甜茶の効果は肌のたるみやくすみを改善!喘息や花粉症の緩和も期待!

食品

肌のたるみやくすみ、シミ、しわが気になり始めていませんか。

肌の老化が進む主な原因は、紫外線や食事から摂った余分な糖による糖化です。

そこでオススメなのは健康茶の甜茶(てんちゃ)です。甜茶は、抗糖化作用が高く肌のたるみやくすみに効果があると言われています。

甜茶は他にも、喘息や花粉症などのアレルギーを抑制する効果、肥満を予防する効果、肝臓の機能に良い効果も知られています。

糖化を完全にゼロにはできませんが、甜茶を生活に取り入れていつまでも美しい肌と健康な体を手に入れましょう。

ここでは、甜茶の肌への効果や、喘息への効果、妊婦さんが甜茶を飲む際の注意点などについて説明します。

甜茶の効果は肌のたるみやくすみを予防する

甜茶は糖化を抑制する働きを持ち、美肌効果が期待できるお茶です。甜茶は肌のたるみやくすみの予防につながる働きがあります。

紅茶に似た味わいで甘めなので、初めての人も挑戦しやすいですよ。

抗糖化作用のある甜茶を上手に飲んで、たるみやくすみのない肌を目指しましょう。

甜茶に美肌効果がある理由

甜茶は約5000年も前から中国で健康茶として飲まれています。

甜茶は糖化を抑制する働きがあるとされ、たるみやくすみを予防し美肌効果が期待できます。

AGEとは、摂り過ぎた糖質と体内のタンパク質が結合する「糖化」が進行したもので、老化を進める物質です。

老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のたるみやくすみなどかもしれませんが、それだけではありません。

AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞の原因になり、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となることも。

AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼします。AGEを体に溜めずに、減らすことが重要です。

AGEは一度できると分解されにくいので、抗糖化作用のある甜茶を毎日飲んで体の内側からアンチエイジングを目指しましょう。

甜茶はこんな方におすすめ

甜茶の効果は幅広く、アレルギーを抑えたり、肥満を予防したり、肝臓の健康を保つなどの効果があると言われています。

甜茶は肌を美しく保ちたい、アレルギー症状や肥満を和らげたい、肝臓の健康を保ちたいあなたにオススメです。

甜茶はさっぱりした風味で、甘みがあるので老若男女問わず飲みやすいお茶です。

また、ノンカフェインですので小さなお子さんが飲んでも安心です。

甜茶に含まれる成分と効果

甜茶は、糖化による肌のたるみやくすみを予防するなどの効果がありますが、どんな有効成分が含まれているのでしょうか。

甜茶に含まれるエラグ酸や甜茶ポリフェノールが、抗糖化作用を発揮し老化を防ぎます。

他には、甘味成分のルブソシド、ベタイン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが含まれています。

甘味成分のルブソシドは、肥満の予防に効果的と言われている成分です。

またベタインは、肝機能を向上しコレステロール値を下げると考えられています。

私は30代で肌の悩みが尽きません。甘いものが大好きで、デスクワークが多く太りがちです。

抗糖化作用のある甜茶を美肌作りやダイエットに生かしていきたいと思えました。

甜茶のオススメの飲み方

抗糖化作用の高い甜茶を飲むといいと言われていますが、どのように飲むと効果的なのでしょうか。

甜茶の摂取量の目安は甜茶エキスで言うと1日120mg程度です。

甜茶をお茶として飲む場合は、甜茶の葉3gを1Lの水で5分ほど煮出すといいでしょう。

直接マグカップに甜茶のティーバックを入れる場合は、抽出時間を1分以上の長めにしましょう。

糖化予防には、血糖値が高い状態を避けるのがカギとなるので、1日何回かに分けて飲むようにすると効果的です。

飲むタイミングは毎朝、毎晩、また、食間がオススメです。ノンカフェインなので、就寝前に飲むのもいいでしょう。

甜茶などの健康茶には、老化物質の一つであるAGEをたまりにくくしたり、たまったAGEの分解を促したりする成分が含まれると言われています。

甜茶だけでもいいのですが、他の健康茶とブレンドすると嬉しい相乗効果を期待できますよ。

あなたのお好みで玄米茶、焙じ茶、はとむぎ茶などとブレンドすると、より一層美味しく感じられます。

甜茶を飲む際の注意点は2つ

甜茶を飲む場合、気を付けておくことが2つあります。バラ科の植物で食物アレルギーを持っている人と貧血がある人は注意が必要です。

甜茶は中国の南部で古くから愛飲されている「バラ科」のお茶です。

意外なことに、りんごや梨、桃、サクランボなどは「バラ科」の果物です。これらを食べて口の中で痒みを感じたり、のどが腫れたりしたことはありませんか?

このようなアレルギー症状が出たことのある人は、甜茶を飲まない方が無難です。

また、貧血気味の人が甜茶を飲むと鉄の吸収が阻害される恐れがあるため、控えた方が良いかもしれません。

甜茶には甜茶ポリフェノールが含まれています。このポリフェノールはタンニンと呼ばれるものです。

タンニンは鉄と結合してタンニン鉄となり、体外へ出ていってしまい貧血が進行することも。

貧血のあるあなたが甜茶を飲むのであれば、鉄分の多く含む食材を意識して摂取しましょう。

また、食事前後に甜茶を飲むことを避けるといった工夫をしてみるといいでしょう。

甜茶の効果は喘息や花粉症を予防する可能性がある

甜茶は、喘息や花粉症を抑える働きが期待されている健康茶です。

甜茶には数種類あり、中でも甜葉懸鉤子(てんようけんこうし)という種類に抗アレルギー効果があり喘息や花粉症を予防すると期待されています。

甜茶の臨床試験は進んでおり、喘息や花粉症の予防など季節の変わり目の健康茶として注目されています。

甜茶の抗アレルギー効果とは

甜茶の抗アレルギー効果が研究によって明らかになり、サプリメントや健康食品として広まってきています。

甜茶のポリフェノールはアレルギーの原因となるヒスタミンの放出を抑制し、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を抑えるとされています。

甜茶は花粉症の予防に効果があるという研究報告はありますが、甜茶と喘息の関係を調べた研究報告は見つかりませんでした。

ですが、それに近い研究報告はあります。あるポリフェノールが喘息に効果が見られたという研究成果です。

フィンランドで10,054人を対象とした約30年間のコホート研究です。

ポリフェノールの一種であるフラボノイド。このフラボノイドを多く摂取した群では、喘息の発症は少なかったという結果が得られたようです。

フラボノイドをよく食べている人は、喘息の発症予防や症状の軽減作用があるということです。

ですが残念ながら、調べた限りでは甜茶にフラボノイドは含まれていません。

甜茶のヒトのアレルギーに対する臨床試験は数多く行われています。今後発表される成果を待ちましょう。

喘息に効くと言われる健康茶

アレルギーを発症させないメカニズムの研究が進み、特定の食品や飲料を摂取するとアレルギーを抑えられることが分かってきました。

喘息に効果があるとされる飲料は、緑茶・ルイボスティー・なたまめ茶です。

緑茶に含まれるカテキンには、抗ヒスタミン作用があります。ですので、アレルギーや炎症を抑える効果が期待できます。

ルイボスティーには、先ほど説明したポリフェノールの一つであるフラボノイドが含まれています。

これらは免疫力を高め、アレルギーの症状緩和に効果があると言われています。

なたまめ茶は鼻炎や蓄膿症に有効とされ、免疫機能を正常化に近づけアレルギーを抑制すると言われています。

アレルギーなどで治療中の場合、医師に健康茶を飲んでもいいか相談しましょう。体調に応じたアドバイスをしてもらえるはずです。

効果的な摂取量と飲み始める時期

甜茶は5000年前から日常的に飲用されており、食経験が長いお茶の一つですが、安全性の高い摂取量はどのくらいなのでしょうか。

アレルギー症状には、甜茶の抽出エキス1日120mg以上の摂取が目安とされています。

1日に400mgまで摂取量を増やすと更に効果的と言われています。ですがこれらは一般論で、実際のところは個人差が大きいと考えられます。

花粉症などのアレルギー対策をしたい場合、アレルギーの出やすい時期の1か月前から飲み始めるのが良いようです。

スギ花粉症の方に、花粉が飛ぶ1ヵ月前から甜茶エキスと青ジソエキスを摂取してもらい、その効果を検証した研究があります。

すると、50%以上の人が症状が改善したという結果が得られたようです。

また他の試験では、症状が出る前から甜茶を飲んでいたグループのみ、アレルギーの辛い症状を抑えることができたそうです。

甜茶は、アレルギー症状が出る前の予防としての効果が期待できそうですね。ただし、治療中の方は医師に相談してみて下さい。

甜茶のある効果が妊婦にオススメできない理由

花粉症があります。甜茶は花粉症の対策によさそうですが、妊娠中に飲んでもいいのですか?

甜茶にはカフェインが含まれていないので、一般的に妊婦さんが飲んでも特に心配はないと考えられていました。

しかし、甜茶には甜茶ポリフェノールという成分が含まれています。

最近の研究では妊婦さんがポリフェノールを多く摂取していると胎児の発育によくないという報告があります。

妊娠中で甜茶を飲もうかと考えているあなたは、この記事を参考にしてみて下さい。

甜茶を控えた方が良い理由

花粉症が辛くて、妊娠中にお薬を飲めないなら効果がありそうな民間療法を試してみたくなりますね。

なぜ妊婦にポリフェノールが良くないのでしょうか?

ある研究で、妊娠中にポリフェノールを過剰に摂取すると赤ちゃんの血管の一つである動脈管が狭め、閉鎖する可能性があることが分かってきました。

ハーブティーやグレープ・オレンジジュースに含まれるポリフェノールやフラボノイドが赤ちゃんの動脈管を収縮する作用があるのです。

甜茶にはポリフェノールが含まれているので、飲む前に必ず産婦人科医に相談した方がよさそうです。

甜茶ポリフェノールの摂取量

妊娠後期(8ヶ月以降)は特にポリフェノールの摂取量に注意が必要です。

報告によると1日に1,100~1,200mg以上のポリフェノールを摂取した場合、赤ちゃんの動脈管が狭くなるリスクがあると考えられています。

1日の摂取上限であるポリフェノールの1,100~1,200㎎をそれぞれの飲み物で比べてみました。

  • 甜茶のティーパック22杯分
  • ルイボスティー1.5Ⅼ相当
  • ココア10杯分
  • コーヒー4杯分

甜茶は1日に22杯までは安全と聞くと、少しなら飲んでも大丈夫そうですね。

人気のルイボスティーはむくみ解消にいいからと飲み始める妊婦さんがいるそうです。飲みすぎには気をつけて下さいね。

こういったポリフェノールを含む食品や飲料は、摂りすぎると赤ちゃんに良くないのですが、少なすぎるのも良くないと言われています。

妊娠初期にポリフェノールの一種であるイソフラボンの摂取量が不足すると、赤ちゃんが尿道下裂という病気を発症する可能性も。

ですので、同じ食品を1度に大量に摂取するのは避け、バランスの良い食事を心掛けましょう。

また、産婦人科医や栄養士の専門職に相談をして不安を解消しましょう。

甜茶を摂りすぎた時の対処

甜茶を飲みすぎた、ポリフェノールを摂りすぎてしまった時はどのように対応すべきなのでしょうか。

甜茶やポリフェノールを摂りすぎた時の対応は、飲んだ後、しばらく摂らないようにして調整するとよいでしょう。

赤ちゃんの動脈管が狭くなる症状は、ポリフェノールの摂取をやめて2週間ほどすると徐々に効果が和らぎ、血管の収縮が改善すると報告されています。

過度に自分を責めないで下さいね。

繰り返しになりますが、ポリフェノールは一度にたくさん摂らないようにして、バランスの良い食事を心掛けましょう。

まとめ

  • 甜茶は糖化を抑制し肌のたるみやくすみの予防に効果を発揮
  • 甜茶は美肌、アレルギーや肥満、肝臓に効果があるとされる
  • 摂取量の目安は水1Lに対し甜茶の葉3g
  • 喘息に効果があるとされる健康茶は緑茶・ルイボスティー・なたまめ茶
  • 甜茶はバラ科の植物でアレルギーが出ることもある
  • 妊娠中にポリフェノールを過剰摂取すると赤ちゃんの動脈管に影響がある
  • ポリフェノールの摂取量は1日に1,100~1,200mg以下

甜茶は美肌や喘息、花粉症に効果が期待されている反面、バラ科のアレルギー、貧血傾向の方は医師に相談してから飲むようにしましょう。

妊婦さんはバランスよく食事を心掛け、適量のポリフェノールを摂り、赤ちゃんを守ってあげましょう。

甜茶を上手に取り入れて、あなたの体が健やかであることを心から願っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました