551のチルド商品は美味しくない⁉豚まんや焼売の美味しい温め方も紹介

食品

大阪でよく見かける551のお店。551は豚まんだけではなく、焼売や餃子もチルドで販売しています。

美味しい豚まんで知名度の高い551ですが、チルド商品は美味しくないという声を聞いたことはありませんか。

551のチルド商品の口コミを見ていると、チルド商品は店舗で食べる味と全く違う、551のチルドは美味しくないという意見があるんです。

551のチルド商品は、温め方を少し工夫するだけで、店舗で食べるのと同じような食感や美味しさになるんです。

どうすれば、お店のできたてのように美味しく食べることができるのでしょうか。

店舗で食べるのと同じような美味しい豚まんや焼売を自宅で簡単に食べることができたら、とても嬉しいですよね。

551のチルド商品が美味しくないと言われる理由と、美味しく食べるための方法について説明します。

551のチルド商品は美味しくないって本当⁉

551のチルド商品は美味しくないという口コミもありますが、食べ方次第で美味しく食べることができます。

551のチルド商品では豚まんや焼売が有名ですよね。豚まんや焼売は店舗に行って食べることもできますが、チルド商品を自宅で食べることもできます。

お土産にも人気のチルド製品ですが、口コミについて調べると、美味しくないという声が一定数あるんです。

どうして551のチルド商品は美味しくないという噂があるのでしょうか。

551のチルド商品の口コミを見てみましょう。

お店で食べた時はモチモチだったのに、家で食べた時は皮が固かったんです。全く別の豚まんのようでした。

551の店舗で食べる豚まんと、家で食べるチルドの豚まんを比べて、皮が固いという意見はたくさんありました。

お店で食べたときは、豚まんの具材がぎっしり詰まっていたのに、家で食べたチルド商品は具材が少なく感じました。

確かに551のチルド商品が美味しくないという口コミは存在するようです。

しかし、温め方を少し工夫することで解決できることもあります。

551のチルド商品を美味しく食べるにはどうすればいいのでしょうか。美味しく食べる温め方を紹介します。

551のチルド商品は温め方次第で美味しくなる

551のチルド商品は正しい温め方をすると、お店で購入する出来立て商品のように美味しくなるんです。

普段食べ物を温める時には電子レンジを使うことが多いのではないでしょうか。

電子レンジで食べ物を温めると、食べ物の中にある水分が蒸発して、パサパサした食感になったり、生地が固くなったりしてしまうんです。

せっかく食べるなら、お店の出来立て商品のように、美味しい豚まんや焼売を食べたいですよね。

温める時に少し工夫するだけで、モチモチで美味しい豚まんや焼売を食べることができるんです。

551の餃子も正しい焼き方をすると、美味しい餃子を食べることできます。

551のチルド商品の中で人気のある、豚まんと焼売、餃子の温め方について紹介していきますね。

551のチルドの豚まんを美味しく温める方法

豚まんは蒸し器やセイロ、電子レンジで美味しく温めることができます。

蒸し器やセイロで温めると、お店の出来立てに近い豚まんを食べることができると言われています。

  • 蒸し器やセイロでの温め方
  • 蒸し器やセイロに豚まんを並べて温める
  • 豚まん1~5個の場合は10~15分あたためる

蒸し器やセイロで温めると、蓋を開けた瞬間の湯気や美味しそうな匂いなど食べる前から楽しむことができます。

蒸し器やセイロで温めることで、豚まんの中の水分が逃げないため、ふわふわでモチモチした食感の豚まんを食べることができるんです。

熱々でふわふわの豚まんを想像するだけで、幸せな気持ちになりますね。

しかし、蒸し器やセイロが家にある人は少ないのではないでしょうか。そんなあなたには、電子レンジでの温め方がおすすめです。

電子レンジでも少し工夫するだけで、蒸し器やセイロで温めた時に近い食感で食べることができます。

電子レンジでを使った温め方と注意点について紹介します。

  • 電子レンジでの温め方
  1. お皿の上に水を少量いれる
  2. 割りばしを置いて、水と豚まんが直接触れないようにして豚まんを乗せる
  3. 電子レンジ500Wの場合は、豚まん1個で1分間、豚まん2個で2分間

これらの温め方は551のホームページにも記載されています。

電子レンジを使って温めるときは、マグカップを使う方法もあります。

  • 電子レンジとマグカップを使った豚まんの温め方
  1. 豚まんより小さいマグカップに少量の水を入れる
  2. マグカップに蓋をするように豚まんを置く
  3. 上からふんわりとラップをかける
  4. 電子レンジ500Wで40秒ほど加熱

この方法であれば、自宅に蒸し器やセイロがない場合でも、蒸したような豚まんを食べることができます。

電子レンジで食品を加熱すると、水分が蒸発して固くなってしまいますが、マグカップの水とラップが水分の蒸発を防いでくれます。

豚まんを2つ以上温める場合は、お皿に割りばしを乗せて電子レンジで温める方法が一度に多く温めることができます。

豚まんを1つだけ食べたい場合は、マグカップでの温め方が簡単で手軽でいいかなと思います。

551のチルドの焼売を美味しく温める方法

焼売も豚まんと同じように、蒸し器やセイロ、電子レンジで温めることができます。

551のホームページにも記載されており、簡単に温めることができます。

  • 蒸し器やセイロでの温め方
  • 蒸し器やセイロに焼売を並べて温める
  • 焼売1~18個の場合は10~15分あたためる

焼売も豚まんと同じで、蒸し器やセイロで温めた場合は、水分を逃がさずに温めることができます。

551の焼売はモチモチの皮と、ぎっしり詰まった具材が美味しいと評判なんです。

蒸し器やセイロで温めることで、551の焼売をより美味しく食べることができますね。

蒸し器やセイロが家にない場合には、電子レンジでも温めることができます。

  • 電子レンジでの温め方
  1. 隣同士が重ならないようにお皿に焼売を並べる
  2. ラップをかける
  3. 電子レンジ500Wで加熱する

6個:約1分、12個:約1分40秒、20個:約2分40秒

電子レンジは手軽に温めることができて便利ですよね。

551のチルド商品には、焼売とエビ焼売がありますがどちらも温め方は同じです。

しかし、電子レンジで長時間温めてしまうと、水分が蒸発して皮の固い焼売になってしまうんです。

蒸し器やセイロは家にないけれど、美味しい焼売が食べたいというあなたにおすすめの方法があります。

それは、電子レンジで焼売を温める時に、濡れた布巾を被せて温める方法です。

布巾を被せることで、水分の蒸発を防いで蒸し器やセイロで温めた場合のようなモチモチした食感の焼売を食べることができるんです。

自宅で簡単に美味しい焼売を食べることができるのは嬉しいですよね。

551のチルドの餃子を美味しく温める方法

餃子はフライパンで焦げ目を付けた後に蒸し焼きにすると、美味しい餃子を食べることができます。

551の餃子は中の具材もジューシーで美味しいと評判なんです。

美味しい餃子の焼き方を説明します。

  • フライパンで美味しい餃子を焼く方法
  1. フライパンを加熱して温める
  2. 大さじ1杯の油を先に入れ、後で1/2杯入れる
  3. 油をよくなじませて餃子を並べる
  4. 中火で30秒~1分程度加熱して、底に焼き色が付くまで焼く
  5. 水80㏄を全体にかけて蓋をして、蒸し焼きにする

私は551の餃子が大好きです。焼き色が付いた部分はカリッと、蒸し焼きにしていることで皮はモチモチしています。

551といえば豚まんと焼売が人気のイメージですが、餃子も美味しいと評判です。

餃子を焼く時に使用する油をごま油にすると美味しいという口コミもあるので、ぜひ試してみてくさいね。

★マックやケンタッキーの美味しい温め方もご紹介中↓

マックナゲットの美味しい温め方3選!ソースの再現レシピも紹介

マックの三角チョコパイの美味しい温め方!サクサクを再現する方法

ケンタッキーのビスケットの温め方はこれ‼美味しい食べ方を紹介

551のチルド商品は冷凍保存ができる

551のチルド商品の消費期限は全て、製造日を含めて5日間ですが、冷凍することで、長く保存することができます。

551の商品はどれも美味しいので、たくさん買って冷凍したいという場合もありますよね。

豚まんと餃子は冷凍しても味に変わりがなく美味しいという意見が多くありました。

しかし、焼売は冷凍すると味が落ちてしまうという意見がありました。

551のチルド商品を冷凍するときのコツや注意点を紹介していきます。

551のチルドの豚まんを冷凍保存する方法

豚まんを1つずつラップで包んで、ジップロックに入れて密閉するだけで、簡単に冷凍することができます。

豚まんは冷凍しても、美味しさや食感に変わりがないという意見が多くありました。

簡単に冷凍できるので、大阪へ行った時にたくさん買って自宅で保管することができますね。

冷凍庫に豚まんがあれば、お腹が空いた時や、時間のない日の昼食に食べることができます。

本格的な美味しい豚まんが家でいつでも食べることができるのは幸せですね。

551のチルドの焼売を冷凍保存する方法

焼売はチルド製品の消費期限である、製造日を含めて5日以内に食べきることをおすすめします。

焼売は冷凍すると味が落ちてしまうという意見が多くみられました。

焼売をひとつひとつラップで包んで、ジップロックに入れて冷凍する方法もありますが、冷凍後も早めに食べきる方がいいかもしれませんね。

豚まんのように冷凍できないのは残念ですが、製造日から5日間は冷蔵保存できます。

食べきれる分だけ購入することをおすすめします。

551のチルドの餃子を冷凍保存する方法

餃子も豚まんと同じように、ラップに包んでジップロックに入れることで冷凍保存することができます。

以前、私は551の餃子を冷凍したことがあります。10個入りを購入したので、5個ずつに分けてラップに包んでジップロックに入れました。

解凍して食べましたが、チルドを焼いた時と比べて味が落ちたと感じることはなく、とても美味しく食べることができました。

ただ、解凍途中の餃子を無理に離そうとして、餃子の皮が破れてしまいました。

餃子の皮が破れてしまうと、中の肉汁が出てしまいます。美味しい餃子を食べるためにも、餃子が破れないように注意が必要ですね。

まとめ

  • 551のチルド商品は美味しくないという意見もあるが、温め方次第お店の出来立てのように美味しく食べることができる
  • 豚まんは蒸し器やセイロでで10~15分温めるか、小皿に水を入れて割りばしを使って直接水が付かないようして、1分間温めると美味しくなる
  • 焼売は蒸し器やセイロで10~15分温めるか、電子レンジで1~2分40秒程度加熱することで美味しく温めることができる
  • 餃子はフライパンで焼き目を付けたあとに、蒸し焼きにすると美味しく食べることができる
  • チルド商品の消費期限は製造日から5日間で、豚まんと餃子は冷凍しても美味しく食べることができる
  • チルドの焼売は冷凍すると美味しくないという口コミが多い

551のチルド製品は美味しくないという意見は実際にあるようです。

しかし、551のチルド製品は温め方次第で出来立てのように美味しく食べることができるんです。

蒸し器やセイロがなくても、電子レンジがあれば店舗の出来立てのような美味しさを楽しむことができます。

551のチルド商品を買う時は、ぜひ試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました