iphoneの通話録音する裏ワザを紹介!録音機能を使いこなす

生活

携帯で話している最中、今すぐ録音できるといいなってことが意外と多いです。

  • 美容院や歯医者の予約をメモしたい
  • 仕事で大事な会話を録音したい
  • 勧誘など怪しい電話内容を残したい

録音機能がついていると役立つ場面が少なくありません。

しかしiphoneにはもともと通話を録音機能がなく、その場で通話を録音することができません。

何とか裏ワザで通話録音できないかと思っているあなた。iphoneに最初からついている機能を使って通話録音することができる、ボイスメモや画面収録の裏ワザがあります。

またiphoneにつなげて録音できる通話レコーダーもあります。

そこで今回はiphoneでできる通話を録音できる方法と裏ワザをまとめました。また通話録音の注意点も解説していきます。

iphoneの通話録音する裏ワザはこれ!

通話録音としての機能はありませんが、自分の声だけを録音できるアプリがあります。

「ボイスメモ」という初めからiphoneにインストールされているアプリは通話録音として利用できます。

iphoneには購入した時点で入っているので、設定は必要ありません。

しかも録音はとても簡単で、次のような順番で行えばすぐ録音できます。

  1. アプリを立ち上げる
  2. 通話中に赤いボタンを押して録音開始
  3. 通話後、もう一度赤いボタンを押して録音終了

ボイスメモは録音できれば、何度でも再生することができます。

編集や削除もできるので、録音内容をあなたが聞きたい部分のみ取っておいてアレンジができます。

またタイトルを作成して、ボイスメモをフォルダごとに整理することが可能です。

テキストメモのように、音声もフォルダごとに分けられるのは便利ですね!

日付やジャンルごとにタイトルをつけておくと、聞きたい音声はなんだったかなと見返せますね。

残念ながらボイスメモのデメリットは自分の通話の声は録音できても、通話相手の声は録音できません。

相手の声が聞こえないなら

ボイスメモに取っても必要ないよ!

話の流れはわかっても正確に何を話していたかを聞くことができません。なぜiphoneは通話を録音することができないのでしょうか。

iphoneの通話録音は違法?

iphoneはプライバシー保護には特に厳しく設計されています。

iphoneが生まれたアメリカではお互いの通話録音の許可がないと違法となります。そのため通話録音が標準装備されていません。

日本では違法とはならないまでも、お互いに許可がない通話録音はマナー違反となります。また法的に使う場合、適法にはならない可能性もあります。

とある犯罪事件が起きた時でさえ、裁判所は許可のない通話録音を適法と認めないとしています。

話者の同意なくしてなされた録音テープは、通常話者の一般的人格権の侵害となり得ることは明らかである

東京高裁判決

例え通話録音ができるとは言っても使う用途によって、相手に不快な思いをさせてはならないと思います。

ルールを守って、通話録音できる裏ワザはないでしょうか?

ボイスメモでは一方向のみの録音しか撮れなかったけど、この裏ワザを使えばiphoneで通話を録音できます。

  1. 画面収録で音声・動画を撮る
  2. ICレコーダーにマイクを取り付けて、スピーカーから音を拾う

この2つの方法なら自力でiphoneで通話録音することができるので紹介します。

画面収録は音声と画像を録音

画面収録もiphoneに最初から搭載されているアプリです。

iphoneのOS11以上には画面収録の機能が標準搭載されていますが、iphoneを購入した時点では画面収録は有効となっていません。

このままでは使えないので、あらかじめ設定する必要があります。

画面収録 追加方法
  1. iphoneのホーム画面から設定を開く
  2. コントロールセンターを開く
  3. コントロールを追加から「画面収録」を見つける
  4. 画面収録の「+」をタップ

の順で場所を確認し、追加してください。

画面収録を使うと通話中に録画することができます。

通話録音は本来なら画面の録画は必要ありませんが、こちらのアプリで録画してしまえば音声を録音して聞き流しすることができます。

画面収録はロック画面の時、下からスライドすると丸いボタンが現れます。使い方は通話中に画面収録の丸ボタンをタップするだけ。

この方法を使えば音声だけでなく、ビデオ電話にも利用できます。大切な家族のビデオ動画やビデオ会議なども画面収録で残せるので嬉しいですね!

ICレコーダーで音声を拾う

ICレコーダーをセットしてイヤホンから音を拾って録音するのも有効です。

事前にICレコーダーを準備して、通話する時イヤホンを耳に差し込んでおきます。

通話中、耳から入ってくる相手の声をICレコーダーに録音していきます。

アプリには頼らないので、確実に音声を録音できる裏ワザの一つですね!

iphoneで通話録音可能なボイスレコーダー

iphoneに初めから搭載されているアプリを使うのではなく、ガジェットを使う方法もあります。

ガジェットとは通信機器のことをいい、iphoneで通話録音専用のガジェットも用意されています。

通話録音のガジェットの中で特におすすめがStickPhone 8Gというボイスレコーダーです。StickPhone 8Gについて紹介しますね!

¥12,500 (2022/01/28 08:11時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

Bluetoothでつなぐ通話録音レコーダー

通話録音のレコーダーといえばStickPhone 8Gです。

通話録音ができる裏ワザで使いやすいですiphoneを購入した時点ではついていないので、別で購入する必要があります。

音質や共有するにはガジェットで持ち運ぶのが便利です。簡単に録音もできるのでおすすめ!

使い方はあらかじめBluetoothでレコーダーとiphoneを繋げておきます。電話がかかってきたら、レコーダーのボタンを押せば録音が開始されます。

StickPhoneは通話が始まると自動的に録音が始まります。

また無線で接続しているため、電話がかかってきたら、スピーカー音にせず本体だけで通話することが可能です。

録音データをパソコンに落とすときは、StickPhoneについているUSBを直接パソコンに繋げられます。

接続するためのコードって無くしやすいですよね。StickPhone自体がUSBとなっているので、コードを無くしたり、探したりする手間はありません。

通話録音機能がiphoneにはついていませんが、ガジェットを利用する裏ワザを使えば問題ないですね!

iphoneの通話録音する裏ワザの外部アプリは1つだけ

iphoneで使える通話録音のアプリがAppStoreあるか調べました。

iphone用の通話録音アプリは沢山ありましたが、ほとんどがダウンロードすべきではないアプリばかりでした。

通話録音アプリの口コミ
  1. 口コミの評価が日本語で書かれているけど、AIで入力したような言葉になっている
  2. 口コミの名前が2名以上の名前があったり、同じ名前が複数出てきていたりする
  3. 自然な日本語で書かれている口コミは、星1で評価していて強制的に課金されると書いている
  4. 退会したくても問い合わせ先と連絡がつかない

など、アプリを入れたら予想外なことが起きそうです。

できれば中身もどんなアプリになっているか確認していきたいところです。

けどダウンロードしてすぐ課金されてしまうようなアプリもあるので辞めることにしました。

もしかしたら使える通話録音アプリもあるのかもしれないです。

外部アプリで他に通話録音の裏ワザができるアプリがないか調べましたが、私には判断ができませんでした。

もしアプリをダウンロードする場合は、しっかり調べて入れるかを判断しましょう。

LINEを使った通話録音の方法とは

唯一iphoneの外部アプリを使って通話録音ができるのはLINEアプリです。と言ってもLINE自体は録音はできません。

先ほどお伝えした録画収録とLINEを使った裏ワザです。

LINE電話は無料で使えるので、多くの人に親しみやすく利用されています。

LINE電話を利用しながらしっかり通話録音ができる方法。普段よくLINE電話を利用する人にとっては使いやすいですね!

iphoneの通話録音をドコモかauかsoftbankでやる方法

今まで自分でできる通話録音の裏ワザについてお話ししてきました。

iphoneの通話録音には全てのスマホ向けに各キャリア提供している、通話録音サービスというものがあります。

法人のみのサービスですが、ビジネスの現場で「言った」「言ってない」というトラブルを引き起こしてしまう可能性がありますね。

通話録音サービスを使っていると相手に明言した上で利用するとトラブルが少なくなります。

音声前に通話録音をするというガイダンスが流れ、通話が始まります。

iphoneなどの電話で録音された音声は各キャリアが利用しているデータサーバ内に格納しているので、いつでも自由に再生することができます。

ドコモソフトバンクau
初期費用   ー10,000円/1接続3,300円
料金1,650円/1回線利用料:400円/1モバイル回線
ネットワーク利用料:10,000円/1接続
550円/1契約
※通話料はガイダンスが流れてから発生します

個人間の利用はできないか確認したところ、今は個人向けのサービスを提供していないということ。

auはビジネス・法人向けであり、「オフィスケータイパック」の加入が条件でした。

通話録音を利用する場合は050発信でないと使えないとされていて、個人利用はできないとのことです。

今は通話録音を個人利用ができない裏技ですが、今後、個人でも需要が伸びてくればサービスが拡大される可能性はありますね!

iphone利用者以外も通話録音で気になっている際はドコモ・ソフトバンク・auの各キャリアの通話録音サービスに注目です。

まとめ

  • 通話録音の裏ワザとしてiphoneのボイスメモが使えるけど、自分の声しか録音できない
  • プライバシー保護のため、iphoneでは簡単に通話録音ができない
  • お互いが許可をして通話録音をする
  • 通話録音の裏ワザでLINE通話をするとき、画面収録をすると録音できる
  • 外付けレコーダーのUSB付きStickPhoneは録音・ダウンロードが簡単
  • 通話録音の外部アプリは詐欺アプリが多い
  • 法人で利用できる通話録音サービスはデータを保管してもらえる

iphoneで通話録音はできないと諦めるのは早いです。

通話録音のため、準備するものややり方を把握する必要はありますが、色々な裏ワザを使えば通話録音できるので安心ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました