スニーカーの横割れ修理は補修剤で解決!簡単な使い方も紹介♪

生活

こんにちは。突然ですがあなたはスニーカーを何足持っていますか?

スニーカーを履いたことがある方なら、一度は横割れを経験したことがあるのではないでしょうか。

横割れとは、靴のソールとアッパーが剝がれてしまった状態で、穴が開いているようにも見えます。

大事にしていたスニーカーや、買ったばかりのスニーカーが横割れしてしまった時、とても悲しい気持ちになりますよね。

そんな横割れですが、実は専用の補修剤を使えば自分で直すことができるんです。また、プロに依頼して修理する方法もありますよ。

「気に入っていたけど壊れてしまったからもう捨てないと…」と思っていたあなたも、諦めるのはまだ早いかもしれません!

この記事では、横割れを自分で修理する方法や、お金を払ってプロに修理してもらう方法などをご紹介します。

スニーカーの横割れ修理は2つの方法がある

私は今まで、横割れしたスニーカーを雨の日に履くと浸水してしまうので捨ててしまっていました。

しかし、長年履き続けたスニーカーや、履きつぶしてやっと味が出てきたスニーカーを捨てるのは心苦しいですよね。

横割れしたスニーカー修理方法としては、補修剤を使って自分で直すか、プロに依頼して修理してもらうかの2つの方法があります。

それぞれの方法をご紹介しますので、ご自分とスニーカーに合った方法を選びましょう。

スニーカーの横割れは接着剤を使って自分で直せる

お気に入りのスニーカーが横割れしてしまった!というとき、実は専用の接着剤を使えば自分で修理することができるんです。

あなたと過ごしてきた思い出のスニーカーを自分で修理して、さらに愛着が湧くものにできたら素敵だと思いませんか?

このあとおすすめの接着剤をご紹介しますが、1000円程度で買うことができますよ。

スニーカーのタイプによっては直してもまた履いているうちに横割れしてしまう可能性があります。

直す手間は少しかかりますが、横割れのたびにスニーカーを買い替えたりお店に修理を依頼したりしなくても、自分で手軽に直せるのはうれしいですね。

劣化具合によってはプロに修理してもらうのもおすすめ

スニーカーの横割れを自分で直す方法もありますが、上手くいくか心配だったり、劣化具合によって修理が難しかったりする場合はプロに頼みましょう!

スニーカーのメーカーによってはリペア(修理)サービスを行なっているメーカーもあります。

また、メーカーがサービスを行なっていなくても、靴やバッグの修理を行うお店でスニーカーを直してくれる場合もありますよ。

ただし、劣化具合にもよりますが修理費用が片足分で2千円以上する場合が多いようです。

お店に修理を依頼したい場合は、近くにスニーカーも修理してくれるお店があるかどうか、また費用がいくらかかるかを確認する必要がありますね。

自分で修理するより確実にきれいに仕上がるため、お金がかかってもお気に入りのスニーカーをきれいに直したい!というあなたにおすすめです。

スニーカーの横割れはシューグーで手軽に直そう

スニーカーの横割れを自分で手軽に直したい!

そんな願いを叶えてくれるのが「シューグー」という靴の補修剤になります。

一体どんな商品なんでしょうか?

シューグーは40年以上愛用される靴の補修剤

シューグーとは1978年に日本で発売され、今もなお愛され続けている靴の補修剤です。

40年以上愛用され続けていると聞くと、とても安心感がありますよね。

シューグーの特徴としては、12〜24時間で硬化し、乾くと合成ゴムになるといった特徴を持つ優れもので、横割れ修理に適しているといえます。

なぜなら、他の接着剤のように乾くと硬くなるものより、伸縮性がある合成ゴムの方が踏み込んだ時に割れる、剥がれるといった心配が減るからです。

今回ご紹介したシューグーはナチュラル(無色)タイプですが、他にも白色タイプとブラックタイプがあります。

修理したいスニーカーの部分の色に合ったものを選ぶと、少しはみ出ても目立たずきれいに仕上がりますよ♪

それではここからは、これまでいろいろなところへ連れて行ってくれたスニーカーに感謝の気持ちを込めて、横割れの修理作業へ入っていきましょう!

シューグーを使った横割れの修理方法

シューグーを使って修理を始める前に、次のものを用意しましょう。

用意するもの
  • シューグー本品
  • 汚れてもいい布
  • 洗濯バサミ
  • マスキングテープ(なくても可)

それではさっそく、修理を始めていきましょう!

手順
  1. シューグーを使用する部分の汚れを布で拭き取る
  2. シューグーのはみ出し対策に、マスキングテープでスニーカーのソールとアッパー部分を保護する
  3. シューグーを横割れしている部分にヘラなどで丁寧に塗っていく
  4. シューグーを塗ったら、くっつけた部分を洗濯バサミで挟んだまま12〜24時間乾かして完成

シューグーがはみ出てしまうとスニーカーに跡がついてしまうので、気になる方は手順2を行うことできれいに仕上げましょう。

シューグーを塗る際は量の調節が難しいかもしれませんが、多いとはみ出してしまいます。手順2でマスキングテープの保護をしなかった方は注意が必要です。

シューグーを塗ったら、きちんと接着するよう固定して硬化させるためしっかりと洗濯バサミで挟んで1日放置すればおしまいです!

え?これだけ?って思わず言葉がでてしまうほど簡単ですよね。

これなら不器用な私にもできそうです。

スニーカーの横割れにコンバースならリペアサービスも

いくら簡単だとうたわれている商品を使っての横割れ修理でも、人には得意不得意というものがあります。

そんなときは、無理にあなたが修理する必要はありません。

カバンや靴の修理店に依頼したり、メーカーに修理を依頼したりする方法がありますよ。

そこで、大切なスニーカーを直すときに信頼できるオフィシャルリペアサービスをここから紹介します。

コンバースのオフィシャルリペアサービスなら、スニーカーの横割れだけでなく、さまざまなスニーカーの修理を行ってくれますよ。

このオフィシャルリペアサービスとは、コンバースのスニーカーを長く大切に愛用いただきたいという思いからできたサービスです。

サイドテープリペア(横割れ)の他にも、ソールのすり減り・ヒールラベルの剥がれなどの修理が可能です。

ただし、このリペアサービスは全て「国内正規品」のみの修理対応になっているのでご注意ください。

オフィシャルリペアサービスでは、どのような商品をどのように修理してくれるのかを、ここから詳しく紹介していきます。

サイドテープリペアは横割れをしっかり圧着

ソールとアッパーの隙間に入った汚れから取り除いてくれ、コンバースオリジナルのラスト(木型)で成形しながら圧着させます。

コンバース公式さんが、成形しながら圧着させてくれるのは信頼でき、大切なスニーカーも安心して任せられますね。

ヒールリペアAはオリジナルソールパーツで踵を修理

リペアAでは、コンバースのオールスターとワンスターシリーズの修理が対象となっています。

踵のすり減りを、オリジナルのソールパーツで補強し、さらに新しいオリジナルのヒールラベル貼り付け仕上げてくれます。

踵がすり減ると同時にヒールラベルも削れてきてしまうので、オリジナルのヒールラベルを新しく付け替えてくれるのは嬉しいですね。

ヒールリペアBは汎用のソールパーツで踵を修理

こちらのリペアでは、オールスターのオールホワイト、ジャックパーセルのホワイト仕様のアイテムが対象となっています。

ヒールリペアAと違うところは、補強に使われる汎用のソールパーツがオリジナルのものではなく、汎用のパーツである点です。

オールソールリペアはソールを丸ごと取り替え

オールスタークップシリーズのカップソールを交換します。

ソールとアッパーを縫い付けていたステッチを解いて、ソールを丸ごと取り替えてくれますよ。

このように、オフィシャルリペアサービスではさまざまな悩みを解決してくれます。

コンバースを愛用しているあなたはぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • スニーカーの横割れ修理には、専用の接着剤を使って自分で直す方法と、プロに依頼して直してもらう方法がある
  • プロに依頼する場合は片足分で2000円ほどかかることが多い
  • スニーカーの横割れを自分で修理する場合は、1000円程度で買える靴専用補修剤「シューグー」がおすすめ
  • シューグーで修理する方法は、横割れ部分に塗って固定したまま1日放置するだけ
  • コンバースの靴は、コンバースが公式に行なっているリペア(修理)サービスを活用しよう

今回、専用の接着剤を使えば自分で横割れの修理もできるということがわかりました。

あなたの大切な靴を直そうと思う気持ちも、そんな気持ちを大切にしてくれるサービスがあることにも嬉しく思います。

これからも大切な靴で良いスニーカーライフをお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました