から始めたら、約1ヶ月かけて野菜やたんぱく質にも少しずつ挑戦していきます。

アレルギー反応を起こすことがあり、医療機関の受診がしやすいよう新しい食材の挑戦は平日日中にしましょう。

また始める前に果汁やスープを与える必要はなく、生活リズムを整え、スプーンやベビーチェアなど用意しておくのがおすすめ。

この項目ではつぶし粥のレシピや開始1ヶ月のスケジュールも紹介していますので、離乳食を始めた後の流れも参考にしてくださいね。

離乳食はつぶし粥から!炊飯器で作るレシピ付き♪

離乳食はなめらかにつぶしたお粥から始め、少しずつ固さや大きさを変えていきます。

最初は1日1回から始めるため、毎日スプーン1匙分作るよりはある程度まとめて作ると負担を軽減できますよ。

炊飯器でまとめて作り、小分けにして冷凍すると負担を減らせます。

さらには食べさせる量だけ解凍すればいいので、パパも離乳食に協力できてママも助かりますよね。

では炊飯器で作るつぶし粥のレシピを以下に紹介します。

炊飯器でまとめて作るつぶし粥レシピ

<材料>
・精米 0.5合
・ざる、ボウル、ゴムベラ
・お湯
・シリコン製の製氷皿

<作り方>
①精米0.5合を洗って炊飯釜に入れる
②「5分粥」の0.5合の目盛に合わせて水を入れる
③「お粥モード」で炊飯開始
④炊けたらざるをセットしたボウルに取り出し、ゴムベラで裏ごしする
⑤ゴムベラからポタポタ落ちる程度になるまでお湯を入れて混ぜる
⑥完成したら製氷皿に入れ、冷めたら冷凍する
⑦赤ちゃんに与える際はレンジで解凍後、人肌程度までよく冷ましてからあげる

10分粥に限らず、粘度の高い離乳食を保存する際はシリコン製の製氷皿がおすすめ。

シリコンなど柔らかい素材の容器にすると、ポンと押し出すだけで簡単に取り出せるからです。

固い製氷皿ではくっついてなかなか取り出せず、私も無理に取り出そうとして容器を破損させたことがあります。

容器破損を繰り返さないために購入したこちらの商品が、とても使いやすかったのでおすすめです。

(ポチップ:「スケーター 離乳食冷凍小分けトレー[15ml×12]」)

離乳食は開始して間もない頃は一回量がとても少ないのです。

大さじ1杯ずつブロックにできるのがとても役立ちました。

またこの大きさが、2回食以降に量が増えた際でも分量調整がしやすいので、長い期間使い続けられるところもおすすめポイント。

ぜひこうしたアイテムを活用して、最小限の負担で離乳食を進めてくださいね。

最初の1ヶ月は2日から3日毎に小さじ1増やす

初めてつぶし粥を口にしてくれたら、ママもとっても嬉しいですよね。

私も自分の子どもに初めて一口あげたときは、食べてくれるかドキドキしましたし、飲み込めたときは本当に嬉しかったことを今でも覚えています。

最初の一口をクリアしたら、翌日も同じ量をあげましょう。

最初の小さじ1杯以降はいつから増やしていいの?

私が自分の赤ちゃんに離乳食を進める際は、以下の表のような進め方で行いました。

1~2日3~4日5~6日7~10日11~14日14~21日21~28日
つぶし粥大さじ2杯
野菜大さじ1杯
タンパク質小さじ1杯

もちろん進められるペースは赤ちゃんによります。

大事なことは自分の赤ちゃんの食べられる量に合わせて、少しずつ進めていくことなんです。

離乳食を開始したばかりの時期は母乳やミルクが栄養源の中心になっているため、表のようにスムーズに進まなくても心配する必要はありません。

また離乳食を始めた後、熱など体調が整わない時は休みましょう。

赤ちゃんにとって離乳食初期は、食べ物を口から摂取することに慣れてもらう時期ですから。

あくまでも目安として、赤ちゃんのペースで少しずつ離乳食に慣れていってもらいましょう。

離乳食を始めるまでに必要な物品を揃えよう

いつから離乳食を始めるか決めたけど、それまでに準備するものはあるかしら?

離乳食を始める前に、必要な物品を準備しておくとスムーズに始められます。

以下に私が自分の赤ちゃんに離乳食を開始する前に揃えておいてよかったものを紹介します。

<離乳食開始前に準備するもの>
  • 赤ちゃん用のシリコン製スプーン
  • お食事用のスタイ(防水加工のあるもの)
  • 製氷皿
  • 保存容器orジッパー付き保存袋
  • ベルト付きの赤ちゃんチェア

特に赤ちゃん用スプーンと防水加工付きのスタイは役立ちました。

赤ちゃんは大人と同じ金属スプーンを使うと、固さや冷たさに驚いて口から出してしまいます。

またティースプーンでも赤ちゃんの一口には大きいので、離乳食を始めたばかりの頃は赤ちゃん専用のシリコン製スプーンがおすすめなんです。

ティースプーンに比べて持ち手が長いので、口に運びやすいというメリットもあります。

そして赤ちゃんは離乳食開始後、食べ物やよだれでスタイが汚れます。

防水加工のあるスタイを使うと洗いやすく、汚れ落ちも良いので手入れが楽ですよ。

そしてもう一つ、赤ちゃんが座って食べる椅子も用意しましょう。

特にテーブル付きの椅子は、自分で食べるようになる頃まで長く使えるのでおすすめですよ。

椅子に座ったら食事の合図になり、スムーズに離乳食を進められました

離乳食の進行に合わせて、おかゆクッカーやすり鉢など便利な道具を増やしていくと良いですよ。

おかゆクッカーとは

おかゆクッカーとは精米と水を入れて、炊飯器や電子レンジで手軽におかゆを作れる調理器具のこと。
水加減を変えることで10分粥から軟飯まで作れるので、離乳食初期から長期にわたって活用できます。
大人の白飯と一緒に炊飯器に入れて作れるタイプや、電子レンジを使って短時間で作れるタイプがあり、離乳食作りを時短できます。

最初は一度にたくさん食べるわけではないので、進み具合や生活スタイルに合わせて便利なアイテムで時短していくのがおすすめです。

離乳食に向けてお腹が空くよう生活リズムを整えよう

これまで赤ちゃんが生まれてから、泣いたらすぐ授乳というリズムを繰り返してきたと思います。

しかし成長とともに授乳間隔が空き、一度に飲める量も増えていきます。

泣いたらすぐあげるのではなく、4〜5時間ほど間隔をあけ、お腹を空かせるリズムをつけましょう。

離乳食を食べる昼間はなるべく空腹にすると、離乳食を食べてもらいやすくなります。

また一日の中で赤ちゃんの機嫌が良い時間帯を把握しておくと、離乳食も機嫌良く食べてくれます。

赤ちゃんにとっても楽しく離乳食が進められるよう、離乳食開始前に生活リズムを整えておきましょう。

いつから離乳食を始めるか決めていなくても、少しずつ離乳食に向けて準備していくことで赤ちゃんにもママにも負担が少なく生活リズムを整えられます。

つぶし粥を始める前に果汁を与える必要はありません

今子育てをしているママが子供の頃は、離乳食の開始前に果汁を薄めて与えることが推奨されていました。

離乳食開始前にスプーンに慣れさせ、母乳やミルク以外の味も体験してもらうためです。

しかし離乳食そのものが母乳やミルク以外の味に慣れていくものであり、スプーンも吸啜反射の消失に伴い受け入れてくれるようになります。

生後5ヶ月以前の赤ちゃんにとって、エネルギー源はあくまでも母乳やミルク。

果汁や野菜スープを摂取することで、母乳やミルクの摂取量が減ってしまっては必要なエネルギーが不足するリスクにも繋がってしまいます。

母乳やミルクの量が減らない程度の少量であれば、スプーンで少量の薄めた果汁を与えても構いませんよ。

離乳食はいつから2回食?ごっくんできたら次のステップ!

離乳食を始めて1ヶ月くらい経つと、少しずつスプーンに慣れて食べる量も増えてきます。

いつから2回食に移行するのか、目安は口に入れたものをごっくんと上手に飲み込めるようになることです。

そして1日の中で回数を増やすだけでなく、固さも少しずつ固くしていきます。

だんだんと食べる量も増えてくると作るもの大変なので、市販の離乳食を利用しても構いません。

この項目ではいつから2回食や3回食に移行するか、タイミングの目安を詳しく解説します。

離乳食初期から役立つアイテムも紹介していますので、2回食に進んでからも参考にしてくださいね。

2回食や3回食に移行するタイミング

離乳食を始めて1ヶ月くらいすると、食べられる量や食材が増えてきます。

いつから2回食に移行すればいいのかしら?

スプーンを嫌がらず、口に入れたものをごっくんと飲み込めるようになったら、2回食に移行しても良いでしょう。

下記の表は今後離乳食を進めていく時期や食材の固さの目安になります。

<回数><月齢><固さ>
1回食生後5~6ヶ月なめらかなクリーム状
2回食生後7~8ヶ月舌でつぶせる固さ
3回食生後9~12ヶ月歯茎でつぶせる固さ

離乳食はいつからいつまで続くのか疑問に思いますよね。

生後5~6ヶ月頃から始まり、だいたい12ヶ月から18ヶ月頃を目安に離乳が完了します。

離乳の完了とは、形あるものを噛んで食べ、エネルギーの大部分を食事から取れるようになった時期のこと。母乳やミルクの卒業とは異なります。

生後5〜6ヶ月から始めた離乳食を、半年から1年かけて少しずつ形あるものを食べられるように慣らしていくんです。

あくまで目安であって進め方は赤ちゃんによるので、迷ったらかかりつけ医や栄養士などに相談してみましょう。

市販のベビーフードを使っても良い

最近は離乳食も市販品が増えています。

市販の離乳食はいつから使えるの?

おかゆや裏ごし野菜などは生後5ヶ月から使えるので、離乳食を作る負担を軽減してくれますよ。

離乳食初期から長い期間、役に立つ市販アイテムはこちらです。

(ポチップ 和光堂『手作り応援 おいしい米がゆ 5g×7 』)

お湯で溶くだけで簡単に作れる粉末タイプのお粥。

粉末も個包装になっているので、計る手間が少ないところもおすすめポイントです。

またお湯の量でおかゆの固さを調節できるので、離乳食が進んでも活用できます。

離乳食が進めば、大容量のお得パックも販売されていますので個包装と使い分けても良いですね。

私の場合は自宅で食べる時には大容量パック、外食時は個包装と使い分けていました。

つぶし粥だけでなく、野菜や白身魚に初挑戦する際はこちらもおすすめです。

(ポチップ キユーピー『はじめての離乳食 裏ごしほうれんそう』)

離乳食を手作りする際の難関に、ほうれん草や人参の裏ごしがあります。

赤ちゃんのために毎回少量の野菜を裏ごしするのがストレスで、こちらのシリーズには本当に助けられました。

米がゆ同様に、お湯で溶かせば少量の裏ごし野菜を簡単に用意できます。

特にこちらのシリーズは国産野菜に食塩や砂糖不使用なので、安心して使ってみてくださいね。

まとめ

  • 離乳食は生後4ヶ月より生後5ヶ月以降が良く、生後6ヶ月に始めるママも多い
  • 離乳食をいつから開始するか判断する目安は、赤ちゃんが座って食べたいサインを出していること
  • 離乳食はつぶし粥小さじ1杯から、1ヶ月かけて少しずつ量や野菜など種類を増やしていく
  • アレルギー反応が出たときに医療機関の受診しやすいよう、新しい食材は平日日中に挑戦する
  • 離乳食は母乳やミルク以外の味に慣れていくものなので、つぶし粥を始める前に果汁や野菜スープは不要
  • スムーズに離乳食を始めるため、開始前にスタイやスプーン、ベビーチェアなど環境を整える
  • 少量のお粥や裏ごし野菜を用意するのが大変なら市販の離乳食を活用しよう

赤ちゃんの成長を感じる生後4ヶ月頃になると、離乳食をいつから始めるか悩みますよね。

生後4ヶ月よりも、内臓の発達が追いつく生後6ヶ月頃が良いとされています。

いつから始めるか迷った時は、この記事を読んで検討してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました