スニーカーが大きい時の調整はインソールで!方法3つとおすすめも紹介

生活

せっかくスニーカーを買ったけど、サイズが大きいから履けない…。

ネットショッピングなど、試着せずにスニーカーを買ったときのあるあるではないでしょうか。

大きいサイズのスニーカーでも、インソール(中敷き)や滑り止めパッドを入れる、厚手の靴下を履く、靴紐をきつく締めるなどの方法で調整できますよ。

大きいサイズのスニーカーをそのまま履くと、靴ずれや足の変形などのトラブルが起きる危険があります。

必ず足に合わせて調整してから履きましょう。

本記事では大きいサイズのスニーカーを調整する方法や、おすすめの商品などをご紹介します。

履けなかった!と諦める前に、ぜひ一度お試しください♪

スニーカーが大きい時の調整方法3つ!

スニーカーを買ったはいいけど、サイズが大きいから足に合わない…!

ネットショッピングなどでスニーカーを買うと、試着ができないのでサイズが微妙に合わないことがよくあります。

口コミやサイズ感を確認しても、自分の足にぴったり合うかは履いてみないとわかりません。

しかし、せっかく買ったスニーカーです。なんとかサイズを調整して履きたいところですよね。

大きいサイズのスニーカーも、インソール(中敷き)や滑り止めパッド、厚手の靴下、靴紐などを使うことで調整することができるんです。

ご紹介する調整方法を実践することで、0.5~2cm程度であれば調整することができますよ。

ネットショップなどで購入する場合は、口コミやサイズ感の表示などを確認していつもより1サイズ上の大きさを選ぶのもいいかもしれません。

2cm以上のサイズ調整はなかなか難しいため、商品の返品や交換が可能な場合はぜひ購入店に相談することをおすすめします。

スニーカーが大きい時のサイズ調整方法一覧

スニーカーのサイズが大きい場合、次のような調整方法があります。

  • インソールやパッドを入れて調整する
  • 厚手の靴下を履いたり靴紐をきつく締めたりして調整する
  • メイク用スポンジや手芸綿で応急処置をする

サイズが合わなかった!と履くのを諦める前に、ぜひ試してみましょう。

すぐに試せそうなものもありますね!

場合によってはいくつかの方法を組み合わせることでサイズが調整できることもありますよ。

大きめサイズのスニーカーは足長と足囲の調整が大切

スニーカーに限らず、靴のサイズには足長(サイズ)と足囲(ワイズ)があります。

足長とは25cmや27cmなど一般的にいうサイズのこと。

一方足囲とは、足の親指から小指の骨の部分をグルっと一周させて測るもので、Eや3Eなどで表示されます。

サイズだけでなく、ワイズもあわせることで大きいサイズのスニーカーもフィットするように調整することができますよ。

特に足幅が狭いあなたは、ワイズにも注意して調整する必要があります。

サイズやワイズが合わない靴を履いていると、靴ずれや足の変形だけでなく、疲れやすかったり足が太くなったりといったことが起こる危険があるんです。

しっかりと足にフィットするかを確認しながら、サイズとワイズを調整しましょう。

スニーカーが大きい時はインソールやパッドで調整

スニーカーが大きい場合の調整方法として、1番確実なのはインソールやパッドを入れて調整することです

インソールの厚みで靴の中の容積を埋めることで、靴と足のフィット感がアップしますよ。

インソールを入れることでサイズの調整ができるほか、クッション性がアップして疲れにくく歩きやすい状態にする効果が期待できます。

あえて1cmくらい大きいサイズを買って、インソールで履き心地をアップさせるというのもアリかもしれませんね。

インソールをスニーカーに合わせてカットする必要がある場合は、元々入っているインソールを取り出して、同じ大きさになるようカットしましょう。

新しいインソールの上に元々のインソールを置いて、鉛筆などで線を引いてからカットすると間違いないと思います♪

インソールで靴の容積を埋めて調整する

インソールで靴と足の間の隙間を埋めます。歩行矯正やアーチ補正用のインソールではなく、あくまで厚みを調整するためのインソールを選びましょう。

大きいスニーカーのサイズ調整に人気なのが、こちらの厚手インソールです。

こちらの極厚インソールは3層構造になっていて1cmの厚みがあります。

それぞれの層をはがすことができるほか、2層目、3層目はつま先と土踏まず、かかとの3つに分けて使うことができるんです。

部分ごとにインソールの厚みを調整することで、スニーカーの合わない部分にフィットするよう調整できる優れもの。

商品ページでどこが合わないのかによって調整する方法が紹介されているので、ぜひチェックしてみてください♪

また、インソールは靴屋さんやネットショップでも購入できますが、ダイソーやセリアなど100均でも豊富な種類のインソールが販売されていますよ。

薄いインソールを入れる場合は、元々入っているインソールは取らずに、そのまま追加で入れてOKです。

追加のインソールがずれそうな場合は、元のインソールとの間を両面テープで留めてもいいですね。

また、ハイカットのスニーカーには、靴の中に入れてかかとの底上げをするインヒールもおすすめです。

私もスニーカーやブーツにインヒールを入れることがありますが、スタイルアップにもなるのでおすすめですよ。

これはダイソーで撮影した写真ですが、厚さや履き心地、機能もさまざまなインソールが販売されていました。

そしてこの写真には入りきらなかったのですが、滑り止めジェルパッドやジェルインソールなどもあって靴屋さんにも負けない品揃えです。

普段使いのスニーカーなら100均で色々なインソールを試してみるのもいいかもしれませんね♪

100均なら金額的にも試しやすいのがうれしいです!

微調整はつま先だけのハーフインソールで行おう

ハーフインソールはつま先の部分にだけ入れるインソールのこと。

ハーフインソールはサイズを微調整したい場合や、通常のインソールだけではサイズがまだ大きい場合などにおすすめです。

靴を脱いだときに見える、ブランドのロゴを隠したくない!というときにも、ハーフインソールはぴったりですね。

こちらのハーフインソールは少し値段が高いですが、「しっかりサイズ調整や吸湿に効果があった」という口コミがありました♪

サイズ表記が少しわかりにくいのですが、商品ページにサイズ換算表があるので参考にしましょう。

少し小さめに作られているのか、1サイズ上を買うとちょうどよかったという口コミが多かったです。

ハーフインソールは通常のフルインソールと比べて靴の中でずれやすい場合が多いため、フルインソールと両面テープなどでくっつけるのがおすすめですよ。

靴が脱げやすい場合はかかと用滑り止めパッドを

サイズが大きくて靴が脱げやすい場合には、かかとに滑り止めのジェルパッドやジェルインソールなどを入れるのがおすすめです。

靴が脱げることだけでなく、かかとが靴ずれを起こすのを防ぐこともできますよ。

こちらの滑り止めパッドは、ピッタリのスニーカーにもつけられるほど薄めですが効果はばっちり。リピートする方もいるようです。

スニーカーだけでなく、パンプスや革靴などにも使うことができますよ。

滑り止めパッドはネットや靴屋さん、100均でも手軽に買えるのでぜひ試してみてください♪

スニーカーが大きい時の対処は靴下や靴紐でもできる

大きいサイズのスニーカーへの対処として、靴ずれなどが起きないようにするために、厚手の靴下を履いたり靴紐をきつく締めたりする方法もあります。

靴紐に関しては、付属のものでもOKですが、紐が平たくて太めなものにすると大きいサイズのスニーカーでもよりフィット感がでるのでおすすめです。

また、靴紐での調整に合わせて厚手の靴下を履くことで、スニーカーと足の隙間をさらに埋めることができますよ。

ただし、厚手の靴下で調整するデメリットとして、ファッションの観点からはスニーカーのデザインと靴下が合わない場合もあるということが挙げられます。

夏場は暑さに対処するためにも厚手の靴下は履きたくないですしね…。

季節やファッションによっては厚手の靴下も大きいスニーカーへの対処として有効ですが、基本はインソールなどでの調整がいいかもしれませんね。

スニーカーが大きい時の調整は意外な100均グッズでも

スニーカーのサイズが大きいから足に合っていないけど、とりあえず履いて行かないといけない!ということも、もしかするとあるかもしれません。

そんなときには、応急処置としてメイク用スポンジや手芸綿などの100均グッズを使って、大きいスニーカーと足の隙間を埋めて調整する方法もあります。

出かける際に100均ですぐに手に入れて対処できるのがありがたいですね。

痛みが出ないようにしたいけど、時間がないからとりあえず大きいスニーカーにスポンジや綿を詰めて乗り切ろう!という場合に試してみてください。

長期で使うには毎回の調整が不便なうえ、脱いだときにスニーカーの中が見えるのも気になるので、あくまで応急処置としての使用がおすすめです。

100均ではインソールなども販売されているので、時間があるときにはインソールやパッドを使って調整しましょう。

まとめ

  • 大きいサイズのスニーカーは、インソール(中敷き)や滑り止めパッドを入れる、厚手の靴下を履く、靴紐をきつく結ぶなどの方法で調整できる
  • サイズが合わない靴を履くことは疲れやすくなるだけでなく、靴ずれや足の変形などのトラブルにつながる危険がある
  • 靴のサイズには足長(サイズ)と足囲(ワイズ)があり、足のトラブルを防ぐためにはどちらも調整して合わせることが大切
  • インソールやパッドは1番確実に大きいサイズのスニーカーを調整できる
  • インソールを入れるとクッション性がアップすることで歩きやすくなるなどのメリットも期待できる
  • インソールは歩行矯正やアーチ補正用のものではなく、あくまで厚さを調整できるものを選ぶのがおすすめ
  • インソールや滑り止めパッドなどは100均でも色々な機能や履き心地の商品が販売されている
  • 季節やファッションによっては厚手の靴下を履いてきつめに靴紐を締めることで大きいスニーカーのサイズを調整できる
  • 時間がない場合は応急処置として、メイク用スポンジや手芸綿などを100均で購入してスニーカーに詰める方法もある

今回は大きいサイズのスニーカーを調整する方法とおすすめ商品をご紹介しました。

サイズの調整方法がわかれば、ネットショップでスニーカーを購入するハードルも少し下がるのではないでしょうか。

サイズ調整が難しいほど大きいスニーカーに関しては、返品や交換ができるか購入店に確認してみるのがおすすめです。

せっかく買ったスニーカーなので、調整グッズを使って長く履くことができるといいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました