洗面台の水垢が石灰化する原因はカルシウム!!掃除法と防止策も紹介♪

生活

毎日使う洗面台。こまめに掃除をしていてもつい汚れが溜まってしまいますよね。

掃除をしてもどこか汚れているわ…

そんな洗面台の水垢を放置して、白くうろこ状に石灰化したことはありませんか?

この状態までになってしまうと、スポンジでこすっても全く落ちませんよね。

水垢の石灰化は、水道水に含まれるミネラル分の中のカルシウムが原因です。

今回の記事では石灰化を起こす原因とその掃除法、防止方法を紹介しています。

読めばあなたも洗面台の水垢とおさらばできますよ!

ただし掃除するときは強すぎると材質によっては傷がつく原因にもなるため、力加減には気をつけてくださいね。

住む人全員が使う場所だからこそ、自分に合った方法でピカピカの洗面台を目指しちゃいましょう♪

洗面台の水垢が石灰化する原因はカルシウムだった!

なぜ洗面台で水は石灰化するのでしょう。

あなたの家庭の水道から出てくる水は塩素消毒された安全な水ですよね。

この塩素消毒された水道水に含まれる主な成分に、マグネシウム、カリウム、カルシウム、ナトリウム、ケイ素が挙げられます。

いわゆるミネラルと呼ばれる成分です。

この水道水に含まれる、ミネラル分の中のカルシウムが石灰化を引き起こします。

カルシウムにはアルカリ性である石灰が含まれています。

水道水が洗面台に飛び散ったまま乾燥すると、水分のミネラルが空気中の酸素や二酸化炭素に反応して水垢は石灰化してしまいます。

これがよく見る水滴が白いうろこ状になっている状態です。

水垢とは対照的に「湯垢」というのもあります。

名前の通り、特にお湯の使用頻度の高いお風呂などで発生します。

この湯垢の原因は水道水の成分プラス皮脂汚れや石鹸カスが混ざり合ったこと。

区別方法としては水垢は白くうろこ状ですが、湯垢はザラザラあるいはヌルヌルとした感触です。

こちらの湯垢は酸性であり、性質が違うためこれから紹介する方法は適していません。

あなたの解決したい汚れはどちらか区別することが大切です!

洗面台の水垢掃除は酸性で解決♪

洗面台で使用した後、水が飛び散ったまま放置していませんか?

放置し続けると石灰化も落ちにくくなってしまうため、これから紹介する方法で根こそぎ退治しちゃいましょう!

ではアルカリ性の汚れを掃除するには何が良いでしょう。

比較的軽い汚れはメラミンスポンジで、頑固な汚れは化学的に酸性のものを使えば中和させて汚れを緩ませ、キレイに掃除することができます。

一般的な家庭用洗剤は中性のものが多いので、簡単には落ちないのです。それでは詳しく順番に見ていきましょう!

比較的軽い汚れはメラミンスポンジで

比較的軽い汚れは、激おちくんといったメラミンスポンジで落とすことができます。

一番簡単で時間のかからない掃除方法です。

メラミンスポンジはメラミン樹脂という固い樹脂を泡状に発泡させて作られたものです。

この細かい網状の空洞が汚れを削りながら汚れをかき出します。

このメラミンスポンジを水で濡らし、水が垂れない程度に軽く絞りザラザラな水垢を磨くだけ。

あとはキッチンペーパーで拭き取る、この工程を繰り返しましょう。

しかし洗面台がメラミンスポンジより柔らかい素材だと傷が入ってしまうため注意が必要です。

またこの方法で落ちるのは比較的軽い汚れのみ。これでは落ちない場合は化学の力で解決です!

お子様がいる場合におすすめなのは安全なクエン酸

お掃除グッズで良く登場するクエン酸は頑固な水垢落としにも最適です。

万が一口に入っても大丈夫なため、お子さんやペットがよく使用する場所に用いる際ピッタリですよ!

お酢やレモンも酸性で有名ですが匂いが気になり適量も難しいため、クエン酸を使うのがおすすめです。

用意するもの

  • クエン酸
  • キッチンペーパー
  • スポンジ
  • ゴム手袋

手作りのクエン酸液は、カビが生える可能性があるため1〜2週間で使い切りましょう。

クエン酸を使った掃除方法
  • ステップ1
    クエン酸小さじ1杯と水を200ml混ぜる
  • ステップ2
    ゴム手袋をする。
    クエン酸水にキッチンペーパーを浸し、水垢部分に貼り付ける
  • ステップ3
    汚れにクエン酸が浸透するまで約2時間待つ
  • ステップ4
    キッチンペーパーをとり、スポンジでこすり洗いする。水で流して完了。

水垢が落ちないときは放置時間を長めにすると良いでしょう。それでも落ちない場合はクエン酸の濃度が低いことが考えられます。

ですがクエン酸をむやみやたらに増やしてしまうと、洗面台の素材を痛めてしまう可能性があるため、配分は少しづつ増やしていくようにしましょう。

クエン酸だけで落とせない時は助っ人に重曹を

長年放置していた水垢であればこびり付いており、なかなか簡単には落ちませんよね。

そんな時には重曹をあわせて使いましょう。

重曹自体はアルカリ性なのですが、重曹には研磨効果があるため水垢汚れを削り落としてくれます。

また、先ほど述べたように水回りの汚れは皮脂など酸性のものも含まれていることがほとんど。

酸性とアルカリ性が混在する場所には特にピッタリです。

重曹を使った掃除方法
  • ステップ1
    水を含ませペースト状にした重曹を塗り、クエン酸を浸したキッチンペーパーを貼り付ける
  • ステップ2
    適時汚れが落ちているかチェックしながら数十分から数時間置く
  • ステップ3
    気になる箇所はスポンジでこする

家庭用洗剤中1位の酸性の強さ!懐かしサンポール

重曹をプラスしても落ちなかったら、次はサンポールを試してみましょう。

サンポールって知っていますか?

そう、昔学校のトイレ掃除用に置いてあったあの洗剤、あなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

実はこのサンポールは、普段の用途は便器内の掃除やトイレタンクの掃除ですが、頑固なアルカリ性の水垢にも効果があるんです!

なんと家庭用洗剤の中で、一番酸性が強いのがこのサンポールと言われています。

サンポールはホームセンターやドラッグストアで売っていますよ♪

もちろん清掃業者用などの業務用としてならば更に酸が強いものがあり、効果も比例していきます。

しかしそれらは一般の私たちでは入手することのできない、いわゆる劇薬と呼ばれるものです。

家庭の水垢掃除ではサンポール程の酸の強さで十分です。

サンポールを使った掃除方法
  • ステップ1
    ゴム手袋をし、サンポールをかける
  • ステップ2
    キッチンペーパーで覆い、つけ置きする
  • ステップ3
    汚れに浸透するまで約2時間待つ
  • ステップ4
    キッチンペーパーをとり、スポンジでこすり洗いする。水で流して完了。

しかし、頑固な汚れであればあるほどサンポールをもってしてでも簡単には汚れを落とすことができません。根気強く時間を置きましょう。

そして十分に時間を置いてキレイになったら、水ですすぎ洗いをして完了です。

使用の際は使用方法をよく確認してゴム手袋を装着の上、換気を良くしましょう。

一点、塩素系と混ぜるのは危険なため注意しましょう。

最後の手段!研磨剤入りスポンジで削り落とす

洗面台は陶器で作られているものが多いため、研磨剤入りクレンザーや一般的な研磨剤入りスポンジでこすると傷ができてしまいます。

しかし陶器など柔らかい素材にも対応した、専用の研磨剤入りのスポンジが存在します。

メラミンスポンジを使えない洗面台や今までの方法で落ちない程の頑固な汚れの場合にはこの研磨剤入りスポンジがおすすめです。

洗面台の水垢を防止するための秘訣3つとは?

水垢は汚れが付きやすいのに落ちにくいという厄介な存在。掃除の回数を減らすためにも、汚れを付けさせないことが重要です。

洗面台の水垢は水滴や汚れを放置しないことや、コーティング剤を使うことで防止することができます。

洗面台についた水滴を放置しない

まず洗面台についた水分はこまめに拭き取りましょう。

水垢は水分があることで発生しやすいため、水滴を放置しないことがポイントです。

洗面台の手が届くところに拭き取り用の布を準備しておくと、手間が省けるのでおすすめです。

1日に何度も使うのにいちいち拭いてられないわ…

そのような場合には寝る前などの洗面台を使い終わった時間に、水分を取る習慣をつけるだけでも変わりますよ!

特に旅行前といった長期的に家を開ける時は水分を取ることをおすすめします。

洗面台に油汚れを残さない

次に洗面台には油汚れが残らないようにしましょう。

洗面台は皮脂や化粧品など油汚れも付きやすい場所です。油汚れは、水を流れにくくさせ表面に汚れが溜まりやすくなるため、水垢が発生しやすくなります。

家庭用洗剤や重曹等を使って油汚れもしっかり落としていくことが、水垢を防止することにも繋がります。

洗面台コーティング剤で汚れをつきにくくする

もっと根本的に汚れを付きにくくする方法はないの?

そこで便利なのがフッ素やシリコンでできた樹脂が洗面台の表面を覆い、はっ水性を高めてくれる洗面コーティング剤です。

洗面台の表面にコーティング剤を塗ることで、表面の水を弾く力を高め、水や汚れがその場にとどまることを防止することができます。

更に、洗面台の表面にしっかりと膜が定着するため、長時間の効果が期待できます。

短いスプレータイプでも1ヶ月、長い液体・布タイプでは3年も効果が続きます!これならば日々のお掃除も楽にできますよね。

そんなコーティング剤に関しても詳細を調べてみました。違いは期間の長さ。あなたに合ったタイプを選んでくださいね♪

スプレータイプ

スプレータイプの効果は1ヶ月続きます。

効果が続く時間が短いのがデメリットです。

ですが簡単・手軽にコーティングすることが可能という最大のメリットもあります。

コーティングが剥がれてきたり、水はけの悪い部分が出てきたりしたとしても、気になる場所にピンポイントでコーティングすることができるのも魅力です。

また、住宅設備の管理が厳しい賃貸の家では、3年ものの長期間コーティングが禁止されている場合もあります。

賃貸で暮らしている、手軽にコーティング剤を試したい、失敗しないか不安というあなたにはこのスプレータイプがピッタリです!

水回りの掃除がこれで楽になった♪

液体・布タイプ

液体・布タイプの効果は3年続きます。

ふきんやスポンジにコーティング剤を塗ってから用いるものが「液体タイプ」。

あらかじめコーティング剤が染み込んだ布を用いるのが「布タイプ」です。

長時間・しっかりとした撥水効果を期待することができます。

一点デメリットは強い撥水効果が続くので、塗り直しができないという点が挙げられます。

コーティング剤の上に更にコーティング剤を重ねても、洗面台の表面に定着させることができないからです。

そのため液体・布タイプを用いる際は、塗る順番などを考えながら慎重に塗ることが大事です。

長年使っている洗面台でも感動的に生き返った!

便利なコーティング剤なのですぐに試したくなったかもしれませんが、買う前にチェックすることがあります。

  • 洗面台の素材
    主に陶器・人工大理石・ホーローの3種類。合わない素材に使用するとシミの原因になるため注意です。
  • 新築の場合は施工業者さんに確認を!
    家が新築の場合、あらかじめコーティングされている場合があるため確認をとりましょう。

まとめ

  • 水道水に含まれるミネラル分の中のカルシウムが固まり石灰化を起こす
  • 洗面台の石灰化した水垢の汚れはアルカリ性
  • 比較的軽い汚れはメラミンスポンジで、頑固な汚れは酸性の洗剤で中和させて綺麗にすることができる
  • 酸性の洗剤でおすすめなのはクエン酸とサンポール
  • クエン酸で落ちない場合は研磨効果のある重曹を用いると効果がアップする
  • 酸性の洗剤でも落ちない場合は陶器に対応した研磨剤入りスポンジを使うのも手
  • 洗面台の水垢は水滴や汚れを放置しないことや、コーティング剤を使うことで防止することができる
  • コーティング剤を使う際は、材質に合ったものを使用し、新築の場合はすでにコーティングされていないか確認する

毎日使う場所だからこそ目につきやすい洗面台の石灰化。

手にしやすいクエン酸やサンポールといったお掃除グッズでさっぱり水垢とおさらばしちゃいましょうね。

その後はちょっとした習慣で、綺麗な洗面台もキープできます。

今回をきっかけに水や汚れを残さない、コーティング剤を使うの3つを習慣化しちゃいましょう。

これらのポイントであなたの掃除頻度や負担が減ることを祈っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました